クレジットカード現金化の方法は?

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

クレジットカードさえあれば面倒な審査も申し込みも必要なく、確実に現金を手にできるのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で買い物したものを買い取ってもらうことで現金を手にします。

よって、基本的には商品購入から転売までを個人ですることができますが、現在は業者を利用する方が多くなってきました。

では、実際のところ、どちらの方法を選んだ方がお得なのでしょう?

その判断をするためにも、今回は個人と業者、それぞれのクレジットカード現金化方法のメリット・デメリットを説明していきましょう。

1.個人でやる現金化のメリット・デメリット

個人でやる現金化の最大のメリットは換金率を最大限高くすることができる点です。

業者を通した場合、業者の利益や手数料が発生するので、90%を超えるような換金率が高い商品でも80%くらいにしかなりません。

しかし、高く買い取ってくれる専門ショップに売却すれば、購入価格に近い現金を手にできる可能性もあります。

商品選択や売却先選択など、専門性の高い知識は必要になりますが、これをクリアできれば換金率を最大限高くするのも夢ではありません。

また現金化を利用する際は、クレジットカード現金化がカード会社の利用規約違反となります。

これは重要なことですから、シッカリと理解しておきましょう。

カード会社にバレれば利用停止となり、最悪の場合は強制退会、および利用額の一括返済が求められます。

この点においてカード会社にバレやすいのが、個人で現金化する最大のデメリットです。

カード会社はクレジットカード現金化を減らすため、常にカード利用者の購入状況をシステムを使って監視しています。

ですから、

・換金率の高い商品購入

・換金性の高い商品の継続購入

などの行為があればクレジットカード現金化をしていると判断して利用停止とし、その後も購入状況が変わらなければ強制退会となります。

個人で現金化する場合、上記のようなクレジットカード現金化していると考えられる購入傾向が強くなるためバレる可能性が高いのです。

2.業者でやる現金化のメリット・デメリット

カード会社にバレやすい個人の現金化に対して、カード会社にバレにくいのが業者でやる現金化の特徴でしょう。

業者はカード決済を毎月の決済額が大きい決済代行会社に依頼しているので、クレジットカード現金化とバレにくいのです。

カード会社も毎月何千万、数千件ものカード決済の中で、クレジットカード現金化だけを見分けることは困難というわけです。

よって、個人でやるよりも確実に秘匿性が高くなります。

カード会社にバレれば大変なリスクを負うことになるので、これは業者でやる現金化の最大のメリットと言えるでしょう。

しかしその反面、業者の現金化は換金率が低くなるというデメリットがあります。

クレジットカード現金化で一番期待するのが換金率ですから、これはデメリットとしか言いようがありませんよね。

業者のホームページでは90%以上の換金率を謳っているところが多くありますが、実際のところは手数料等がかかり、いいところで80パーセントくらい、悪ければ70%を切ることも少なくありません。

実際に90%を超える高い換金率の業者もいるようですが、それはほんのひと握りです。

そんな業者に当たることはまずないと考えておいた方がいいでしょう。

クレジットカード現金化の方法を選ぶ際は、危険を冒して高い換金率を狙うか、安全策を取って低い換金率で我慢するかが、どちらの方法選ぶかの判断基準となってくるでしょう。

双方のメリット・デメリットをジックリ検討した上で、現金化方法を選ぶようにしてくださいね。

クレジットカード現金化業者を口コミで選ぶのはNG!

現在サイト上には100を超えるクレジットカード現金化業者が存在します。

実際に利用しようとしても、多すぎる業者の中からどこを選べばいいのか迷ってしまう方は少なくないでしょう。

クレジットカード現金化業者はキャッシングのように信頼性の高い企業が運営しているわけではないので、社名で選ぶことはできません。

結局のところ比較サイトの情報や口コミをもとに利用業者を決めることになるケースがほとんどです。

しかし、注意して欲しいのはその情報の信ぴょう性です。

すべての情報が嘘ばかりだとは言いませんが、クレジットカード現金化の場合、比較サイトに記載されている情報や口コミはそのほとんどがあてになりません。

1.サイト上の情報を元にした業者比較はキケン!

