現金化の利用がバレると、全額の支払いを求められる。

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_s

自己破産時に全額支払い
クレジットカードの利用規約 違反
自己破産の定義

手持ちがないから飲み会代金をクレジットカードで支払い、その分の現金を周りから集める。そのような経験をしている人は少なからずいるでしょう。実はそれはクレジットカードの現金化なのです。少額なら対した問題にもなりませんが額が大きくなってくると自己破産など一人では抱えきれない問題となっていきます。今回は現金化がばれたときにどのような被害が予想されるかを紹介していこうと思います。

< h2>現金化がばれたときの最初のリスク

   現金化がカード会社に知られたときの最初の警告はカード利用停止です。これはカード利用者が還元率の高い商品の購入を続けていると、現金の化の意図に関わらず、カードが一時的に使えなくなる恐れがあります。もちろん、カード会社にきちんと理由を説明すれば、すぐにカードは利用再開できるので万が一、このような状況になったらとにかくカード会社に連絡をとってみてください。

なぜカード利用停止になるのか

カードが使えなくなる理由は単純です。クレジットカードの利用規約にショッピング枠の現金化を目的とした行為は違反であると書かれているからです。それもそのはず、お金を借りたければキャッシング枠を利用すれば済む話です。もし仮にショッピング枠で現金化をしている人がいればそれはお金に余裕がない人であるとカード会社に判断されても仕方がないと言えるでしょう。しかし、キャッシング枠に余裕があるにも関わらず、カード利用停止となるひともいるのでカード会社側は違反者かどうかを正確には判断仕切れていないのが現状です。

< h2>自己破産が適用されない

 次に現金化目的のカード利用が破産宣告をした段階でばれた場合について説明していきます。通常、自己破産をした際に、債務者には借金を帳消しにできる権利を裁判所に求めることができます。しかし、それにはある条件をみたしていることが必要です。

その条件とは“破産法252条1項2号「換金目的でクレジットカードを利用した金券の売買行為」”の範囲外であることです。

この法律は本来、生活のために仕方なく借金をした又は事業に失敗してしまった人たちにもう一度チャンスを与えるものです。そのため、自身の私利私欲のために負債を抱えている人には使って欲しくはないのが裁判所の言い分です。そのため、クレジットカードを現金化するときにはこのような状況になるリスクも考えて置く必要があります。

それゆえにクレジットカードの現金化などを理由とした債務者には自己破産後も負債を返済する義務が生じることになります。

 

< h2>まとめ

・カード会社が利用停止をする判断はショッピング枠を利用して還元率の高い商品を購入しているかどうかであり、正当な方法で利用していてもカードを停止されることもある。
・クレジットカードの現金化は規約違反であり、違反した場合はカードの利用停止ないしは自己破産の適用外となる可能性がある。
・自己破産の対象外となった場合は負債は全て支払わなければならない。

以上の点を踏まえて、お金を借りるときは慎重に行いましょう。

店舗とネットの二つの面からクレジット現金化を考える

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

インターネットが普及した現代では様々なサービスがネットで利用可能となり、とても便利な世の中になりました。クレジット現金化も例外ではありません。今回はネットと店舗の二つの側面からクレジット現金化のメリットとデメリットをお伝えしていこうと思います。

ネットを利用するときのメリット

ネットでの現金化のメリットは主に3つあり、手軽に・いつでも・誰でもがキーワードです。

まず、は手軽さ”来店が不要のために、遠隔地にいる人や都内在住でも平日は店舗に来る余裕がない方にとってはとっても便利です。

次に“いつでも”業者の中には24時間営業している業者が多く、夜間や土日祝日でもオンラインで申し込みが可能です。申し込み後はインターネットバンキングを利用すればいつでも振り込み対応をしてくれます。

最後に“誰でも”業者はいわゆる消費者金融ではなく、面倒な手続きや審査は必要ありません。そのため、クレジットカード所持者であれば誰でも利用可能です。

ネットを利用するときのデメリット

オンラインで利用できるのはとても魅力的ですが一つ気をつけなければならないことがあります。それは悪徳業者の存在です。手軽さがネットの魅力ですが、相手の表情や何を思っているかがわかりにくくなっているために、消費者は非常に騙されやすい環境にあります。ネットで申し込む際はよく調べてから実行するようにしましょう。

