未分類

エンポスレスカードって何? 所持しているカードの種類について知ろう!

皆さんは普段利用しているカードがどのような種類であるか理解している上で使ってはいるでしょうか? 実はクレジットカードと一言で言っても、その特色や目的というの点で大きく異なります。クレジットカードの現金化には直接影響は及ぼしませんが、そうした知識を知っておくと、よりカードに対する理解が深まるのではないでしょうか。

国際ブランドと発行会社

 まずは国際ブランドは別名“アクワイアラー”と呼ばれており、JCB・MasterCard・VISA・ダイナーズクラブ・アメリカンエクスプレスがあります。
 他にもクレジットカードを発行しているところはありますが、国際的に利用ができるブランドとしては、この5つが主流となります。
 その中でも、VISAというのは、他の国際ブランドと比較しても圧倒的に利用者が多いことで知られており、シェア率は45%ほどであるそうです。
 また、日本発の国際ブランドとしてはJCBがあり、少しずつですが、利用価値が高まりつつあります。
 国際ブランドとしての主な役割というのは、世界中での決済機能を提供し、利便性を高めたり、消費者の動向を調査して、より良いサービスを開発することです。そのため、自社でのカード発行を行っているところは少なく、提携しているカード発行会社にカード提供は委託しております。
 
 次に発行会社ですが、こちらは“イシュア”と呼ばれており、クレジットカードは発行して、利用者に提供している会社となります。発行会社の種類としては、流通系・銀行系・消費者金融系・信販系・独立系・メーカー系などにわかれており、発行会社の親会社がどのようなビジネスをしているかによって、系統が異なっているようです。
 有名なカード発行会社としては、三井住友クラシックカード・楽天カード・エポスカードなどがあります。
 また、それぞれのカードは必ず、国際ブランドのどれかに加盟しており、日本でしか発行しているないカードであるからと言って、海外で利用できないということはありません。そのため、カードを発行する時は、自分の利用がしやすいものを選ぶようにしましょう。

カードのグレードについて

 同じカード会社発行のクレジットカードであっても、それぞれグレードのよって、年会費やサービスの内容に差があることが度々ありますので、種類別に簡単に見ていきましょう。
 
スタンダード
 利用者が一番多く、学生カードや社会人一年目の人などの若い世代がよく使うカードです。

ゴールド
 年会費が高額ですが、それ相当のサービスなどが受けられ、社会人5年目以降が良く利用するカードです。サービスとしては空港ラウンジを無料利用などがあります。

プラチナ
 ゴールド会員で何年か実績を残すと、所持が可能になります。この種類のカードは、基本的にカード会社からの招待制のため、選ばれた人しかカードの発行をすることができません。

プレミアム
 プラチナと同等レベルのカードで、アメックスやダイナーズなど一部の国際ブランドで採用されているグレードです。サービス内容はプラチナとほぼ同じぐらいです。

ブラック
 クレジットカードとしては最高級のカードで、このタイプのカードには利用制限がないと言われていますが、その利用者は富裕層限定で、取得が困難なカードです。

 エンポレスカードについて聞いたことがない人がほとんどだと思いますが、実はカード所持者なら持っていることが多いカードとなります。
 エンボスとは、カードの番号・有効期限・名前の部分が、凸凹している部分のことをさします。エンボスが導入されている理由としては、カード決済を端末で行うことができない店、特に海外などで利用されることが多いです。決済方法としては、インプリンターという売上転写用の機械を使用することでカード決済を完了します。
 一方で、エンポレスカードというのが最近になって登場し始めました。このカードは凸凹がないカードで、suicaなど表面がツルツルしていることが多いのが特徴です。インプリンターでの決済方法の欠点としては、不正利用の問題がありました。そのため、エンボレスカードを導入することで、端末での決済の普及を進め、セキュリティの向上を目指しています。日本などの先進国では、エンボレスカード決済可能な店舗が多いので、安心してカードを利用することができます。

まとめ

・国際ブランドは主に5社あり、VISAが世界で一番利用されているブランドとなります。
・国際ブランド自体は決済機能を提供しているだけで、カードの発行は提携先の企業が請け負っているのが通常です。
・カードのグレードは4段階あり、それぞれ実績を作っていかなれば、次のカードを発行することはできません。
・エンボレスカードでの決済は、専用の端末を利用しなければならず、セキュリティは高いことが特徴としてあげられます。

以上が所持しているカードの種類についてでした。今回はクレジットカード現金化と直接関係している知識というのはありませんでしたが、たまにはこのような雑学というのも知っておくと面白いかもしれません。9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

現金化で換金率をあげる時のポイント

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

クレジットカード現金化時に最も気になる点としては、やはり換金率がどれだけ高くなるかではないかと思います。今回はちょっとしたテクニックで換金率を上げる方法について紹介していこうと思います。

