未分類

クレジットカード現金化の方法は?

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

クレジットカードさえあれば面倒な審査も申し込みも必要なく、確実に現金を手にできるのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で買い物したものを買い取ってもらうことで現金を手にします。

よって、基本的には商品購入から転売までを個人ですることができますが、現在は業者を利用する方が多くなってきました。

では、実際のところ、どちらの方法を選んだ方がお得なのでしょう?

その判断をするためにも、今回は個人と業者、それぞれのクレジットカード現金化方法のメリット・デメリットを説明していきましょう。

1.個人でやる現金化のメリット・デメリット

個人でやる現金化の最大のメリットは換金率を最大限高くすることができる点です。

業者を通した場合、業者の利益や手数料が発生するので、90%を超えるような換金率が高い商品でも80%くらいにしかなりません。

しかし、高く買い取ってくれる専門ショップに売却すれば、購入価格に近い現金を手にできる可能性もあります。

商品選択や売却先選択など、専門性の高い知識は必要になりますが、これをクリアできれば換金率を最大限高くするのも夢ではありません。

また現金化を利用する際は、クレジットカード現金化がカード会社の利用規約違反となります。

これは重要なことですから、シッカリと理解しておきましょう。

カード会社にバレれば利用停止となり、最悪の場合は強制退会、および利用額の一括返済が求められます。

この点においてカード会社にバレやすいのが、個人で現金化する最大のデメリットです。

カード会社はクレジットカード現金化を減らすため、常にカード利用者の購入状況をシステムを使って監視しています。

ですから、

・換金率の高い商品購入

・換金性の高い商品の継続購入

などの行為があればクレジットカード現金化をしていると判断して利用停止とし、その後も購入状況が変わらなければ強制退会となります。

個人で現金化する場合、上記のようなクレジットカード現金化していると考えられる購入傾向が強くなるためバレる可能性が高いのです。

2.業者でやる現金化のメリット・デメリット

カード会社にバレやすい個人の現金化に対して、カード会社にバレにくいのが業者でやる現金化の特徴でしょう。

業者はカード決済を毎月の決済額が大きい決済代行会社に依頼しているので、クレジットカード現金化とバレにくいのです。

カード会社も毎月何千万、数千件ものカード決済の中で、クレジットカード現金化だけを見分けることは困難というわけです。

よって、個人でやるよりも確実に秘匿性が高くなります。

カード会社にバレれば大変なリスクを負うことになるので、これは業者でやる現金化の最大のメリットと言えるでしょう。

しかしその反面、業者の現金化は換金率が低くなるというデメリットがあります。

クレジットカード現金化で一番期待するのが換金率ですから、これはデメリットとしか言いようがありませんよね。

業者のホームページでは90%以上の換金率を謳っているところが多くありますが、実際のところは手数料等がかかり、いいところで80パーセントくらい、悪ければ70%を切ることも少なくありません。

実際に90%を超える高い換金率の業者もいるようですが、それはほんのひと握りです。

そんな業者に当たることはまずないと考えておいた方がいいでしょう。

クレジットカード現金化の方法を選ぶ際は、危険を冒して高い換金率を狙うか、安全策を取って低い換金率で我慢するかが、どちらの方法選ぶかの判断基準となってくるでしょう。

双方のメリット・デメリットをジックリ検討した上で、現金化方法を選ぶようにしてくださいね。

クレジットカード現金化業者を口コミで選ぶのはNG!

現在サイト上には100を超えるクレジットカード現金化業者が存在します。

実際に利用しようとしても、多すぎる業者の中からどこを選べばいいのか迷ってしまう方は少なくないでしょう。

クレジットカード現金化業者はキャッシングのように信頼性の高い企業が運営しているわけではないので、社名で選ぶことはできません。

結局のところ比較サイトの情報や口コミをもとに利用業者を決めることになるケースがほとんどです。

しかし、注意して欲しいのはその情報の信ぴょう性です。

すべての情報が嘘ばかりだとは言いませんが、クレジットカード現金化の場合、比較サイトに記載されている情報や口コミはそのほとんどがあてになりません。

1.サイト上の情報を元にした業者比較はキケン!