店舗を利用するときのメリット

来店することによるメリットとしては、 その場で・安心・誰でもの3つがポイントとして挙げられます。

まず、“その場で” 店舗に直接行くために振り込みによる時間差がなく、申し込み後すぐに現金を受け取ることができます。

次に“安心”オンラインで申し込んだ場合だと、個人情報だけ抜き取られて現金化できないというリスクがあります。しかし、店舗の場合だとそのようなことはなく、対面での申し込みのため、安心して現金化をすることができます。

最後に“誰でも”ネットでのメリットでも挙げましたが、クレジットカードを持っている誰もが現金を手にすることができ、かつ面倒な審査などは要りません。

店舗を利用するときのデメリット

来店することのデメリットは 面倒・対面・違反の3つのリスクがあります。

まず“面倒”店舗に直接いくためにそこまでの時間とお金など手間が少なからずかかります。それに加えて、営業時間外の取引は不可能なので時間に余裕がない人には不便です。

次に“対面”店舗のスタッフと直接話さなければならないため、あんまり人に見られらくない人や余裕のない人だと、相場よりも低く取引を持ちかけられる可能性も有ります。

最後に“違反”業者の中には商品を買わせて、それをすぐに換金することで現金化をすすめる人達もいます。そのため、違法性が高く、最悪クレジットカードが利用できなくなることも考えられます。

まとめ

店舗・ネットそれぞれにメリット・デメリットがあるので利用者の状況に合わせて使いわける必要があります。
クレジットカードを現金化する際にはリスクを踏まえた上で慎重に行いましょう。

今すぐお金を手に入れたいなら!即日入金が可能な現金化がオススメ

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s

審査来店が不要で即日中にお金を手に入れられる

現金化 即日

資金調達法の代名詞とも言われてきたサラ金は、一定の収入があればお金を借りることができましたが、今では貸金業法が改正されて借入れすること自体が難しくなりました。

新たに総量規制が施行された為、年収の3分の1までしか借りることができなくなっただけでなく、審査も厳しくなりましたので定職に就かれていても借入れできる可能性も極めて低いです。

今まではフリーターの方であっても勤務先の在籍確認ができれば借りることができましたが、一定の収入の無いアルバイト生活の人では借入れすることができなくなりました。

また、借りるまでには書面を交わした必要書類を提出しなくてはなりませんので時間もかかってしまいますし面倒さも感じてしまいます。

消費者金融等の融資を受けれる方の権利が非常に狭まってしまい、当てにしていた資金策が絶たれてしまった人が多いのではないでしょうか。

そんな状況に陥った人達が多くなった時に知名度が広まったのがクレジットカードのショッピング枠現金化で、審査来店が不要で即日中にお金を手に入れられる資金策と言えば誰もが魅了されます。

カード現金化はお金にまつわる契約ですが、文面的な物は一切必要なく審査もありませんので、ご本人様からの申出であることさえ分かれば収入関係なく誰でも受けられる資金策なのです。

平日15時以降でも即日現金化が可能

現金化 即日

お金を用立てる事情は人によって違いますが、できるだけ早く現金を手配したいという考えは一緒ではないでしょうか。

キャッシュを受取るにしても街金でしたら直接店頭まで足を運ばなければなりませんので、限られた時間内にお店まで伺わないといけません。

クレジットカード現金化はネット取引ですので、交渉するにしても電話かメールで済ませられますから契約をしに店舗まで行く必要がありませんので銀行振込みで現金を受取れます。

一般の金融機関への送金で当日着金してもらうには、平日午後3時までに振込んでいただかないと早くても翌日、もしくは翌週にならないと現金の入金確認はできませんが、平日15時以降でも即日現金化が可能です。