はじめてのサービスを利用する際に、業者を選ぶため比較サイトや口コミ情報を利用する方は多いと思います。

しかし、クレジットカード現金化で業者を選ぶ際にこの方法を取るのはおススメできません。

ことクレジットカード現金化に限っては、これら情報のほとんどがクレジットカード現金化業者による自作自演のものだからです。

これはクレジットカード現金化の比較サイトだけでなく、下記のような有名な情報サイトに書き込まれている情報も同様です。

・Yahoo知恵袋

・教えてgoo

・OKWave

・2ちゃんねる

・NEVERまとめ

クレジットカード現金化は法律によってキチンと規制されているサービスではありません。

しかも違法性が問われている側面を持つため、信頼できる企業は参入しておらず、悪徳業者が多く紛れているのが実情です。

この比較方法では業者が集客のために自作自演したサイト上の情報をもとに業者比較することになり、悪徳業者を引き当ててしまう可能が高くなってしまいます。

2.業者比較は実際の条件確認した情報で!

ホームページで90%を超える換金率を謳っているクレジットカード現金化業者は多く見られますが、実際90%を超える換金率の業者はひと握りしかいません。

たいていの業者は手数料と称して様々なものを請求してくるため、実際の換金率は80%がいいところで、60~70%くらいになることもあります。

こういった業者に限ってサイト上に自作自演情報を掲載して、集客を狙っているところが多いのです。

それならばどうやって業者比較をすればいいのでしょうか。

優良業者を探そうと条件比較をするのならば真実味のある情報が必要です。

業者に利用する金額で実施に振込まれる金額が幾らになるのかを電話やメールで確認しましょう。

ホームページ上でこの手数用については触れられていません。

換金率は90%を超えていても手数料がかかってしまえば、実際に振込まれる金額は驚く程安くなってしまいます。

利用した後で知らされていない手数料が差し引かれるので、利用者はどうしようもなく、泣き寝入りするしかありません。

そうならないためにも、実際に振込まれる金額確認は必ず必要です。

また、この問い合わせに明確な回答がない業者は手数料が発生する可能性が大です。

利用後でないと分からないというような回答が返ってきた場合は利用を避けた方が賢明でしょう。

業者の比較はサイト上の情報ではなく、実際に確認した情報を基にするようにしてくださいね。

クレジットカード現金化の仕組みを知ろう!

クレジットカードさえあればすぐに現金を手にすることができる驚きの方法がクレジットカード現金化です。

消費者金融や銀行のように審査がなく、時間もかからず確実に現金を手にできるので、早急に現金が必要な方にとってはとても魅力的な現金入手法と言えるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化を利用する方はすぐに現金が必要としているケースが多いため、正しい業者選びをしないと申し込んでも思い通りに現金が入手できなかったということにもなりかねません。

事実、利用する意味がなかったと後悔している方も少なくないのです。

今回はそうならないためにも、知っておかなければならない基礎中の基礎でもあるクレジットカード現金化の仕組みについて説明していきましょう。

1.クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を使って買い物したモノを買い取ってもらい、現金を手にするサービスです。

ですから、消費者金融や銀行などの借り入れのように審査があるわけではないので、現金入手までに時間がかからない上、借りれなかったということもありません。

現状では今すぐ現金を入手する手段としては確実性の高いテクニックと言えるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の仕組みをしっかり把握して選ばなければ、その効果も半減してしまいます。

クレジットカード現金化の仕組みですが、大きく分けると下記の2つに分類できます。

・キャッシュバック式

・買取式

どちらのタイプを選ぶかで現金を手にするまでの時間は大きく違ってくるので、この2つの違いについてはよく理解しておく必要があります。

キャッシュバック式

この方法は業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、その後、キャッシュバックとして業者から現金が振り込まれます。