はじめてのサービスを利用する際に、業者を選ぶため比較サイトや口コミ情報を利用する方は多いと思います。

しかし、クレジットカード現金化で業者を選ぶ際にこの方法を取るのはおススメできません。

ことクレジットカード現金化に限っては、これら情報のほとんどがクレジットカード現金化業者による自作自演のものだからです。

これはクレジットカード現金化の比較サイトだけでなく、下記のような有名な情報サイトに書き込まれている情報も同様です。

・Yahoo知恵袋

・教えてgoo

・OKWave

・2ちゃんねる

・NEVERまとめ

クレジットカード現金化は法律によってキチンと規制されているサービスではありません。

しかも違法性が問われている側面を持つため、信頼できる企業は参入しておらず、悪徳業者が多く紛れているのが実情です。

この比較方法では業者が集客のために自作自演したサイト上の情報をもとに業者比較することになり、悪徳業者を引き当ててしまう可能が高くなってしまいます。

2.業者比較は実際の条件確認した情報で!

ホームページで90%を超える換金率を謳っているクレジットカード現金化業者は多く見られますが、実際90%を超える換金率の業者はひと握りしかいません。

たいていの業者は手数料と称して様々なものを請求してくるため、実際の換金率は80%がいいところで、60~70%くらいになることもあります。

こういった業者に限ってサイト上に自作自演情報を掲載して、集客を狙っているところが多いのです。

それならばどうやって業者比較をすればいいのでしょうか。

優良業者を探そうと条件比較をするのならば真実味のある情報が必要です。

業者に利用する金額で実施に振込まれる金額が幾らになるのかを電話やメールで確認しましょう。

ホームページ上でこの手数用については触れられていません。

換金率は90%を超えていても手数料がかかってしまえば、実際に振込まれる金額は驚く程安くなってしまいます。

利用した後で知らされていない手数料が差し引かれるので、利用者はどうしようもなく、泣き寝入りするしかありません。

そうならないためにも、実際に振込まれる金額確認は必ず必要です。

また、この問い合わせに明確な回答がない業者は手数料が発生する可能性が大です。

利用後でないと分からないというような回答が返ってきた場合は利用を避けた方が賢明でしょう。

業者の比較はサイト上の情報ではなく、実際に確認した情報を基にするようにしてくださいね。

クレジットカード現金化業者の比較ポイントはコレ!

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

現在はネット上に実に多くのクレジットカード現金化サイトがあるので、実際に利用しようとしてもどこを選んだらいいのか迷ってしまう方は多いでしょう。

クレジットカード現金化はクレジットカードさえあれば誰でも簡単に現金を手にすることができるので、本当に利便性の高い現金調達方法ですが、業者選びを失敗すると満足のいく現金を手にすることができません。

かといって、初めて利用する方は何を基準に業者比較をすればいいのか分かるわけありませんよね。

そこで今回は優良なクレジットカード現金化業者を選ぶための比較ポイントについて詳しく説明していくことにしましょう。

1.優良業者選びに必要な比較ポイント

優良なクレジットカード現金化業者を選ぶ際に重要になってくる比較ポイントは下記の3つです。

・振込までの時間

・換金率

・信頼性

振込までの時間

クレジットカード現金化を利用者は現金を手にするまでの時間に余裕がない方が大半を占めます。

ですから申し込みから振込までの時間がどれくらいかかるのかは重要なポイントです。

特に平日以外の申し込みと振込が可能かどうかは、業者選びで見逃すことのできないポイントとなってきます。

換金率

換金率はクレジットカード現金化を利用する上で一番気になってくるポイントですよね。

10万円利用した場合、換金率が90%と80%では手にできる現金は1万円も違ってきます。

100万円なら10万円です。

となれば換金率は高い方がいいに決まってます。

それに利用した分はカード会社に返済しなければならないので、少しでも負担は小さい方がお得です。

信頼性

残念なことですが、クレジットカード現金化業者には多くの悪徳業者が紛れ込んでいます。

利用してみるとホームページの条件とは全く違っていたということもありますし、申し込みにクレジットカードと本人確認書の写しを求めることになるので、それを悪用した二次被害に遭うことも考えられます。

ホームページに代表者氏名、電話番号、取引先銀行などの会社概要が詳細に明記されているところを選びましょう。

2.優良業者の選び方

比較ポイントだけで確実に優良業者が選べるわけではありません。

悪徳業者は優良業者のカモフラージュがとても上手いので、先に説明した比較ポイントも優良業者のように振舞っています。

そこで比較ポイントから選出した業者へ実際に電話やメールを利用して問合せをしてみましょう。

優良業者は利用金額に対する換金率などの諸条件があらかじめ決まっているので、あらゆる問い合わせにも明確な回答をしてくれます。

しかし、悪徳業者の場合は少しでも振込額を少なくしようという意図があるので、問い合わせしても曖昧な回答しか返ってこず、実際に申し込んだあとでないと明確な回答はできないというところばかりです。

このような業者はホームページ上では高い換金率を提示していますが、利用後に手数料が必要になるなど様々な理由をつけては振込額を低くしようとします。

明確な回答が帰ってこないところは優良業者ではないと考えた方がいいでしょう。

また利用するクレジットカードのブランドによって換金率を変えてくる業者も要注意です。

優良業者はどのブランドでも換金率は一律です。

こういった業者は多くいるので、比較ポイントとして必ず覚えておくようにしましょう。

まずは3つの比較ポイントで業者を数社選定して、その上で実際にどのような対応をしてくるのかを調査比較すれば優良業者を選定できる可能性はグンと上がってきます。

時間がないからといって勢いで選ばず、今回説明した比較方法を実践するようにしましょう。

クレジットカード現金化は即日振込み可能!