初めての業者は少額がオススメ

 これまで利用してこなかった現金化業者を利用する時というのは、非常に不安であると思いますので、少額の利用をお勧めします。その方が業者が悪徳だった場合は、損失はすぐに取り戻せますし、逆に優良店だった時は、実績を残すことができます。実績を残すと、業者側を利用者に信頼感を抱いているので、次回利用の際に若干ですが、優遇されることがありますので、少額現金化はおすすめではないかと思います。

還元率アップはリピート利用が鍵

 少額利用のススメの部分で、お話しましたが、同じ業者を何度も利用していると、お得意様ということで、少しずつ待遇がよくなってきます。その待遇の中には、もちろん換金率の上昇も含まれますが、それ以外にも実はメリットというのがあるのです。

 メリットの一つ目としては、一度申し込んでいるため、業者は利用者の現金化に必要な情報についてすでに知っています、それゆえに、再度申し込みをするという手間が省け、時間の節約になります。
 2つ目は、申し込みの時間が短縮されるため、初回よりも現金化を早く手に入れることができます。少額利用で実績を作る方法と組み合わせることで、より効果的な現金化を行うことができます。
 3つ目は高換金率での現金化です。初回の現金化では、その利用者が信頼できるか見極めるために、業者がわざと若干低い換金率を提示してくることがあります。その後、実績を作った利用者に対しては、通常またはやや高めの換金率での現金化をしてくれます。

現金化業者事情とは

 現金化業者で現金化する時というのは、その特殊な雰囲気から、業者が提示した換金率で取引を進めてしまうことがほとんどです。しかし、換金率というのは、業者側が勝手に決めたものなので、交渉次第で少しぐらいなら換金率を上げる余地はあります。
 まず、現金化業者の本音から見ていきましょう。現金化業者に関わらず、企業というのは、できるだけ利益を上げていきたいと考えています。しかし、一般的な企業の場合、あまり価格設定を高くしてしまうと大多数の消費者から嫌われてしまい、結果利益が減ってしまうので、消費者が購入しやすい価格まで抑えているのです。一方で、現金化業界では、利用者というのは別の業界と比較すると、あまり多くはありません。そのため、少し還元率を低く見積もって、利用者に提示しているのです。
 そのため、現金化業者側はある程度余裕をもった状態での換金率となり、常連の利用者には、サービスとして、高還元率の現金化をすることは十分に可能なのです。
 そうした現金化業界の裏事情を理解した上で、業者に換金率を上げる交渉をすれば、たまに成功することもあります。もちろん、中にはそうゆうことを絶対しないという業者もいるので、どうしても無理そうなら別の業者を利用するか、その業者で実績を作った方が良いかもしれません。 

まとめ

・初めての業者は少額利用で、リスク回避と実績作りをしよう。
・還元率はリピート利用で上昇する傾向にあります。
・初回利用時でも、交渉次第で還元率は上げることができます。

以上が現金化で還元率を上げるポイントについてでした。実際の現金化方法については別の記事にて紹介していますので、ぜひ現金化の参考にしてください。

携帯電話のキャリア決済で現金化?

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

現代がIT技術の発展に伴い、私たちの決済方法というのは多種多様になりました。現金・電子マネー・bitcoin・クレジットカードだけでなく、今では携帯電話でも支払いが可能になったのです。また、それは現金化の方法が増えたとも捉えていいでしょう。

携帯キャリアで決済とは

 キャリア決済とは、ネットショッピングでの購入代金やオンラインゲームでの課金料金を、携帯代金と合わせて、決済をするシステムです。メリットとしては、利用した代金が一括で請求されるので、支払額がわかりやすいことがあります。利用上限額は毎月10,000~50,000円となっており、利用可能商品は物販とデジタルコンテンツとなっています。
 また、携帯キャリア決済の場合は、クレジットカードを所持しているない人も利用することができるので、子供がいる家庭でも安心して、利用することができます。
 加えて、決済は本人確認の4桁の暗証番号を入力するだけのでとても簡単です。

キャリア現金化の方法

 現金化というのは通常はクレジットカードが必須アイテムとなってくるため、主婦やフリーターには利用しづらさがありました。しかし、キャリア決済の場合だと、カード不要での現金化ができるので、普段カードを利用しない人であっても、手軽に現金を増やすことができます。
 キャリア決済現金化の仕組みとしては、キャリア決済の限度額のうち、利用したい額を、現金化業者に申し込むことで、現金化ができます。この時、現金化した金額から、手数料を引いた分が利用者の手元に残るといった流れになります。
 