最近よくあるキャッシュバック付きの商品を購入するのと何ら違いはありませんし、請求もカード会社から行われるのでクレジットカード現金化を利用したことが第三者にバレにくい方法と言えるでしょう。

またカード決済が確認できればすぐに現金が振込まれるので、急いでいる方には最適な現金化方法と言えます。

買取式

この方法は業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、その後、その商品を業者に買い取ってもらい、その代金が振り込まれます。

いらなくなった商品を質屋に持って行って、現金を入手するのと何ら変わりありません。

しかし、購入した商品を実際に手にして、それを業者に買い取ってもらうこととなるので、店舗を構えている業者以外の場合、商品の郵送が必要となるために即日振込みができないこともあります。

急いで現金を手にしたい方には不向きとなることもあるので、利用時には注意が必要です。

2.申し込みはインターネットが主流

クレジットカード現金化業者は店舗型と無店舗型の2つがあります。

最近は無店舗でインターネット上の取引を主にした無店舗型の業者が多いので、利用する際にはこちらとなることが大半です。

さきほど言ったように購入した商品はキチンと手元に届くことになるので、急いでいる方はキャッシュバック式の業者を選ぶことをおススメします。

買取式の場合、届いた商品を再度送り返す作業が発生します。

ですから入金は送り返した商品が業者に到着後となってしまうので、振込までに日数が必要になってしまいますが、キャッシュバック式なら商品購入のカード決済が確認できればすぐにキャッシュバックが行われるので、振込までに時間がかかりません。

全国展開しているクレジットカード現金化業者を利用する際は、必ずインターネットを利用することとなるので、急いで現金が必要な方は業者選びに注意するようにしましょう。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

クレジットカード現金化の口コミ記事は信用するな!

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

クレジットカード現金化に限らず、優良業者かどうかを見分けるのは簡単なことではありません。

そこでどうしても利用したくなるのが比較サイトや口コミです。

特に口コミ情報は実際に利用した方の生の声が聞けるので、大きな判断材料となってきます。

口コミで叩かれている業者を避けて、良い意見が多く書き込まれている業者を選べばいいので、クレジットカード現金化業者の内情を知らない利用者にとって大きな味方になってきますよね。

しかし、この口コミ情報ですが、全てを鵜呑みにするのは危険です。

クレジットカード現金化業者に限った話ではないのですが、ネット上の口コミ情報には多くのサクラが紛れ込んでいるからです。

考えてもみてください。

映画やTVドラマ、音楽などの意見や感想ならば自ら進んで書き込みする方は多いでしょう。

しかし、ことクレジットカード現金化利用の感想を書き込む方が多く存在すると思いますか?

被害にあった方なら憂さ晴らしに書き込むこともあるでしょうが、「利用して本当に良かった」とか「記載通りの換金率でした」といったような業者を褒めちぎる書き込みをする方が実際どれだけいることでしょう。

ですから、比較サイトや2ちゃんねる、Yahoo知恵袋に書き込まれている口コミには多くのサクラが紛れ込んでいると考えておいた方がいいのです。

1.利用者の本当の口コミはほとんど皆無…

すべての口コミがサクラだとは言いませんが、クレジットカード現金化の口コミは本当のものはほとんどないと考えた方がいいでしょう。

というのは、お金に困って現金を入手する方法を模索する方は、それ自体が社会的に胸を張れる行為でないことを自覚しているからです。

そうと分かっていても利用するしかない状況に追い込まれた方が多いので、利用して満足できた優良業者だとわざわざ告白する人なんてほとんどいません。

本当にお金に困っている方にそんな余裕があるわけないのは、良識のある方ならお分かりですよね。

優良業者かどうかを確認したいのならば、口コミなどの評判に頼るよりも、実際に電話をして条件や内容を確認する方がおススメですね。

2.口コミは業者の自作自演の可能性が大!