7a8255da342a69ed5ad166ed354fcec3_s

最近はキャッシングが即日融資可能な現金調達法として定着しているため、他の方法は意外と目を向けられることもありませんが、即日現金を調達できるのはキャッシングだけではありません。

年々徐々に利用者数が増えてきているクレジットカード現金化もその方法の一つです。

しかも下記のようなキャッシングで挙げられているデメリットもクレジットカード現金化では全く関係ありません。

・定期的な収入が必要

・審査内容によって融資不可能な場合がある

・審査内容によって融資額が変化する

・総量規制を守らなければならない

・借り入れが多い場合、審査に通りにくい

申込者が自分名義のクレジットカードさえ所有していれば、面倒な諸条件をクリアする必要もなく現金が手にできるのです。

しかも申し込みから短時間で現金が自分の口座に振込まれるので即日現の金調達も可能ですから、急に現金が必要になった場合も心配ありません。

1.クレジットカード現金化はいつでも利用可能!

クレジットカード現金化業者は店舗型と無店舗型の2つに分類できますが、今はインターネット申し込みを導入した無店舗型の業者が大半を占めます。

全国どこからでも来店不要で申し込みから振込までを完了することができるので、多くの業者の中から換金率やお得なサービスを用意しているところを選ぶことができます。

これは利用する側にとっては大きなメリットとなってくるでしょう。

そしてこの無店舗型の業者のもう一つのメリットはいつでも申し込めて、いつでも利用できる点です。

電話申込の場合は業者の営業時間に準じることになりますが、インターネットからならいつでも利用できるので急ぎの現金調達も問題ありません。

業者の中にはカード決済が確認できれば5分ほどで振込み可能なところもあるので、申込む際は現金が必要な時間に合わせて業者選択するのもおススメの方法です。

しかし、即日現金が必要な場合は注意が必要です。

先に言ったように現在のクレジットカード現金化業者は無店舗業者が大半を占めており、支払いは振込で行われます。

よって、即日現金が必要な方は銀行営業時間内に振込処理が完了できるように申し込むようにしましょう。

最近は楽天銀行などのネットバンクの振込口座があれば、銀行営業時間外の15時以降の振込ができるところも多くなってきました。

ネットバンクの口座を持っていなければこのサービスは利用できませんが、最近はネットバンク利用者が増えてきているので、このサービスがあるのは覚えておきましょう。

2.即日を狙うならキャッシュバック式業者

クレジットカード現金化業者は買取式とキャッシュバック式のどちらかの方法で現金化します。

そこで即日現金が必要な場合は、キャッシュバック式の業者を選ぶようにしてください。

キャッシュバック式は業者が指定する商品を購入してキャッシュバックとして現金が振込まれるので、カード決済が完了すればすぐに現金を手にできます。

しかし、買取式は指定した商品を購入して、業者に郵送する過程が必要となってくるので、即日現金を手にできる可能性がグンと低くなってしまいます。

この点はよく理解して、即日の現金化を狙うならキャッシュバック式の業者を利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化が家族バレしないためには

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

クレジットカード現金化の利用者は他に現金を捻出する術がない傾向が強いようです。

他からの借り入れが多く、これ以上の借り入れが不可能だったり、現金管理を旦那さんがやっていて自由にできる現金がない主婦だったりと、利用者に何かしら複雑な理由が多いのが実情でしょう。

クレジットカード現金化はクレジットカードさえ持っていれば誰でも簡単に現金が入手できるので、利用者は年々増加傾向にあります。

しかし、このクレジットカード現金化の存在を知っていても利用をためらう方が多いのも事実です。

その原因は家族バレです。

借金するわけではありませんがカード会社への返済は確実に発生します。

もしクレジットカード現金化を利用していることが家族にバレれば、心配させることにもなりますし、知られたくない使用用途の説明もしなければなりません。

その点、クレジットカード現金化はキャッシングのように審査があるわけではなく、借り入れしているとわかるような利用明細等が届くわけではないので、基本的には第三者にバレにくいサービスと言えるでしょう。

しかし、業者の指定商品の購入がクレジットカード現金化の利用条件となるため、購入した商品が家に届くことは避けることができません。

実はクレジットカード現金化が家族バレする原因として一番多いのが、この商品の受け取りなのです。

1.商品受け取りは必要なの?