キャリア決済のフローチャートとしては
1:申し込み
2:キャリア決済で換金をする
3:現金が振り込まれる

 といった非常に簡単なものとなっています。

メリット・デメリット

 キャリア決済の方法については理解してもらったと思います。次に、キャリア決済のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 メリットとしては、支払いの簡易さ・現金化のしやすさが挙げられます。キャリア決済というのは利用可能上限額が、カードよりも少ないため、借り過ぎてしまうということを未然に防ぐことができます。そのため、月々の支払いが無理のない範囲で収めることが可能です。また、現金化のしやすさという点では、携帯一本で現金化をすることができるということについては既に皆さんは理解していることでしょう。
 
 デメリットですが、利用可能額の少なさ・支払い方法が挙げられます。もし、30万円などの多額の金額を必要としているのであれば、キャリア決済では不可能です。その場合は、クレジットカードの現金化を利用する以外手段はありません。加えて、キャリア決済では支払い方法が一括でしか選べません。それもそのはずで、携帯代金のついでに買い物などを可能にしたものがキャリア決済というものなので、携帯会社としては分割で支払うことを想定はしていないのです。

リスク承知で行うべし

 キャリア決済での現金化での、支払い金額の延滞は携帯電話の利用停止を意味します。そのため、利用するときは絶対に返済ができる自信を持っていなければ、利用はオススメすることはできません。加えて、携帯代金の支払い遅延が続くと信用情報機関にブラック登録されてしまうことがあり、将来的にカード発行やローンを組むことができなくなってしまいます。

まとめ

・キャリア決済は、携帯代金と一緒に買い物代金を支払うことができるので、とても便利です。
・キャリア決済での現金化は少額で一括返済できる人にしか向きません。
・キャリア決済の延滞=信用度の低下なので、支払いには十分注意しましょう。

以上が携帯電話のキャリア決済で行う現金化についてでした。現金化というのは、種類が様々あるので、利用する予定の方は自分にあったものを選びましょう。

キャッシングと現金化の特徴と向いている人

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

 今年も12月になり、いよいよあと1ヶ月ほどで新年を迎えます。年末が近くなると、飲み会やクリスマスなどで出費が増えてしまい、お金が足りなくなるということがよくあるかと思います。お金が一時的に欲しい取った時に、ふと考えるのがキャッシングと現金化ですが、一体どちらの方がお得なのでしょうか?今回は、それらの検証と最新情報について紹介していこうと思います。

キャッシングと現金化の違い

 まずは、キャッシングと現金化にどのような特徴があるかについて見ていきましょう。
 キャッシングとは、クレジットカードの機能の一つで、お金を借りる際に利用されます。一般的なクレジットカードには付随していることがあるが、借りることが可能な額は、少額が多く、職業によっては全く利用することもできないということがあります。また、返済は、一括とリボ払いから選ぶことができ、金利は年利だと20%前後で、リボ払いだとさらに高くなります。
 一方で、現金化とは、ショッピング枠を利用した現金を一時的に増やす方法の一つである。カードを所持していれば、誰でも利用は可能なため、主婦やフリーターに人気が高いことが最近の傾向として挙げられます。また、返済は通常のクレジットカード利用とほぼ変わらず、一括・分割・リボの3つから、柔軟に選ぶことができます。それに加えて、年利は基本クレジットカード会社に左右されますが、一括・分割の場合だと、無料となることが多いです。

キャッシングのメリット・デメリット

 それぞれについて簡単な特徴について理解を深めていきましょう・
 まず、キャッシングのメリットとしては2つあります。
  
・会社の信頼性
    クレジットカード会社というのは誰でもできるものではなく、クレジット協会の厳しい審査を乗り越えて、許可をもらわないと、カード会社としてビジネスを行うことができません。そのため、カード会社の信頼性というのは非常に高くなっており、私たちも安心して現金を借りることができます。
  
・使いすぎの抑制
 キャッシングというのは、ショッピング枠よりも数十万程度低い枠で設定されていることがほどんどで、人によっては0円の場合もあります。そのため、利用者が支払い能力を超えた利用を防ぐ機能を兼ね備えています。つい使いすぎてしまう人にとっては、ありがたい機能であると思います。

次にデメリットとしては3つ挙げられますので、それぞれ見ていきましょう。

・少額の利用
  お金が必要になる時というのは、少額ではなく、ある程度の額を必要になることがほどんどです。カード会社側としては、“キャッシングは生活費に利用する人が多いから、使いすぎないように少額の利用しか認めない”と考えています。しかし、利用者側からすれば、一時的に多額の現金が必要であるという場面に出会った時に、そうしたカード会社の制限はとても厄介なものです。