クレジットカード現金化では、即日受取りが売りとなっているので振込先によっては銀行の営業時間外でもお金を手に入れることができます。

ぞれぞれ金融機関と当日反映時間が何時までなのかをご紹介します。

首都主要銀行の口座は現金化では役に立つ

現金化 即日

職場での給与は会社から銀行振込みでいただくことがありますが、指定された預金口座は都市銀行であることが多いのではないでしょうか。

話は反れてしまいましたが、クレジットカード現金化ではお持ちでらっしゃる銀行口座によって即日中にお金を受取れる日が変わります。

地方銀行へのお振込は平日15時前に送金手配を致しませんと当日に入金はされませんが、首都主要銀行の口座は現金化では役に立つのです。

  • みずほ銀行:平日15時15分まで
  • 三井住友銀行:平日18時まで
  • 三菱東京UFJ銀行:三井住友銀行と同じ

以上の金融機関は現金化業者の大半が取扱っておりますので、午後3時を過ぎていても契約を交わしてしまえば即日入金反映されます。

ネット銀行は現金化では最強

現金化 即日

銀行口座は店頭で発行してもらいキャッシュカードは後日ご自宅に書留にて受取るものですが、中にはネットで口座開設をする銀行もあります。

ネットバンクはweb上で残高確認や送金手続きができる大変便利な口座で、クレジットカード現金化でも大いに約立つのです。

現金化業者が公開しているホームページの記載されている24時間振込可能はネット銀行への送金に対してのことで何時に送金手配をしても当日着金されます。

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

以上のネットバンクは現金化では最強と言われている程実用性の口座で取扱っていない店舗は少ないですから、今すぐお金が必要だという場面に出くわしても即日にキャッシュが手に入ります。

今すぐお金を手に入れたいなら即日入金が可能な現金化をすることです。

使用したいショッピング枠分だけ現金化ができる

現金化 即日

クレジットカードのショッピング枠残高範囲であればいくらでもお金に替えることができる資金策と言えば現金化です。

額面関係なく即日に現金が手配できるので、どの資金調達法よりも早くお金を手に入れられるというのは間違いありません。

また、使用したいショッピング枠分だけ現金化ができるので、カード会社への支払いも負担が無く返済することができるでしょう。

先程から申し上げている振込先の金融機関のご指定が都市銀行かネットバンクであれば、土日祝日でも即日現金化ができます。

支払い方法が自由に選べる

現金化 即日

クレジットカード現金化をした後に気になるのが、信販会社への返済についてだと思いますが、利用者の思うがままに選択することが可能です。

カード所有者とクレジット信販会社との間で定められている利用規約にも寄りますが、ショッピング枠現金化は支払い方法が自由に選べます。

一括か2回払いまでは無金利での返済となりますが、現金化した金額によっては高額のショッピング枠を使用することにも成りかねますので、よく考えた上で支払い回数を決めてください。

もし、現金化業者との契約時に1回払いにしてカード会社への返済が厳しくなるようであれば、後からリボ払いに変更することが可能です。

最短5分送金というのは手続き完了後の時間

現金化 即日

クレジットカード現金化は即日最短5分送金というキャッチフレーズになっておりますが、こんなに早く入金されることはありません。

じゃあ、「嘘なの?」という意見も上がってくると思うのですが、最短5分送金というのは手続き完了後の時間を意味します。

新規申込みであれば、身分証明の確認を踏まえますとここまでで15分程度の所要時間はかかり、後は現金化業者から指定されたオンラインショップでクレジット決済を終らせるだけです。

上記の手続きを終えるまでに待ち時間は早くて30分位ではないかと予測しますので、振込完了までにかかる時間は40分を目安にしていただければと思います。

少しでも早く現金が欲しいのなら基礎知識を得ておくこと

現金化 即日

以上のことを全て把握しておきますと、クレジットカード現金化を始めて経験するにしても、または取引する店舗での契約が初回であっても早めにお金を手にすることができるでしょう。

これらは、ショッピング枠を使った現金化では基本的なことですから、何を用意しておくべきなのか、どれだけの所要時間がかかるのか自善に分かっていればスムーズに交渉はできるはずです。

少しでも早く現金が欲しいのなら基礎知識を得ておくことで、現金化に限らずどんな取引事もいろははとても重要なことではないでしょうか。

もちろん、取引をする現金化業者によって即日入金とならない場合もありますので、利用する店舗の選択は難しいかもしれませんがご自身で選ばなければいけないことです。

現金化で即日入金を希望する人は大勢いると思いますが、この資金策に関してはある程度のことは把握しておく必要があります。

クレジットカード現金化の方法は?

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

クレジットカードさえあれば面倒な審査も申し込みも必要なく、確実に現金を手にできるのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で買い物したものを買い取ってもらうことで現金を手にします。

よって、基本的には商品購入から転売までを個人ですることができますが、現在は業者を利用する方が多くなってきました。

では、実際のところ、どちらの方法を選んだ方がお得なのでしょう?