口コミにサクラが多いのは、集客を狙った業者の口コミが多数投稿されているからです。

実際に口コミを当てにして申し込むと、条件や内容が全く違っていたという話は珍しくありません。

しかし、自作自演で間違った話で集客するのは違法性が問われる行為です。

ということは、口コミを利用して集客している業者は信用できない、悪徳業者の可能性が大きいのです。

そんな業者は端から利用しないに限ります。

口コミが自作自演かどうかは口コミ内に外部リンクが貼ってあるかどうかで判断可能です。

自作自演の場合はクレジットカード現金化のホームページリンクを張っていることが多いので、その業者を特定することができます。

すべての口コミがそうだとは限りませんが、疑ってみる価値は絶対あるので、悪徳業者を見分ける一つの方法として覚えておいてください。

こんなクレジットカード現金化業者には要注意!!

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

クレジットカード現金化はクレジットカードさえあれば簡単に現金が手にできるので、急に現金が必要になった方にとっては本当に魅力的な現金入手手段です。

しかし、クレジットカード現金化には悪徳業者も多く紛れているので、業者選択を誤ると大きな被害を被る可能性もあります。

ですから満足いくクレジットカード現金化をするためには、まずは業者選びに失敗しないことが最低条件となってくるのです。

1.現状のクレジットカード現金化の方法は?

一口にクレジットカード現金化といっても、利用する業者によってその方法は違ってきます。

その主な方法には下記のようなものがあります。

・業者の指定する価値の低い商品を高額で購入させ、キャッシュバックする方法

・指定する商品を購入させ、それを持ち込ませて換金する方法

・業者にクレジットカード決済を任せ、決済分のバックをくれる方法

どれもクレジットカード決済で買い物をして、それを業者が引き取って現金化するという点では同じですが、今は商品価値のある電気製品などを購入させて、それを引き取るという業者が多いようです。

これは2011年11月に日本で初めて逮捕された業者が、価値のない商品を高額で購入させる方法をとっていたからでしょう。

そこで多くなったのが現金化をしていると見分けることが難しい、商品価値のあるものを実際に購入させる方法が逮捕されない一番有効な方法と判断したのです。

しかし、ここで注意して欲しいのが「業者にクレジットカード決済を任せ、決済分のバックをくれる方法」を取る業者です。

この業者を利用すると申し込み時には下記の3つの提出を求められます。

・クレジットカードの表裏画像

・本人確認書類の表裏画像

・銀行の口座番号

一見すべてを業者がやって来れるようにも見えますが、クレジットカードは何もカード原本がなければ使用できないわけではありません。

カード番号と有効期限、シークレットナンバーさえ分かっていれば用することができるのです。

2.業者が自社でクレジットカード決済をするところは要注意!

実際に調査した方の話によれば、クレジットカード現金化業者の9割近くが業者自身がクレジットカード決済をするところだったそうです。

普通ならカード情報の提出なんて断るでしょうが、利用する方はどうしても早急に現金を用意しなければならないという思いが強いため、思いつかないことが多く、素直に提出してしまいます。