・返済方法
  キャッシングは基本的に、一括が基本となっており、その理由は少額利用が前提となっているからです。また、最近ではリボ払いも、返済手段として可能にはなりましたが、リボ払いは手数料が非常に高いため、オススメすることはできません。
 
・周囲への誤解
 キャッシング利用というと、お金に困っているかわいそうな人というようなイメージがつきもののため、あまり周りには知られたくないのが本音であると思います。一時的な利用であっても、そうした事実は悪い噂として、しばらく残ってしまい、結果的に周りとの関係性の悪化に繋がってしまう可能性があります。

現金化のメリット・デメリット

 次に、現金化についてみていきましょう。
 
現金化のメリットとしては3つが挙げられます。

・支払い方法の柔軟さ
 現金化の返済方法は、クレジットカードのショッピング枠を利用した時とほぼ変わりません。そのため、自身の財政状況に合わせて、一括・分割・リボから選ぶことができ、かつ、途中で支払い方法も変更することができるので、無理なく返済をすることができます。

・手数料の低さ
 ショッピング枠の利用による返済時には、返済方法を選ぶことができると言いましたが、選択した方法によって、支払う手数料というのが異なってきます。
具体的には、一括や3回までの分割の場合なら、手数料は無料ですし、逆にリボ払いなどだけ、かなりの金額の手数料の支払いを求められます。

・周囲への配慮
 クレジットカードでの買い物というのは、現在では一般的であり、多くの方が利用しています。そのため、ショッピング枠を利用した現金化であるならば、周りには全く誤解されることもなく、現金を手にすることができるので、安心感があります。 

 一方で現金化のデメリットとしては使いすぎてしまうということがあります。現金化はショッピング枠を利用するため、キャッシングの時よりも10万以上は利用額が増えます。利用額に余裕があるからといって、返済能力を大きく超える金額を使い続けてしまうと、実施に返済をするとなった時に困ってしまう状況になってしまいます。

どちらの利用がいいのか?

 どちらを利用するのがいいのかについては、その人がどのような目的で利用するかに左右されてきます。

・キャッシング利用に向いている人
 キャッシングには、短期利用・少額を目的とした人にオススメだと思います。なぜなら、少額の理由であるならば、一括でも返済をしやすいからです。また、利用額が制限されているため、意図的に利用額を抑えることができます。

・現金化利用に向いている人
 現金化に向いている人は、短期利用・多額を目的とした人にオススメです。例えば、友人の結婚式のご祝儀や家族の入院費などで、急にお金が必要になったものの、一括での返済は避けていという人には良いかと思います。返済を長期にしても、負担が増えなく、自身の状況に合わせて、返済を変えることができるのはとても便利であると思います。

まとめ

・キャッシングと現金化の違いは利用前にしっかり確認しておきましょう
・それぞれメリットやデメリット、向いている人が異なります。
・柔軟性や機密性を重視する人は、現金化の方が向いています。

以上がキャッシングと現金化の特徴についてでした。 今回は現金化についてはあまり触れることができませんでしたが、別の記事で基礎知識や方法について詳しく解説してあるので、興味がある人は是非見ていきましょう。

スピード現金化時に知っておきたいこと

120def697f48ab695e43eff403307195_s

 現金が今すぐ必要だけど、消費者金融やキャッシングだと時間かかるし、審査に通るか心配だという方がいると思います。特に、新米の会社員や主婦、学生などは、収入が低かったり、安定しないことが多いので、家計のやりくりが大変です。そんな時には、クレジットカードで現金を手に入れましょう。
 今回は、スピード感を持って現金化する時に、役に立つ知識について紹介していきます。

クレジットカード現金化とは?

 そもそも、現金化とは何かについて軽く復習しておきましょう。
現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を得る方法です。方法としては、個人と業者の2通りあります。違いですが、個人の場合は高リスク・高還元率、業者の場合は低リスク・中還元率となっています。また、現金化までのスピードは、業者の方が圧倒的に早いです。

あなたのやっている身近な現金化

 現金化と聞くと、あんまり身近に感じないかもしれませんが、実はあなたも現金化の経験があるかもしれません。身近な現金化の例としては、ランチ会や飲み会での会計がわかりやすいのではないでしょうか。方法としては 手持ちがあんまりなかったから、会計を全額カードで支払うということがあります。それは実は現金化の一つなのです。現金化はよくないイメージがありますが、利用し過ぎてしまう人がたまにいるからで、計画的に利用すれば、問題はありません。

現金化を利用しているのはどんな人

  身近な例として、飲み会やランチ会でもカード利用をあげましたが、実際にどのような目的で利用している人が多いのでしょうか?また、そういった人達の特徴について述べていきましょう。
 