その判断をするためにも、今回は個人と業者、それぞれのクレジットカード現金化方法のメリット・デメリットを説明していきましょう。

1.個人でやる現金化のメリット・デメリット

個人でやる現金化の最大のメリットは換金率を最大限高くすることができる点です。

業者を通した場合、業者の利益や手数料が発生するので、90%を超えるような換金率が高い商品でも80%くらいにしかなりません。

しかし、高く買い取ってくれる専門ショップに売却すれば、購入価格に近い現金を手にできる可能性もあります。

商品選択や売却先選択など、専門性の高い知識は必要になりますが、これをクリアできれば換金率を最大限高くするのも夢ではありません。

また現金化を利用する際は、クレジットカード現金化がカード会社の利用規約違反となります。

これは重要なことですから、シッカリと理解しておきましょう。

カード会社にバレれば利用停止となり、最悪の場合は強制退会、および利用額の一括返済が求められます。

この点においてカード会社にバレやすいのが、個人で現金化する最大のデメリットです。

カード会社はクレジットカード現金化を減らすため、常にカード利用者の購入状況をシステムを使って監視しています。

ですから、

・換金率の高い商品購入

・換金性の高い商品の継続購入

などの行為があればクレジットカード現金化をしていると判断して利用停止とし、その後も購入状況が変わらなければ強制退会となります。

個人で現金化する場合、上記のようなクレジットカード現金化していると考えられる購入傾向が強くなるためバレる可能性が高いのです。

2.業者でやる現金化のメリット・デメリット

カード会社にバレやすい個人の現金化に対して、カード会社にバレにくいのが業者でやる現金化の特徴でしょう。

業者はカード決済を毎月の決済額が大きい決済代行会社に依頼しているので、クレジットカード現金化とバレにくいのです。

カード会社も毎月何千万、数千件ものカード決済の中で、クレジットカード現金化だけを見分けることは困難というわけです。

よって、個人でやるよりも確実に秘匿性が高くなります。

カード会社にバレれば大変なリスクを負うことになるので、これは業者でやる現金化の最大のメリットと言えるでしょう。

しかしその反面、業者の現金化は換金率が低くなるというデメリットがあります。

クレジットカード現金化で一番期待するのが換金率ですから、これはデメリットとしか言いようがありませんよね。

業者のホームページでは90%以上の換金率を謳っているところが多くありますが、実際のところは手数料等がかかり、いいところで80パーセントくらい、悪ければ70%を切ることも少なくありません。

実際に90%を超える高い換金率の業者もいるようですが、それはほんのひと握りです。

そんな業者に当たることはまずないと考えておいた方がいいでしょう。

クレジットカード現金化の方法を選ぶ際は、危険を冒して高い換金率を狙うか、安全策を取って低い換金率で我慢するかが、どちらの方法選ぶかの判断基準となってくるでしょう。

双方のメリット・デメリットをジックリ検討した上で、現金化方法を選ぶようにしてくださいね。

クレジットカード現金化業者を口コミで選ぶのはNG!

現在サイト上には100を超えるクレジットカード現金化業者が存在します。

実際に利用しようとしても、多すぎる業者の中からどこを選べばいいのか迷ってしまう方は少なくないでしょう。

クレジットカード現金化業者はキャッシングのように信頼性の高い企業が運営しているわけではないので、社名で選ぶことはできません。

結局のところ比較サイトの情報や口コミをもとに利用業者を決めることになるケースがほとんどです。

しかし、注意して欲しいのはその情報の信ぴょう性です。

すべての情報が嘘ばかりだとは言いませんが、クレジットカード現金化の場合、比較サイトに記載されている情報や口コミはそのほとんどがあてになりません。

1.サイト上の情報を元にした業者比較はキケン!

はじめてのサービスを利用する際に、業者を選ぶため比較サイトや口コミ情報を利用する方は多いと思います。

しかし、クレジットカード現金化で業者を選ぶ際にこの方法を取るのはおススメできません。

ことクレジットカード現金化に限っては、これら情報のほとんどがクレジットカード現金化業者による自作自演のものだからです。

これはクレジットカード現金化の比較サイトだけでなく、下記のような有名な情報サイトに書き込まれている情報も同様です。

・Yahoo知恵袋

・教えてgoo

・OKWave

・2ちゃんねる

・NEVERまとめ

クレジットカード現金化は法律によってキチンと規制されているサービスではありません。

しかも違法性が問われている側面を持つため、信頼できる企業は参入しておらず、悪徳業者が多く紛れているのが実情です。

この比較方法では業者が集客のために自作自演したサイト上の情報をもとに業者比較することになり、悪徳業者を引き当ててしまう可能が高くなってしまいます。

2.業者比較は実際の条件確認した情報で!