しかし、利用した業者が悪徳業者だったらどうでしょう。

一時的に現金が手にできたとしても、業者がクレジットカード情報を知っているので、スキミング詐欺や二重決済などの二次被害に遭う可能性も考えれらます。

しかも、被害にあったとしても、カード会社はクレジットカード現金化を禁止しているので申告もできません。

経緯を知られてしまえば、強制退会となり利用額の一括返済が求められるからです。

実際被害にあった負債を全て自分で背負い込むしかなくなった方も少なくありません。

このタイプの業者は数分で決済してくれるところが多く、申し込みから現金化まで手間もかからないので、メリットに釣られて利用する方も多いことでしょう。

しかし、クレジットカード情報を業者に開示するのはとても危険な行為です。

クレジットカード現金化を利用する際は、このタイプの業者だけは利用しないようにしましょう。

知らないと損するクレジットカード現金化の基礎知識

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

クレジットカードさえ持っていれば金融機関のような審査もなく、短時間で確実に現金を入手できるのがクレジットカード現金化です。

これだけ聞けばすぐ現金が入用な方にはとても魅力的な話に思えます。

しかし、クレジットカード現金化の存在を知っただけで簡単に利用するのはおススメできません。

後悔することになりかねないからです。

そこで今回は後悔するようなことにならないためにも、利用時に最低限知っておいてもらいたいクレジットカード現金化の基礎知識を説明していきましょう。

1.クレジットカード現金化方法は2種類ある!

一口にクレジットカード現金化といっても、その現金化方法は一つではありません。

現金化方法は、

・買取式

・キャッシュバック式

の2種類があります。

買取式は質屋に質草を持って行って現金に換金するのと同じ方法で、キャッシュバック式は業者が指定する商品をカード購入して、キャッシュバックとして現金を手にします。

買取式の場合はどんな商品を購入するかで換金率が違ってくるため、商品選択が難しい上、換金率の高い業者選択も必要になってきます。

よって、高い換金を狙うには利用者にクレジットカード現金化の高い知識が必要な上、労力と時間がかかってきます。

また買取式のクレジットカード現金化業者はこれまでにも多数が摘発されているので、安心して利用できない面があるのも心配なところです。

これに対してキャッシュバック式は指定した商品を購入するだけですから、買取式のように知識が必要なわけでもありませんし、労力や時間もかからず高い換金率が期待できます。

また今のところキャッシュバック式は違法性は問われないので、安心して利用することができるのも買取式とは違う点です。

今ではこのキャッシュバック式のクレジットカード現金化業者が主流となっていますが、買取式のところも存在します。

利用する際は今回説明した両者の特徴をよく理解して、利用業者を選択するようにしましょう。

2.すべての業者が優良業者とは限らない!

現在ネット上では多くのクレジットカード現金化業者がサイトを立ち上げていますが、利用する際は換金率だけに気を取られてはいけません。

90%を超える高い換金率を掲げていても、実際その換金率が適用されなかったり、高い手数料が請求されるケースが少なくないからです。

すべての業者が優良業者とは限りません。

事実、上記のような被害を受けた利用者の苦情件数は後を絶ちません。

よってクレジットカード現金化を利用する際は、まず優良業者を見極める必要があります。

優良業者の見分け方の一つがホームページや口コミをチェックですが、この際は書かれていることすべてを信じてはいけません。

その全てに信憑性があるわけではないからです。

実際に電話問い合わせして、自分の利用額の換金率を確認しましょう。

問い合わせ対応だけでも業者の程度の良し悪しは判断できます。

対応に問題があると感じた場合はその業者利用は避けましょう。

またクレジットカード現金化業者のホームページに会社概要や所在地、代表者名の記載の有無も重要なポイントです。

ないところはすぐトンズラする用意をしている証と考えられます。

これらの明記がないところは悪徳業者の可能性が高いので、高い換金率を掲げていても絶対に避けるようにしましょう。

クレジットカード現金化の換金率はいくら?