 現金化を利用する人の特徴と目的
・会社員やOL
急な出張で会社の代わりに出張費が必要になったり、友人の結婚式が続いたため、お祝い金を用意しなければならなかった時などに利用しているようです。 
・主婦
  子供の養育費の支払いが集中しがちな年度初めや4月などに一時的に利用する人が多いようです。
・大学生
  合宿費の前金の支払いや就活時の資金として、利用する人が多いようです。

ここでは利用した人の一部の例を紹介しましたが、共通していることとしては、一時的な利用に留まっており、慢性的な利用はしていないということです。現金化といっても、いずれは返済しなければいけない借金ですので、利用者はそれについて理解した上で現金化をしているようです。

ネットで完結するから、便利な現金化

 以前、現金化には個人・業者の二種類がある、スピード重視の現金化なら、業者が一番だと言いました。業者を使うメリットとしてはネットで申し込みから契約、振込まで完了するということです。
 消費者金融などで融資を受ける場合は、店舗に行かなければいけなかったりするので、ネットで完結するのはとても便利ですよね。
 また、ネットで完結することの強みとしては、場所を問わず、いつでも、すぐに利用できるという点です。
 申し込みも自宅や近くのネットカフェからできますし、時間も昼夜問わず利用することができます。家族や知り合いなどに現金化のことを知られたくない人にとっては、ネット申し込みは便利なものですね。

実際の還元率と申し込みの方法

 それでは、実際に現金化した時の還元率と申し込み方法について学んでいきましょう。
 まず、現金化の還元率としては、市場の相場として、80-85%が平均のようです。これよりも、高過ぎても、低過ぎても、業者として問題があります。90%などの高すぎる場合は、業者としては赤字になってしまうので、申し込みと契約時で換金率が異なったりする場合が考えられます。一方で60%など低すぎる場合は、手数料を不当に取っている可能性が高いです。

 次に申し込みの手順について簡単に説明していきましょう。
1準備(口座番号・クレジットカード番号・本人確認証)
2申し込み
3電話確認
4審査
5契約
6振込

現金化の注意点

 現金化は即座に現金を手に入れられるので、非常に便利ではありますが、いくつか注意しなければならない点があります。

 注意点としては
  ・悪徳業者の存在があること
  ・カードはお金を利用している感覚が薄いこと
  ・現金化は借金であること 

 まず、現金化市場は優良業者もいますが、同時に悪徳業者も存在します。そのため、悪徳業者にあってしまった時のことを考えて、対処法を用意して置かなければなりません。
 次に、クレジットカード特有の現金を使っている感覚が感じにくいということです。現金での支払いだと、実際にお札や硬貨を手にするので、現在の財政状況を把握できますが、カードだと意識していないと、自分の利用額がわからなくなってしまいます。
 最後に現金化をする上で忘れてはいけないのが、現金化によって得た現金は借金であることです。借金は結局は最後に返さなければいけないので、そのことについては理解して置かなければなりません。

まとめ

・クレジットカードの現金化は個人と業者の2種類はあります。
・現金化はネットですぐに利用することができます。
・実際の還元率と申し込み方法については利用前に理解しておきましょう。
・現金化をするときは、返済する時のことを考えておきましょう。

以上がスピード現金化についてでした。ここで載せた情報は、現金化として基礎となる部分なので、もっと理解を深めたい方は他の記事も参考にしてみてください。

お米券の使い方講座

e3818ae38193e38281e588b8

お米というのは日本食を語る上では欠かせないものです。特に日本人であれば、1日に白米を食べない日はないというくらい生活に密着したものではないでしょうか? 実際に日本人一人あたり、年間で60kgのお米を消費するそうです。月にすると5kgになるので、意外と食べているということがわかります。私たちに身近にお米ですが、お米券の存在を知っている人は一体何人いるでしょうか?今回はお米券の特徴と使い方について見ていきましょう。

お米券とは

 お米券とは全国米穀販売事業共済協同組合が発行しているお米の商品券のことです。一口500円から全国のお米屋さんで・スーパー・デパートで購入することができ、有効期限がないのでいつでも利用することができます。
 また、株をやっている人は、取り扱っている企業によって株主優待としてお米券をもらえることがあります。一番安いもので4万円の株で、2kgのお米券(2000円相当)を毎年もらえます。

お米券の利用法

 お米券は贈り物用として利用する人が多く、お中元の粗品やイベントでの景品などが例としてあげられます。中にはお米を食べないという人がいますが、ほどんとの家庭で絶対消費する食料であるので、お米券をもらって嬉しくないという人はいないと思います。プレゼントに迷ったら、お米券を選ぶのも一つの手だと思います。