ホームページで90%を超える換金率を謳っているクレジットカード現金化業者は多く見られますが、実際90%を超える換金率の業者はひと握りしかいません。

たいていの業者は手数料と称して様々なものを請求してくるため、実際の換金率は80%がいいところで、60~70%くらいになることもあります。

こういった業者に限ってサイト上に自作自演情報を掲載して、集客を狙っているところが多いのです。

それならばどうやって業者比較をすればいいのでしょうか。

優良業者を探そうと条件比較をするのならば真実味のある情報が必要です。

業者に利用する金額で実施に振込まれる金額が幾らになるのかを電話やメールで確認しましょう。

ホームページ上でこの手数用については触れられていません。

換金率は90%を超えていても手数料がかかってしまえば、実際に振込まれる金額は驚く程安くなってしまいます。

利用した後で知らされていない手数料が差し引かれるので、利用者はどうしようもなく、泣き寝入りするしかありません。

そうならないためにも、実際に振込まれる金額確認は必ず必要です。

また、この問い合わせに明確な回答がない業者は手数料が発生する可能性が大です。

利用後でないと分からないというような回答が返ってきた場合は利用を避けた方が賢明でしょう。

業者の比較はサイト上の情報ではなく、実際に確認した情報を基にするようにしてくださいね。

クレジットカード現金化業者の比較ポイントはコレ!

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

現在はネット上に実に多くのクレジットカード現金化サイトがあるので、実際に利用しようとしてもどこを選んだらいいのか迷ってしまう方は多いでしょう。

クレジットカード現金化はクレジットカードさえあれば誰でも簡単に現金を手にすることができるので、本当に利便性の高い現金調達方法ですが、業者選びを失敗すると満足のいく現金を手にすることができません。

かといって、初めて利用する方は何を基準に業者比較をすればいいのか分かるわけありませんよね。

そこで今回は優良なクレジットカード現金化業者を選ぶための比較ポイントについて詳しく説明していくことにしましょう。

1.優良業者選びに必要な比較ポイント

優良なクレジットカード現金化業者を選ぶ際に重要になってくる比較ポイントは下記の3つです。

・振込までの時間

・換金率

・信頼性

振込までの時間

クレジットカード現金化を利用者は現金を手にするまでの時間に余裕がない方が大半を占めます。

ですから申し込みから振込までの時間がどれくらいかかるのかは重要なポイントです。

特に平日以外の申し込みと振込が可能かどうかは、業者選びで見逃すことのできないポイントとなってきます。

換金率

換金率はクレジットカード現金化を利用する上で一番気になってくるポイントですよね。

10万円利用した場合、換金率が90%と80%では手にできる現金は1万円も違ってきます。

100万円なら10万円です。

となれば換金率は高い方がいいに決まってます。

それに利用した分はカード会社に返済しなければならないので、少しでも負担は小さい方がお得です。

信頼性

残念なことですが、クレジットカード現金化業者には多くの悪徳業者が紛れ込んでいます。

利用してみるとホームページの条件とは全く違っていたということもありますし、申し込みにクレジットカードと本人確認書の写しを求めることになるので、それを悪用した二次被害に遭うことも考えられます。

ホームページに代表者氏名、電話番号、取引先銀行などの会社概要が詳細に明記されているところを選びましょう。

2.優良業者の選び方

比較ポイントだけで確実に優良業者が選べるわけではありません。

悪徳業者は優良業者のカモフラージュがとても上手いので、先に説明した比較ポイントも優良業者のように振舞っています。

そこで比較ポイントから選出した業者へ実際に電話やメールを利用して問合せをしてみましょう。

優良業者は利用金額に対する換金率などの諸条件があらかじめ決まっているので、あらゆる問い合わせにも明確な回答をしてくれます。

しかし、悪徳業者の場合は少しでも振込額を少なくしようという意図があるので、問い合わせしても曖昧な回答しか返ってこず、実際に申し込んだあとでないと明確な回答はできないというところばかりです。