今では商品受け取りのないクレジットカード現金化業者もいるようですが、購入した商品を受け取ったという事実があってはじめてこのサービスは合法的に成り立っています。

よって購入した商品の受け取りがなければ違法性の高い商取引となり、利用者も大きなリスクを背負うことになります。

また、そんな業者は摘発されやすいリスクもあるので、利用するのはおススメできません。

クレジットカード現金化は商品受け取りが必須です。

となれば家族バレする可能性はどうにもならないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

チョッとした工夫で家族バレを防ぐことは可能なのです。

2.商品受け取り時のチョッとした工夫

クレジットカード現金化業者も家族バレが原因で利用者が減るのは大きな痛手です。

よって、そうならないための対策はしています。

クレジットカード現金化業者は商品到着の日時を利用者の都合に合わせてくれます。

希望がない場合は考慮されませんが大抵の業者は対応してくれるので、家族バレが気になる方は家族がいない日時に合わせて発送してもらうよう依頼しましょう。

またこのサービスを行っていない業者の場合は、配送会社の営業所止めにして申込みのも一つの方法です。

これならば家族が商品を受け取ることもないので、家族バレの心配はありません。

そしてこの方法も安心できないという方は、クレジットカード現金化業者を利用せず、実際に自分で商品を購入して転売する方法もあります。

しかし、換金率の高い商品と換金率のいい買取業者を見分けなければならないので、時間と労力が必要となってきます。

できるならすべてがスムーズに進むクレジットカード現金化業者を利用した方が面倒がないのでおススメです。

まずは希望の受け渡し方法をとってくれる業者を選びましょう。

クレジットカード現金化の仕組みを知ろう!

クレジットカードさえあればすぐに現金を手にすることができる驚きの方法がクレジットカード現金化です。

消費者金融や銀行のように審査がなく、時間もかからず確実に現金を手にできるので、早急に現金が必要な方にとってはとても魅力的な現金入手法と言えるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化を利用する方はすぐに現金が必要としているケースが多いため、正しい業者選びをしないと申し込んでも思い通りに現金が入手できなかったということにもなりかねません。

事実、利用する意味がなかったと後悔している方も少なくないのです。

今回はそうならないためにも、知っておかなければならない基礎中の基礎でもあるクレジットカード現金化の仕組みについて説明していきましょう。

1.クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を使って買い物したモノを買い取ってもらい、現金を手にするサービスです。

ですから、消費者金融や銀行などの借り入れのように審査があるわけではないので、現金入手までに時間がかからない上、借りれなかったということもありません。

現状では今すぐ現金を入手する手段としては確実性の高いテクニックと言えるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の仕組みをしっかり把握して選ばなければ、その効果も半減してしまいます。

クレジットカード現金化の仕組みですが、大きく分けると下記の2つに分類できます。

・キャッシュバック式

・買取式

どちらのタイプを選ぶかで現金を手にするまでの時間は大きく違ってくるので、この2つの違いについてはよく理解しておく必要があります。

キャッシュバック式

この方法は業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、その後、キャッシュバックとして業者から現金が振り込まれます。

最近よくあるキャッシュバック付きの商品を購入するのと何ら違いはありませんし、請求もカード会社から行われるのでクレジットカード現金化を利用したことが第三者にバレにくい方法と言えるでしょう。

またカード決済が確認できればすぐに現金が振込まれるので、急いでいる方には最適な現金化方法と言えます。

買取式

この方法は業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、その後、その商品を業者に買い取ってもらい、その代金が振り込まれます。

いらなくなった商品を質屋に持って行って、現金を入手するのと何ら変わりありません。

しかし、購入した商品を実際に手にして、それを業者に買い取ってもらうこととなるので、店舗を構えている業者以外の場合、商品の郵送が必要となるために即日振込みができないこともあります。

急いで現金を手にしたい方には不向きとなることもあるので、利用時には注意が必要です。

2.申し込みはインターネットが主流

クレジットカード現金化業者は店舗型と無店舗型の2つがあります。

最近は無店舗でインターネット上の取引を主にした無店舗型の業者が多いので、利用する際にはこちらとなることが大半です。

さきほど言ったように購入した商品はキチンと手元に届くことになるので、急いでいる方はキャッシュバック式の業者を選ぶことをおススメします。

買取式の場合、届いた商品を再度送り返す作業が発生します。

ですから入金は送り返した商品が業者に到着後となってしまうので、振込までに日数が必要になってしまいますが、キャッシュバック式なら商品購入のカード決済が確認できればすぐにキャッシュバックが行われるので、振込までに時間がかかりません。

全国展開しているクレジットカード現金化業者を利用する際は、必ずインターネットを利用することとなるので、急いで現金が必要な方は業者選びに注意するようにしましょう。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

クレジットカード現金化の口コミ記事は信用するな!