お米券を有効活用する別の方法

 お米券はお米を買うための金券ですが、お米をあんまり食べないという人には魅力がないかもしれません。しかし、お米券は金券ショップで換金することで、有効活用することができます。
 金券を売る場合、王道としては図書カードやギフト券などが一般的で、高い換金率で取引されることが知られています。
 では、具体的にどれくらいで取引されているのでしょうか?
 金券ショップでの平均換金率は95%ほどになり、540円のお米券を換金してもらうと520円ほどもらえる計算になります。この水準は人気の金券の換金率と変わらないため、とても優秀な金券であると言えるでしょう。
 もし、お米件の使い道が見つからなかったら、現金に変えてしまった方がいいかもしれませんね。
 また、金券ショップで換金する以外にも、オークションでの出品や友人に売ることでも現金を手に入れることができますが、換金率は交渉次第なので安定しません。

まとめ

・日本人は年間60kgのお米を消費している。
・お米券はお中元などの品物として喜ばれる。
・お米券は換金することでも有効活用できる。

お米券の特徴は以上になります。 金券の種類は数え切れないほどあるので興味がある方は色々と調べてみると良いでしょう。

ビール券使い方講座

imgp1453

アルコール飲料として最も、飲まれているのでビールです。特に社会人になると飲み会での最初の一杯目はビールを頼むという人は多いではないでしょうか? ビールと一言で言っても、アサヒビールやサッポロビール、ハイネケンなど国内外で様々なブランドがあります。そのため、同じビール好きであっても、人ぞれぞれのこだわりというものがあります。そんなビールが好きな人にとって、ビール券というのは嬉しいプレゼントの一つであります。
 

ビール券とは

 ビール券とは全国酒販協同組合連合会が発行するビールの商品券で、一枚でビール瓶(633ml)又は缶(350ml)を2本購入できるものがあります。それぞれ値段は、瓶は784円で、缶は539円となっています、また、有効期限は決まっており、現在の販売のもので、2022年3月31日まで利用することができます。
 ちなみに、ビール以外にもウィスキー券や清酒券なども販売しています。

ビール券の使い方

 ビール券は贈り物として購入する場合は、時期とあげる人の好みを考える必要があります。まず、時期は夏季に送るお中元をおすすめします。ビールというのは、冬よりも夏の方が、圧倒的に消費量が多いです。バーベキューなどの
外でのイベントの機会が増えることから、冷えるほど美味しい飲み物であるビールが好まれる傾向にあります。一方で、冬季に送るお歳暮にはビールよりも清酒などがオススメです。冬でもよく冷えたビールが好きな人も一部いますが、冬は温かい飲み物を飲む方がほどんどです。そのため、日本酒などの清酒なら、温めて熱燗にすることもできますし、そのまま冷酒で飲むこともできるので、幅広く利用することができます。
 また、贈り物を選ぶ前に、あげる対象者がビールを含めたアルコール飲料をよく飲むかどうかの好みを知らなければなりません。ビールといえば、男性が好きなイメージがありますが、男性でもあまり飲まない人もいますし、女性であっても、ビールが大好きという方もいます。ビール券を贈り物に選んだけど、実はあげた人が全くビールが飲めなかったということがないように、事前に調べておきましょう。

ビールを飲まないでも利用価値はある

 ビールはあんまり飲めないのに、ビール券をもらってしまったというかたもいると思います。ビール券をどう処分するか迷っている人は、ぜひ金券ショップで換金するという方法があることを覚えておいてください。
 最近では若者のビール離れが進んできており、ビール券をもらっても使い道がないという人が増えてきています。一方で、中高年の方々は未だにビールを好む人が多いのが現状です。そのため、金券ショップはビール券の需要が高まっており、換金率も高い水準で取引することができます。
 実際の換金率ですが、大瓶(633ml)2本のビール券を換金すると94-96%の範囲で取引されているようです。また、田舎だと換金率が6%ほど落ちるそうなので、換金する時は都市の金券ショップまたは全国チェーン店を選ぶのが良いと思います。金券一枚でも30-40円ほど違ってくるので、取引量が多いと大きな差になってしまうので、換金率はしっかり確認しましょう。
 また、アルコール系の金券として清酒やウィスキー券もありますが、換金率はビール券と比べるとあまり高くはありません。一応覚えておくと良いでしょう。

まとめ

・ビール券は冬よりも夏の方が贈り物として喜ばれる。
・ビールの人気は若者よりも、中高年の方々の方が高い。
・ビール券の使い道として換金する方法もある。

以上がビール券の使い方と特徴についてでした。ビール券以外にも金券は色々あるので興味がある人は調べてみると面白いと思います。

おもちゃ券の使い方講座

imgp1653

子供を育てるには結構お金がかかります。赤ん坊のときはベビー服や哺乳瓶などのベビー用品を準備する必要があります。また、子供はすぐに成長するので、半年前まで着ることができていたサイズが合わないということが度々あります。加えて、子供はおもちゃへの関心が強いので、誕生日やクリスマスにはプレゼントとしておもちゃをねだってくるでしょう。今回は、子供を持つ家庭に嬉しいおもちゃ券(こども商品券) について紹介していきましょう。