このような業者はホームページ上では高い換金率を提示していますが、利用後に手数料が必要になるなど様々な理由をつけては振込額を低くしようとします。

明確な回答が帰ってこないところは優良業者ではないと考えた方がいいでしょう。

また利用するクレジットカードのブランドによって換金率を変えてくる業者も要注意です。

優良業者はどのブランドでも換金率は一律です。

こういった業者は多くいるので、比較ポイントとして必ず覚えておくようにしましょう。

まずは3つの比較ポイントで業者を数社選定して、その上で実際にどのような対応をしてくるのかを調査比較すれば優良業者を選定できる可能性はグンと上がってきます。

時間がないからといって勢いで選ばず、今回説明した比較方法を実践するようにしましょう。

クレジットカード現金化は即日振込み可能!

7a8255da342a69ed5ad166ed354fcec3_s

最近はキャッシングが即日融資可能な現金調達法として定着しているため、他の方法は意外と目を向けられることもありませんが、即日現金を調達できるのはキャッシングだけではありません。

年々徐々に利用者数が増えてきているクレジットカード現金化もその方法の一つです。

しかも下記のようなキャッシングで挙げられているデメリットもクレジットカード現金化では全く関係ありません。

・定期的な収入が必要

・審査内容によって融資不可能な場合がある

・審査内容によって融資額が変化する

・総量規制を守らなければならない

・借り入れが多い場合、審査に通りにくい

申込者が自分名義のクレジットカードさえ所有していれば、面倒な諸条件をクリアする必要もなく現金が手にできるのです。

しかも申し込みから短時間で現金が自分の口座に振込まれるので即日現の金調達も可能ですから、急に現金が必要になった場合も心配ありません。

1.クレジットカード現金化はいつでも利用可能!

クレジットカード現金化業者は店舗型と無店舗型の2つに分類できますが、今はインターネット申し込みを導入した無店舗型の業者が大半を占めます。

全国どこからでも来店不要で申し込みから振込までを完了することができるので、多くの業者の中から換金率やお得なサービスを用意しているところを選ぶことができます。

これは利用する側にとっては大きなメリットとなってくるでしょう。

そしてこの無店舗型の業者のもう一つのメリットはいつでも申し込めて、いつでも利用できる点です。

電話申込の場合は業者の営業時間に準じることになりますが、インターネットからならいつでも利用できるので急ぎの現金調達も問題ありません。

業者の中にはカード決済が確認できれば5分ほどで振込み可能なところもあるので、申込む際は現金が必要な時間に合わせて業者選択するのもおススメの方法です。

しかし、即日現金が必要な場合は注意が必要です。

先に言ったように現在のクレジットカード現金化業者は無店舗業者が大半を占めており、支払いは振込で行われます。

よって、即日現金が必要な方は銀行営業時間内に振込処理が完了できるように申し込むようにしましょう。

最近は楽天銀行などのネットバンクの振込口座があれば、銀行営業時間外の15時以降の振込ができるところも多くなってきました。

ネットバンクの口座を持っていなければこのサービスは利用できませんが、最近はネットバンク利用者が増えてきているので、このサービスがあるのは覚えておきましょう。

2.即日を狙うならキャッシュバック式業者

クレジットカード現金化業者は買取式とキャッシュバック式のどちらかの方法で現金化します。

そこで即日現金が必要な場合は、キャッシュバック式の業者を選ぶようにしてください。

キャッシュバック式は業者が指定する商品を購入してキャッシュバックとして現金が振込まれるので、カード決済が完了すればすぐに現金を手にできます。

しかし、買取式は指定した商品を購入して、業者に郵送する過程が必要となってくるので、即日現金を手にできる可能性がグンと低くなってしまいます。

この点はよく理解して、即日の現金化を狙うならキャッシュバック式の業者を利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化が家族バレしないためには

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

クレジットカード現金化の利用者は他に現金を捻出する術がない傾向が強いようです。

他からの借り入れが多く、これ以上の借り入れが不可能だったり、現金管理を旦那さんがやっていて自由にできる現金がない主婦だったりと、利用者に何かしら複雑な理由が多いのが実情でしょう。