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

クレジットカード現金化に限らず、優良業者かどうかを見分けるのは簡単なことではありません。

そこでどうしても利用したくなるのが比較サイトや口コミです。

特に口コミ情報は実際に利用した方の生の声が聞けるので、大きな判断材料となってきます。

口コミで叩かれている業者を避けて、良い意見が多く書き込まれている業者を選べばいいので、クレジットカード現金化業者の内情を知らない利用者にとって大きな味方になってきますよね。

しかし、この口コミ情報ですが、全てを鵜呑みにするのは危険です。

クレジットカード現金化業者に限った話ではないのですが、ネット上の口コミ情報には多くのサクラが紛れ込んでいるからです。

考えてもみてください。

映画やTVドラマ、音楽などの意見や感想ならば自ら進んで書き込みする方は多いでしょう。

しかし、ことクレジットカード現金化利用の感想を書き込む方が多く存在すると思いますか?

被害にあった方なら憂さ晴らしに書き込むこともあるでしょうが、「利用して本当に良かった」とか「記載通りの換金率でした」といったような業者を褒めちぎる書き込みをする方が実際どれだけいることでしょう。

ですから、比較サイトや2ちゃんねる、Yahoo知恵袋に書き込まれている口コミには多くのサクラが紛れ込んでいると考えておいた方がいいのです。

1.利用者の本当の口コミはほとんど皆無…

すべての口コミがサクラだとは言いませんが、クレジットカード現金化の口コミは本当のものはほとんどないと考えた方がいいでしょう。

というのは、お金に困って現金を入手する方法を模索する方は、それ自体が社会的に胸を張れる行為でないことを自覚しているからです。

そうと分かっていても利用するしかない状況に追い込まれた方が多いので、利用して満足できた優良業者だとわざわざ告白する人なんてほとんどいません。

本当にお金に困っている方にそんな余裕があるわけないのは、良識のある方ならお分かりですよね。

優良業者かどうかを確認したいのならば、口コミなどの評判に頼るよりも、実際に電話をして条件や内容を確認する方がおススメですね。

2.口コミは業者の自作自演の可能性が大!

口コミにサクラが多いのは、集客を狙った業者の口コミが多数投稿されているからです。

実際に口コミを当てにして申し込むと、条件や内容が全く違っていたという話は珍しくありません。

しかし、自作自演で間違った話で集客するのは違法性が問われる行為です。

ということは、口コミを利用して集客している業者は信用できない、悪徳業者の可能性が大きいのです。

そんな業者は端から利用しないに限ります。

口コミが自作自演かどうかは口コミ内に外部リンクが貼ってあるかどうかで判断可能です。

自作自演の場合はクレジットカード現金化のホームページリンクを張っていることが多いので、その業者を特定することができます。

すべての口コミがそうだとは限りませんが、疑ってみる価値は絶対あるので、悪徳業者を見分ける一つの方法として覚えておいてください。

ショッピング枠はキャッシング枠よりも低金利!

a9ed4a05b0da6fcf020ab66bafacdc0f_s

現金化とキャッシングの違い

現金化 利点

休日に買物を楽しんでいると思わぬ品物を見つけたりと出費が重なってしまいますが、そんな時に便利なアイテムといえばクレジットカードです。

買いたい物がいくつもあると手持ちの現金だけでは購入することができなくてもショッピング枠を使えばお金がなくても代金の支払いをすることができます。

お店によってはクレジット決済で品物を買うことができないこともありますので、その場合はもう一つのキャッシング枠を利用してお金を引き出し、現金払いで買物をすることもできるのです。

いずれにしても、クレジットカードさえあればショッピングや飲食店等での会計を済ませることができます。

現金を用立てたい時にキャッシングをすればお金を用意することができますが、使用できる上限額がショッピング枠とは違って少ないです。

クレジットカードを持っていてもキャッシング枠のみを利用する人にはショッピング枠が付帯されていても無価値な物としか言えないでしょう。

ショッピング枠は買物以外でも有効に使える場面があり、資金調達をする時には大変便利に利用することができるようになりました。

カードに付帯されているショッピング枠を使って現金化をすればキャッシング限度額よりも多くお金を手配することができるのです。

本来、ショッピング枠は代金の支払いにあてて利用しますが、使い方によっては現金に化してしまうことができ、クレジットカードを使う機会が増えるでしょう。

では、現金化とキャッシングの違いは何なのでしょうか。

ショッピング枠現金化は利息が安い

現金化 利点

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は、それぞれ使い道は違いますが同じ役割を果たしてくれる物になります。