おもちゃ券(こども商品券)とは

 おもちゃ券とは株式会社トイカードが発行している子供に関連する商品や一部のテーマパークで利用できる商品券です。おもちゃ以外にも使用用途があることから、別名こども商品券とも呼ばれています。
 こども券は500円から購入することができ、毎年デザインが異なるので、同じ贈り物であっても、毎回楽しむことができます、
 また、有効期限は5年程で、2016年の10月に発行したものだと2020年12月31日まで利用可能です。

おもちゃ券の使い方

 おもちゃ券は子どもに関連するシーンなら大活躍間違いない金券であると思います。おもちゃ券は主に3つの利用法があります。
 第1に全国の加盟しているおもちゃ店で、利用することができます。おもちゃと一言で言っても、その種類は様々あり、子供ながらにこだわりというものがあります。そのため、知り合いの子供の希望通りのおもちゃをプレゼントしたけど、実際には別のものと勘違いしていたということは度々あります。そんな時に、おもちゃ券をプレゼントすれば、子供が好きなおもちゃを自分で選ぶことができます。
 第2に子供服やベビー服と交換することができます。子供の成長は想像する以上に早く、せっかく買った子供服もあっという間にサイズが合わなくなってしまいます。そのため、親戚の中では親の負担を和らげようと子供服をプレゼントしようとする人もいるかもしれません。しかし、子供服を選んでいるのはその子の親であり、服選びのセンスも親のセンスに左右されます。もし、プレゼントされた子供服が、親のセンスとは合わなかったら、残念ながらその服を使う機会は少ないでしょう。一方で、おもちゃ券なら、子供服も購入することができるので、子供服の代わりに、おもちゃ券を贈るのが無難であると思います。
 第3に旅行などのライフイベントでも活用することができます。子供を持つようになると、年一回は家族旅行に出かけるものです。水族館や遊園地など子供に色々な体験をさせることで、子供は保育園や学校では学べないことを学ぶことができます。そう言った、子供の成長を支える役目をおもちゃ券は担うことができます。
 このように、おもちゃ券は様々な場面において、利用できるので、贈り物としてこれほど優れている金券はないでしょう。

別の方法でおもちゃ券を利用する

 家庭によっては、親戚中からおもちゃ券をもらいすぎてしまって、有効期限までに使いきれないという人もいると思います。有効期限をすぎてしまって、せっかくもらったおもちゃ券を無駄にしてしまうのは心苦しいですよね。
 そんな時には、金券ショップで換金するという方法を利用しましょう。
 換金率は88%と他の金券に比べると、やや低めですが、換金をしなければ、無駄になってしまうのでそれと比べればまだ良いと思います。
 また、ネットオークションを利用することで、換金率はもっと高くして取引することも可能ですが、どのタイミングで出品すればいいかというタイミングの見極めが難しいです。

まとめ

・子供を育てるには思っている以上にお金がかかる。
・子供がいる家庭へのプレゼントは商品券が無難です。
・おもちゃ券には有効期限があるので、随時確認しておきましょう。

以上がおもちゃけん(こども商品券)の特徴と使いかたについてでした。 こども券以外にも、様々な商品券があるので、興味がある方は調べてみると良いでしょう。

現金化の利用がバレると、全額の支払いを求められる。

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_s

自己破産時に全額支払い
クレジットカードの利用規約 違反
自己破産の定義

手持ちがないから飲み会代金をクレジットカードで支払い、その分の現金を周りから集める。そのような経験をしている人は少なからずいるでしょう。実はそれはクレジットカードの現金化なのです。少額なら対した問題にもなりませんが額が大きくなってくると自己破産など一人では抱えきれない問題となっていきます。今回は現金化がばれたときにどのような被害が予想されるかを紹介していこうと思います。

現金化がばれたときの最初のリスク

   現金化がカード会社に知られたときの最初の警告はカード利用停止です。これはカード利用者が還元率の高い商品の購入を続けていると、現金の化の意図に関わらず、カードが一時的に使えなくなる恐れがあります。もちろん、カード会社にきちんと理由を説明すれば、すぐにカードは利用再開できるので万が一、このような状況になったらとにかくカード会社に連絡をとってみてください。