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

クレジットカード現金化はクレジット枠で買った商品を買い取http://happyokinawa.jp/?p=30ってもらう現金化手段です。

しかし、買った金額で買い取ってもらえるわけではありませんから、いくらで買い取ってくれるのかが利用時の一番重要なポイントになってきます。

ネット上のクレジットカード現金化業者のサイトを見ると、90%を超えるところや、100%に近い換金率を掲げているところが多く見られます。

となればその中から換金率が高いところを利用するのが一番いい方法ですよね。

しかし、それがそんなに簡単な話ではないのです。

その換金率を当てにして利用しても、実際は驚く程低い換金率だったという話は珍しくありません。

そこで今回はクレジットカード現金化の換金率はどうなっているのかを見ていきましょう。

1.換金率は利用額で違ってくる

90%以上の換金率を掲げているクレジットカード現金化業者は多く見られますが、利用者全員にその高換金率が適用されるわけではありません。

というのも、クレジットカード現金化業者の換金率は利用する額によって違ってくるからです。

換金率は利用額が大きいほど大きくなります。

下記のように、ある有名クレジットカード現金化業者の換金率を見てみると歴然です。

・5万円以上~10万円未満  88%

・10万円以上~20万円未満  90%

・20万円以上~30万円未満  93%

・30万円以上~50万円未満  95%

・50万円以上~70万円未満  96%

・70万円以上~100万円未満  97%

・100万円以上~200万円未満 98.4%

利用額が大きいほどクレジットカード現金化業者の利益が大きくなるので、それが換金率に還元されているのです。

上記換金率の条件で5万円利用した場合と、30万円利用した場合の業者利益を見てみると下記のとおりです。

・5万円 → 6千円

・30万円 → 1.5万円

換金率を上げても十分な利益が出ていることが分かります。

クレジットカード現金化を利用する方の入手したい現金は各人違ってきます。

よって、自分が利用する額にいくらの換金率が適用されているのかが、クレジットカード現金化業者を選ぶ一番重要なポイントとなってくるのです。

2.利用者の属性で換金率は変わってくる!

以前は個人向けのクレジットカード現金化ばかりでしたが、今では事業主や女性など利用者に属性に応じたお得な換金率プランを提供しているところが多くなってきました。

ですから、利用者は自分の属性に応じた換金率プランを用意しているところを利用するに限るのです。

実際にあるクレジットカード現金化業者が設定している換金率を見てみると、

・3万円~10万円 個人87% 女性90% 事業主90%

となっており、お得な換金率が適用されていることが分かります。

すべてのクレジットカード現金化業者で採用されているわけではありませんが、事業主専門にしている業者が多く見られるなど、このシステムを採用しているところは年々増加傾向にあります。

特に女性や事業主を対象にしたサービスを展開しているところは多いので、必ずこのサービスがあるところを利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化は違法なの?

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

最近はネット上にも多くの業者がサイトを立ち上げ、クレジットカード現金化利用者を募っているので、一度は利用を考えたことがある方も少なくないでしょう。

クレジットカード現金化はクレジット枠を利用して現金を入手する方法で、審査も必要なく、短時間で現金が入手できることから年々利用者は増加しています。

しかし、ネット上でよく勧告されているのが、クレジットカード現金化の違法性です。

事実、クレジットカード現金化業者が警察に摘発された経緯があるので、利用者にとってもこの点は気になるところでしょう。

簡単に現金が手に入っても、警察に逮捕されては仕方ありませんものね。

そこで今回はその答えを出すためにも、クレジットカードの違法性について検証していきましょう。

1.現金化業者は違法性が高い

2011年8月、クレジットカード現金化業者は警察によって貸金業法と出資法違反で実際に摘発されています。

当時のクレジットカード現金化の大半は買取式、つまり質屋と同じ形態で商品を買取り、現金化していました。

ですからクレジットカード現金化業者は質屋と同じ古物商の認可を受けて営業していたのです。

しかし警察はこの取引を買い物を装った貸付けであるとして、事実上の金融取引と認定しました。

そして貸金業の許可を受けていないことと、出資法に基づく上限金利を上回った貸付けの違反を問うたわけです。

その後も多数のクレジットカード現金化業者が逮捕されており、2012年4月の時点で5人の業者が同じ罪状で逮捕されています。

つまりクレジットカード現金化業者の営業自体は完全に違法という判断が下されたのです。

それではなんで今でも多くのクレジットカード現金化業者が存在しているのでしょう。

それは今のクレジットカード現金化の方法がキャッシュバック式となっているからです。

キャッシュバックはある商品を購入すれば決まった金額を返金してくれる販売方法ですが、この方法であれば法に触れることはありません。

未だに買取式のクレジットカード現金化業者もいるので、安心して利用するためにもキャッシュバック式を採用しているところを利用するようにしましょう。

2.利用する側の違法性は?