クレジットカード現金化はクレジットカードさえ持っていれば誰でも簡単に現金が入手できるので、利用者は年々増加傾向にあります。

しかし、このクレジットカード現金化の存在を知っていても利用をためらう方が多いのも事実です。

その原因は家族バレです。

借金するわけではありませんがカード会社への返済は確実に発生します。

もしクレジットカード現金化を利用していることが家族にバレれば、心配させることにもなりますし、知られたくない使用用途の説明もしなければなりません。

その点、クレジットカード現金化はキャッシングのように審査があるわけではなく、借り入れしているとわかるような利用明細等が届くわけではないので、基本的には第三者にバレにくいサービスと言えるでしょう。

しかし、業者の指定商品の購入がクレジットカード現金化の利用条件となるため、購入した商品が家に届くことは避けることができません。

実はクレジットカード現金化が家族バレする原因として一番多いのが、この商品の受け取りなのです。

1.商品受け取りは必要なの?

今では商品受け取りのないクレジットカード現金化業者もいるようですが、購入した商品を受け取ったという事実があってはじめてこのサービスは合法的に成り立っています。

よって購入した商品の受け取りがなければ違法性の高い商取引となり、利用者も大きなリスクを背負うことになります。

また、そんな業者は摘発されやすいリスクもあるので、利用するのはおススメできません。

クレジットカード現金化は商品受け取りが必須です。

となれば家族バレする可能性はどうにもならないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

チョッとした工夫で家族バレを防ぐことは可能なのです。

2.商品受け取り時のチョッとした工夫

クレジットカード現金化業者も家族バレが原因で利用者が減るのは大きな痛手です。

よって、そうならないための対策はしています。

クレジットカード現金化業者は商品到着の日時を利用者の都合に合わせてくれます。

希望がない場合は考慮されませんが大抵の業者は対応してくれるので、家族バレが気になる方は家族がいない日時に合わせて発送してもらうよう依頼しましょう。

またこのサービスを行っていない業者の場合は、配送会社の営業所止めにして申込みのも一つの方法です。

これならば家族が商品を受け取ることもないので、家族バレの心配はありません。

そしてこの方法も安心できないという方は、クレジットカード現金化業者を利用せず、実際に自分で商品を購入して転売する方法もあります。

しかし、換金率の高い商品と換金率のいい買取業者を見分けなければならないので、時間と労力が必要となってきます。

できるならすべてがスムーズに進むクレジットカード現金化業者を利用した方が面倒がないのでおススメです。

まずは希望の受け渡し方法をとってくれる業者を選びましょう。

クレジットカード現金化の仕組みを知ろう!

クレジットカードさえあればすぐに現金を手にすることができる驚きの方法がクレジットカード現金化です。

消費者金融や銀行のように審査がなく、時間もかからず確実に現金を手にできるので、早急に現金が必要な方にとってはとても魅力的な現金入手法と言えるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化を利用する方はすぐに現金が必要としているケースが多いため、正しい業者選びをしないと申し込んでも思い通りに現金が入手できなかったということにもなりかねません。

事実、利用する意味がなかったと後悔している方も少なくないのです。

今回はそうならないためにも、知っておかなければならない基礎中の基礎でもあるクレジットカード現金化の仕組みについて説明していきましょう。

1.クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を使って買い物したモノを買い取ってもらい、現金を手にするサービスです。

ですから、消費者金融や銀行などの借り入れのように審査があるわけではないので、現金入手までに時間がかからない上、借りれなかったということもありません。

現状では今すぐ現金を入手する手段としては確実性の高いテクニックと言えるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の仕組みをしっかり把握して選ばなければ、その効果も半減してしまいます。

クレジットカード現金化の仕組みですが、大きく分けると下記の2つに分類できます。

・キャッシュバック式

・買取式

どちらのタイプを選ぶかで現金を手にするまでの時間は大きく違ってくるので、この2つの違いについてはよく理解しておく必要があります。

キャッシュバック式

この方法は業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、その後、キャッシュバックとして業者から現金が振り込まれます。

最近よくあるキャッシュバック付きの商品を購入するのと何ら違いはありませんし、請求もカード会社から行われるのでクレジットカード現金化を利用したことが第三者にバレにくい方法と言えるでしょう。