なぜカード利用停止になるのか

カードが使えなくなる理由は単純です。クレジットカードの利用規約にショッピング枠の現金化を目的とした行為は違反であると書かれているからです。それもそのはず、お金を借りたければキャッシング枠を利用すれば済む話です。もし仮にショッピング枠で現金化をしている人がいればそれはお金に余裕がない人であるとカード会社に判断されても仕方がないと言えるでしょう。しかし、キャッシング枠に余裕があるにも関わらず、カード利用停止となるひともいるのでカード会社側は違反者かどうかを正確には判断仕切れていないのが現状です。

自己破産が適用されない

 次に現金化目的のカード利用が破産宣告をした段階でばれた場合について説明していきます。通常、自己破産をした際に、債務者には借金を帳消しにできる権利を裁判所に求めることができます。しかし、それにはある条件をみたしていることが必要です。

その条件とは“破産法252条1項2号「換金目的でクレジットカードを利用した金券の売買行為」”の範囲外であることです。

この法律は本来、生活のために仕方なく借金をした又は事業に失敗してしまった人たちにもう一度チャンスを与えるものです。そのため、自身の私利私欲のために負債を抱えている人には使って欲しくはないのが裁判所の言い分です。そのため、クレジットカードを現金化するときにはこのような状況になるリスクも考えて置く必要があります。

それゆえにクレジットカードの現金化などを理由とした債務者には自己破産後も負債を返済する義務が生じることになります。

 

まとめ

・カード会社が利用停止をする判断はショッピング枠を利用して還元率の高い商品を購入しているかどうかであり、正当な方法で利用していてもカードを停止されることもある。
・クレジットカードの現金化は規約違反であり、違反した場合はカードの利用停止ないしは自己破産の適用外となる可能性がある。
・自己破産の対象外となった場合は負債は全て支払わなければならない。

以上の点を踏まえて、お金を借りるときは慎重に行いましょう。

店舗とネットの二つの面からクレジット現金化を考える

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

インターネットが普及した現代では様々なサービスがネットで利用可能となり、とても便利な世の中になりました。クレジット現金化も例外ではありません。今回はネットと店舗の二つの側面からクレジット現金化のメリットとデメリットをお伝えしていこうと思います。

ネットを利用するときのメリット

ネットでの現金化のメリットは主に3つあり、手軽に・いつでも・誰でもがキーワードです。

まず、は手軽さ”来店が不要のために、遠隔地にいる人や都内在住でも平日は店舗に来る余裕がない方にとってはとっても便利です。

次に“いつでも”業者の中には24時間営業している業者が多く、夜間や土日祝日でもオンラインで申し込みが可能です。申し込み後はインターネットバンキングを利用すればいつでも振り込み対応をしてくれます。

最後に“誰でも”業者はいわゆる消費者金融ではなく、面倒な手続きや審査は必要ありません。そのため、クレジットカード所持者であれば誰でも利用可能です。

ネットを利用するときのデメリット

オンラインで利用できるのはとても魅力的ですが一つ気をつけなければならないことがあります。それは悪徳業者の存在です。手軽さがネットの魅力ですが、相手の表情や何を思っているかがわかりにくくなっているために、消費者は非常に騙されやすい環境にあります。ネットで申し込む際はよく調べてから実行するようにしましょう。

店舗を利用するときのメリット

来店することによるメリットとしては、 その場で・安心・誰でもの3つがポイントとして挙げられます。

まず、“その場で” 店舗に直接行くために振り込みによる時間差がなく、申し込み後すぐに現金を受け取ることができます。

次に“安心”オンラインで申し込んだ場合だと、個人情報だけ抜き取られて現金化できないというリスクがあります。しかし、店舗の場合だとそのようなことはなく、対面での申し込みのため、安心して現金化をすることができます。

最後に“誰でも”ネットでのメリットでも挙げましたが、クレジットカードを持っている誰もが現金を手にすることができ、かつ面倒な審査などは要りません。

店舗を利用するときのデメリット

来店することのデメリットは 面倒・対面・違反の3つのリスクがあります。

まず“面倒”店舗に直接いくためにそこまでの時間とお金など手間が少なからずかかります。それに加えて、営業時間外の取引は不可能なので時間に余裕がない人には不便です。

次に“対面”店舗のスタッフと直接話さなければならないため、あんまり人に見られらくない人や余裕のない人だと、相場よりも低く取引を持ちかけられる可能性も有ります。

最後に“違反”業者の中には商品を買わせて、それをすぐに換金することで現金化をすすめる人達もいます。そのため、違法性が高く、最悪クレジットカードが利用できなくなることも考えられます。

まとめ

店舗・ネットそれぞれにメリット・デメリットがあるので利用者の状況に合わせて使いわける必要があります。
クレジットカードを現金化する際にはリスクを踏まえた上で慎重に行いましょう。