未だにクレジットカード現金化の利用者が逮捕された事実はありません。

となると利用する側は安心していいのでしょうか?

それがそうでもないのです。

利用者にも横領罪と詐欺罪を問われる可能性はあります。

クレジットカードで購入した商品は、その代金支払いが完了するまでその所有権はカード会社にあります。

ですから支払いが完了する前に転売すれば横領罪に問われる可能性があるのです。

またカード会社はクレジットカード現金化を禁止しています。

その禁止事項をすればカード会社からお金を詐取することになるため、詐欺罪に問われる可能性もあるのです。

それではなんで未だ逮捕された利用者がいないのでしょうか?

それはクレジットカード現金化を本当に利用したかどうかの線引きが難しいからです。

クレジットカード現金化を目的に換金率の高い新幹線の回数券を買って転売した人と、必要で買ったけれどいらなくなったので転売した人の見極めはどうやればできると思いますか?

本人からの申告でもなければ、見極めることはできませんよね。

つまり、利用者がクレジットカード現金化を目的にして買い物したかどうかの断定ができないのが実情なのです。

よって今のところ、違法性を問う根拠はありますが、犯罪と断定する根拠が存在しません。

法改正でもない限り、利用者が逮捕されることはないでしょう。

クレジットカード現金化のリスク回避方法はコレ!

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

審査もなく短時間で現金を入手することができるクレジットカード現金化ですが、そのメリットとは裏腹にカード会社にバレてしまうと大変なリスクをしょい込むことになります。

カード会社にバレてしまうと、

・クレジットカードが利用停止になる

・強制退会さされる

・信用情報にクレジットカード現金化利用が記載される

・クレジットカードだけでなくローンや借り入れができなくなる

という羽目になるのです。

ですからクレジットカード現金化を利用する際は、これらのリスク回避対策をシッカリとしておかなければなりません。

1.なんでカード会社にバレるの?

それではなんでクレジットカード現金化を利用したことがカード会社にバレてしまうのでしょうか?

これさえシッカリと理解しておけばバレない対策も立てやすくなってきますよね。

実はカード会社はカード不正使用検知システムという不正利用を防ぐためのシステムを導入しており、24時間365日カード利用の状況を監視しています。

誰が何時、どこで、何を、いくらで購入したかという詳細な情報を蓄積しており、通常と違う買い物をした場合にはチェックが入るようになっています。

実際、数万円の買い物しかしたことのない方が何十万円もの高額な買い物をすれば、すぐにカード会社から電話連絡が入ります。

これはカードが第三者によって不正に使用されていないかを確認するためです。

つまり、このシステムは本来は第三者による不正使用を目的に導入されているのです。

しかし、このシステムを使ってクレジットカード現金化の利用を監視することもできます。

実はクレジットカード現金化を利用する方の買い物パターンは決まっているので、
購入状況を監視してそれと判断しています。

2.カード会社にバレないためには?

いくら監視できるからといっても、カード利用者すべてをかんししているわけではありません。

カード会社がクレジットカード現金化の利用者予備軍と考えているのが、キャッシング枠いっぱいの借り入れをしている方です。

このような方たちは借入先に困り、クレジットカード現金化を利用しやすい傾向にあります。

よって、この方たちの買い物状況で下記のような行為がないかを重点的に監視しています。

・換金率の高い商品を大量に購入している

・一つあれば事足りる商品を大量に購入している

・換金性の高い商品を定期的に購入している

このようなカード利用が続けばクレジットカード現金化を利用したと判断して、カードの利用停止に踏み切ります。

ところがクレジットカード現金化は本人が認めない限り、本当に利用したかどうかは特定できないグレーな問題があります。

それもあって、最初の利用停止はあくまで利用者への注意喚起にすぎず、すぐに利用再開できます。

しかし、利用再開後もこのような利用が続く場合には、利用規約違反として強制退会という手段がとられるでしょう。

実際、カード利用者の中には、怪しいけれど本当にクレジットカード現金化を利用しているかどうかわからない方が実に多くいますが、この方たちすべてが利用停止になるわけではありません。