ショッピング枠は現金を用立てることにも使用することができ、買物以外のでも機能に様変わりしますのでキャッシング枠が付帯されていなくてもお金を手配することが可能です。

ショッピングは、ただ単にキャッシングより額面を用立てることができるから使い勝手が良いと言っているわけではありません。

キャッシングに比べてショッピング枠現金化は利息が安く、カード会社への支払いも負担が軽減できるので、どちらの方法でお金を手配した方が良いかは明白です。

現金化の利点!ショッピング枠はキャッシング枠よりも低金利!なのですが、この資金調達法では他にもメリットがございます。

現金化の方がメリットが多い

現金化 初めて

クレジットカードのショッピング枠現金化と聞きますと良からぬことばかりを想像してしまいますが、利点ばかりしかございません。

キャッシング枠でお金を借りるより、ショッピング枠現金化の方がメリットは多く内容をご理解していただければ印象も変わるのではないでしょうか。

現金化の利点といえばキャッシング枠を使うよりも低金利ということはお話しましたが、それ以外でも支払い方法を自由に選べます。

キャッシングは金額関係無しに一括払いとなりますが、ショッピング枠現金化は返済の仕方はご都合に合わせることができるのです。

現金化はお金にまつわる取引ですが、利用しても信用機関情報に履歴を残すことがございませんし、何せショッピングですのでポイントも貯まって一石二鳥ではないでしょうか。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるなら、ショッピング枠で現金化した方が間違いなく魅力的です。

現金化業者と交渉で換金率UPってほんと!?

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

現金化優良店だからといって換金率が高いとは限らない

現金化 換金率

クレジットカード現金化サービスを運営している店舗はネット上では溢れんばかりの数となっておりますので取引をするにしても、その中から1件だけを選ぶことは容易ではありません。

取引をする現金化業者の選考は人によって考え方が違いますが、どなた様も優良店を選ぼうと必死になって探し出そうとするのではないでしょうか。

現金化業者の評判や口コミを比較してみたり優良店を検索するには時間が掛かります。

では、現金化優良店は何を基準に見るのでしょうか。

単純に高換金率で取引ができる現金化業者が優良店だと認識している人が多いと思いますが、これは間違った解釈です。

現金化優良店だからといって換金率が高いとは限りません。

どの現金化業者も換金率は低く見積もりたい

現金化 換金率

クレジットカード現金化に限らず優良店という響きは好条件を用意して出迎えてくれると思ってしまいますが、どの店舗も公式ホームに表記されている換金率通りには取引には応じてくれることはないでしょう。

どの現金化業者も換金率は低く見積もりたいという経営方針がありますので、収益に繋げる為には還元率の査定は低い数値を言い渡されてしまうのです。

現金化業者が公開している換金率の数値は最大や最高あるいは一律と表現の仕方に違いがありますが、何かしら不透明な手数料を差し引いて交渉してきます。

提示された換金率を聞きますと想像していた数値とは違っているので驚かれてしまう人もいますが、絶対に応じなければいけないという訳ではないのでご納得いかないようであればキャンセルすれば良いだけのことです。

しかし、現金化業者と契約を結ばなければお金を用立てることができません。

現金化の契約では妥協ばかりしないこと

現金化 換金率

現金化業者が利用者に対して提示している換金率は最高数値ではありませんので、より高い還元率で契約を交わすことができるのです。

では、どうやって換金率を引き上げることに成功するのでしょうか。

現金化の契約では妥協ばかりしないこと、取引業者に言われるがままに従わないことです。

具体的に言えば、現金化業者も契約ができなければ収益には結びつきませんから、交渉次第では取引業者も歩み寄ってくれることも考えられます。

1円でも多くの現金が必要な方は、粘り強く現金化業者と交渉する事で換金率UPが計れる可能性がありますので高還元率が期待できるのです。

中には会話をするのが苦手な人もいると思いますが、交渉次第で元々の換金率より高くできるのであれば、試してみてはいかがでしょうか。

現金化業者の換金率はさじ加減

現金化 換金率

クレジットカード現金化の取引では業者の言いなりになってしまいますと思うがままに契約が進行されてしまいますから、利用する側も主張する所は意見しなければいけません。

結局の所、現金化業者の換金率はさじ加減で決まる数値ですので、少しでも多くお金の手配をしたい時は粘り強く交渉する話術が必要です。

しかし、提示した換金率では取引に応じない現金化業者もいますので、親身になって話を聞いてくれる店舗を見つけだして下さい。

昔と違ってクレジットカード現金化業者の店舗数は大変多くなりましたので、取引をするお店の選考は悩んでしまいますが、納得できる換金率で契約することが重要です。

その為には、利用者の意志を貫くことが必要なのかもしれません。

急な出費が・・・そんな時はショッピング枠を現金化!