またカード決済が確認できればすぐに現金が振込まれるので、急いでいる方には最適な現金化方法と言えます。

買取式

この方法は業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、その後、その商品を業者に買い取ってもらい、その代金が振り込まれます。

いらなくなった商品を質屋に持って行って、現金を入手するのと何ら変わりありません。

しかし、購入した商品を実際に手にして、それを業者に買い取ってもらうこととなるので、店舗を構えている業者以外の場合、商品の郵送が必要となるために即日振込みができないこともあります。

急いで現金を手にしたい方には不向きとなることもあるので、利用時には注意が必要です。

2.申し込みはインターネットが主流

クレジットカード現金化業者は店舗型と無店舗型の2つがあります。

最近は無店舗でインターネット上の取引を主にした無店舗型の業者が多いので、利用する際にはこちらとなることが大半です。

さきほど言ったように購入した商品はキチンと手元に届くことになるので、急いでいる方はキャッシュバック式の業者を選ぶことをおススメします。

買取式の場合、届いた商品を再度送り返す作業が発生します。

ですから入金は送り返した商品が業者に到着後となってしまうので、振込までに日数が必要になってしまいますが、キャッシュバック式なら商品購入のカード決済が確認できればすぐにキャッシュバックが行われるので、振込までに時間がかかりません。

全国展開しているクレジットカード現金化業者を利用する際は、必ずインターネットを利用することとなるので、急いで現金が必要な方は業者選びに注意するようにしましょう。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

クレジットカード現金化の口コミ記事は信用するな!

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

クレジットカード現金化に限らず、優良業者かどうかを見分けるのは簡単なことではありません。

そこでどうしても利用したくなるのが比較サイトや口コミです。

特に口コミ情報は実際に利用した方の生の声が聞けるので、大きな判断材料となってきます。

口コミで叩かれている業者を避けて、良い意見が多く書き込まれている業者を選べばいいので、クレジットカード現金化業者の内情を知らない利用者にとって大きな味方になってきますよね。

しかし、この口コミ情報ですが、全てを鵜呑みにするのは危険です。

クレジットカード現金化業者に限った話ではないのですが、ネット上の口コミ情報には多くのサクラが紛れ込んでいるからです。

考えてもみてください。

映画やTVドラマ、音楽などの意見や感想ならば自ら進んで書き込みする方は多いでしょう。

しかし、ことクレジットカード現金化利用の感想を書き込む方が多く存在すると思いますか?

被害にあった方なら憂さ晴らしに書き込むこともあるでしょうが、「利用して本当に良かった」とか「記載通りの換金率でした」といったような業者を褒めちぎる書き込みをする方が実際どれだけいることでしょう。

ですから、比較サイトや2ちゃんねる、Yahoo知恵袋に書き込まれている口コミには多くのサクラが紛れ込んでいると考えておいた方がいいのです。

1.利用者の本当の口コミはほとんど皆無…

すべての口コミがサクラだとは言いませんが、クレジットカード現金化の口コミは本当のものはほとんどないと考えた方がいいでしょう。

というのは、お金に困って現金を入手する方法を模索する方は、それ自体が社会的に胸を張れる行為でないことを自覚しているからです。

そうと分かっていても利用するしかない状況に追い込まれた方が多いので、利用して満足できた優良業者だとわざわざ告白する人なんてほとんどいません。

本当にお金に困っている方にそんな余裕があるわけないのは、良識のある方ならお分かりですよね。

優良業者かどうかを確認したいのならば、口コミなどの評判に頼るよりも、実際に電話をして条件や内容を確認する方がおススメですね。

2.口コミは業者の自作自演の可能性が大!

口コミにサクラが多いのは、集客を狙った業者の口コミが多数投稿されているからです。

実際に口コミを当てにして申し込むと、条件や内容が全く違っていたという話は珍しくありません。

しかし、自作自演で間違った話で集客するのは違法性が問われる行為です。

ということは、口コミを利用して集客している業者は信用できない、悪徳業者の可能性が大きいのです。

そんな業者は端から利用しないに限ります。

口コミが自作自演かどうかは口コミ内に外部リンクが貼ってあるかどうかで判断可能です。

自作自演の場合はクレジットカード現金化のホームページリンクを張っていることが多いので、その業者を特定することができます。

すべての口コミがそうだとは限りませんが、疑ってみる価値は絶対あるので、悪徳業者を見分ける一つの方法として覚えておいてください。