明らかにクレジットカード現金化を利用していると判断できる方しか利用停止にはしません。

よってバレないためには、そう判断されるような買い物をしないことが一番なのです。

・キャッシング枠は常に余裕を持たせる

・換金性の高い商品ばかり購入しない

・換金率の高い商品ばかり購入しない

・同じ商品ばかりを購入しない

・クレジットカード現金化を繰り返し利用しない

上記5点を徹底した利用をすれば、カード会社にバレることはありません。

バレないためにはまず、キャッシング枠を使いすぎず、監視対象とならないことが第一歩です。

これらを徹底して、くれぐれも目立ったことをしないよう心がけましょう。

クレジットカード現金化のリスクを知ろう!

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

簡単申し込みで当日確実に現金を手にできる手段として注目されているのがクレジットカード現金化です。

クレジットカードのショッピング枠で買い物した商品を業者に買い取ってもらあうことで現金を手にすることができます。

その方法はいらなくなった私物を質屋に持っていって買い取ってもらうのと同じですから、キャッシングのように申し込み審査もありませんし、即現金を手にすることができるので、急に現金が必要になった方にとっては本当にメリットの大きい現金入手手段と言えます。

しかし、このクレジットカード現金化はこのメリットの他に押さえておいて欲しいリスクも存在します。

このリスクを理解せず、気軽にクレジットカード現金化を利用すると少々厄介なことにもなるので、どのようなリスクがあるのかはしっかりと理解しておきましょう。

1.クレジットカード現金化は利用規約違反に当たる!

まずよく理解しておいて欲しいのが、カード会社はクレジットカード現金化を利用規約違反と判断している点です。

カード会社と契約をする際には、カード会社が定めるクレジットカードの利用規約への同意が必要になります。

利用規約は事細かく記載されているので、すべてに目を通したという方は少ないでしょう。

しかし、この利用規約の中にクレジットカード現金化は規約違反に当たる文言がチャンと記載されています。

クレジットカード現金化がカード会社にバレると下記のような罰則を受けることになります。

・クレジットカードの利用停止

・カード会社からの強制退会

・利用額の一括返済

・個人情報へ記載

クレジットカードの利用が停止されるだけでなく、強制退会となるのでそのカードの利用はそれ以降できなくなります。

また利用額の一括返済が求められるだけでなく、個人情報にクレジットカード現金化の利用が記載されることになるので、それ以降度のカード会社でもクレジットカードの発行は絶対にできません。

現金入手手段としては大きなメリットがありますが、カード会社にバレた時は大変なリスクを被ることをよく理解しておきましょう。

2.横領・詐欺行為となる可能性も…

現在はクレジットカード現金化業者の逮捕はあっても、利用者の逮捕は一件もありません。

しかしクレジットカード現金化は下記の犯罪に当たる可能性も考えられます。

・横領罪

・詐欺罪

クレジットカードで購入した商品は代金完済まではカード会社に所有権があるので、完済前に商品を売却するのは横領罪に当たる可能性があります。

また利用規約で認められていないクレジットカード現金化を利用して現金を入手するのは、カード会社からお金を搾取したとも考えられるので詐欺罪に当たる可能性があるのです。

今は合法的にも問題のないとされているキャッシュバック式のクレジットカード現金化が主流になっていますが、今後も大丈夫という保証があるわけではありません。

今はこれら犯罪に当たるとして逮捕された利用者はいませんが、その可能性があるリスクはシッカリと理解しておきましょう。