a9ed4a05b0da6fcf020ab66bafacdc0f_s

当日に現金を作る方法

当日に現金を作る方法

急にお金が必要になると言うことは誰にでもあり得ることで、そんな時にはどうやってお金を作ろうか必ず悩むことになります。

通常であれば貯金を使用するとか知人にお金を借りる、もしくは消費者金融を利用してお金の借り入れをするということが一般的ですが、貯金を切り崩すのは何となく嫌だし、知人にお金を借りるのもトラブルの原因となる可能性もあるので避けたいと考える人がほとんどでしょう。

となると消費者金融などのカードローンが最も確実ですし、最近では即日融資のカードローンも増えていているので利便性のことを考えてもこの方法がベストな選択だといえます。

しかしカードローンの場合、審査という問題が残っており、もし審査を通過できない場合にはお金を当日に準備すると言うことが出来なくなってしまいます。

ではこれ以外に当日現金を作るほうほうがあるのかといえば、近年話題となっている方法が一つだけあり、それがクレジットカードのショッピング枠現金化という方法になります。

この方法はクレジットカードを所有している人であれば審査などの必要もなく使用できますのでカードローンのような心配もない現金を作る方法として注目を集めています。

ショッピング枠現金化とは何か?

ショッピング枠現金化とは

クレジットカードのショッピング枠現金化とは一体何かというと、通常クレジットカードを利用する場合には何か商品を購入し、その代金を現金ではなくクレジットカードを使用して支払うことになります。

この支払いに使用するのがショッピング枠と呼ばれる枠となり、その枠を買い物の支払いではなく現金に替えると言う方法が、クレジットカードショッピング枠の現金化という方法となります。

クレジットカードにはショッピング枠以外に現金を引き出すことが出来るキャッシング枠という枠が付帯しているものが多く、通常であればこのキャッシング枠を使用してお金を借りればいいのではないか?と考える人も多いと思います。

確かに無理にショッピング枠を現金化しなくてもキャッシング枠があるのであればそれを使用する方が圧倒的に便利で早く現金を用意できると思いますが、このキャッシング枠の利用に関しては利用することでの大きなデメリットがあります。

まずクレジットカードのキャッシング枠を利用した場合、借りたお金は翌月一括で返済する必要があり、5万円借りれば5万円と利息の支払いが翌月必ずやってくるわけです。

しかもショッピング枠と比べてキャッシング枠の利息は高く設定されているため、返済時の利息の支払いもショッピング枠と比べた場合多くなってしまいます。

その為キャッシング枠の利用に関してはすぐ利用出来るけれど翌月返済という問題があり、なかなか多額の利用が行い難いわけです。

ではショッピング枠の現金化の場合はどうなのかというと、基本的にショッピング枠の場合、支払方法がたくさんあるため現金化を行った場合には一括だけでなく分割やボーナス払いといった返済方法が選べることになります。

しかも途中で返済方法の変更なども出来ますのでライフスタイルに合わせた返済などが自由に選択できることになります。要するにショッピング枠の現金化は非常に利便性の高い現金を作る方法だと言えます。

現金化サービスの種類を知ろう

クレジットカード現金化の種類

ショッピング枠の現金化サービスにも種類があり、基本的には現金化業者を利用した方法が主流となっています。

業者を利用した場合の現金化には「商品買取り型」と言う方法と「キャッシュバック型」という方法があり、どちらのばあいでもクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を作ることが出来ます。

商品買取型ケース1

商品買取型ケース1

まず商品買取り型という方法は、現金化業者が指定している買取可能な商品をクレジットカードで購入してそれを業者に売却することで売却益を得る方法です。

この場合に利用される商品は新幹線の回数券や換金率の高いブランド品と言ったものが多く、それをクレジットカードで購入して業者に持ち込めばその時点で買取が行われ買い取り額に応じた現金が支払われることになります。

商品買取型ケース2

商品買取型ケース2
この商品買取り型にはもう一つ種類があり、業者自体が商品を販売しており、その商品を購入しすぐ業者にそれを買い取ってもらうことで現金を作る方法です。

この場合、商品を購入しに行く手間も省けますし、クレジットカードのショッピング枠を使用して商品を購入したと言う事実だけがその場で作られますので、実際には商品を購入しなくてもショッピング枠を現金化することが出来るわけです。

この場合業者と利用者の間で商品を購入してクレジットカードを利用したという事実さえあればOKなわけですから、非常に簡単に現金を作ることが出来ます。

キャッシュバック型

キャッシュバック型の現金化

次にキャッシュバック型の現金化ですが、この方法は買取り型とは違い実際に商品を購入してその商品に対して業者側がキャッシュバックを行ったと言う形で現金を還付してくれる方法となります。

こちらの場合も結果的にはクレジットカードを利用して商品購入を行ったという事実が存在しており、それに対してキャッシュバックを行っているだけですので今のところ法律的には違法とはなりません。

基本的には買取り型の場合もキャッシュバック型の場合も確実に現金を用意することが出来ますので、利便性に関してはどちらの場合もあまり変わら無いでしょう。
それともう一つショッピング枠を利用した現金化の方法があり、それが自分で行う現金化という方法です。

この方法は現金化サービスではなく自分自身の手で現金化を行う事になるので、多少手間がかかる方法となります。

やり方としては業者を利用した買取り型に似ており、自分で換金率の高い商品をクレジットカードで購入して、それを買取りをしてくれる買取店に売ることで売却益として現金を得る方法となります。

この方法の場合は自分で換金率の高い商品を調べる必要性や、それを買いに行く手間、そして売却するお店を探し売りに行く必要もあるので、時間と労力が必ず発生するので現金化の方法としてはあまりおススメ出来ないでしょう。

時間や労力を考えた場合にはやはり業者を利用した現金化サービスのほうが圧倒的に利便性が高く便利です。

現金化を行う事のメリット、デメリット

クレジットカード現金化には無審査・来店不要などメリットのほうがあるように思えますが、このような資金調達にはもちろんデメリットもございます。

それではクレジットカード現金化のメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

現金化のメリット

必要な時に必要なだけすぐにお金を準備することが出来ると言う事です。

基本的に現金化業者を利用すれば誰でもすぐに現金化が可能になりますし、ショッピング枠の限度額までであれば利用可能になる点もメリットです。

普段クレジットカードを利用していない人の場合でもカードを持っていれば現金化は可能ですし、カードローンのような審査もありません。

さらにショッピング枠を利用する場合には貸金業法の総量規制の対象とはならないため、カードローンなどで総量規制がかかっている人でも問題なくショッピング枠の現金化に関しては利用することが出来ます。

これがキャッシング枠の場合は総量規制の対象となるのですが、ショッピング枠に関しては貸金業法下での管理ではないので総量規制の対象とならないわけです。

デメリット

現金化のデメリット

ショッピング枠は買い物の支払いにのみ使用できる枠ですので、現金化を行うと言う使い方は本来の目的とは逸脱した使い方となります。

現在ショッピング枠の現金化に関する法律は無く、現金化を利用してもそれは違法とはなりませんし、仮に現金化がばれた場合でも法律による罰則はありません。

しかしカード会社の利用規約の違反には相当する利用方法となるため、法律的な罰則は無くてもカード会社からのペナルティの対象となるのは間違いありません。

ペナルティとして科せられる罰則は、カードの利用停止という非常に重い罰則となりますので、その点はばれた場合には覚悟しておく必要があります。

基本的にどのクレジットカードの場合でも、カードの契約をする際に利用規約の中に現金化に関する決まりが記載されてあり、現金化に対しては厳しく取り締まることが決められています。

これは現金化が本来の使用目的ではないことと、貸金業に限りなく近いのに法律の穴を突いた利用方法として問題となりつつあるためで、カード会社は日頃から現金化に関しての取り締まりを強化してきています。

その為現金化を安易な気持ちで行った場合、大きなデメリットが生じることもありますし、ばれた際には更なる問題が起きることもあります。

それと業者を利用した現金化には必ず手数料というものが発生し、その手数料は通常のカードローンなどとは比較にならないほど高い手数料を支払わなければいけない場合もあります。

そのため現金化を行っても全額現金になって帰ってくるわけではないことを理解しておかなければいけません。

手数料は20~30%程度が多いですので、大幅に手数料が差し引かれることになります。

現金化はあくまでも自己責任で

利用は自己責任で

クレジットカードのショッピング枠現金化にはメリットもありますがそれを上回るデメリットも存在しています。

その為利用する場合にはあくまでも自己責任で利用する必要がありますし、それによって生じたトラブルなどは自分自身で解決する必要もあります。

基本的には正規のクレジットカードの使い方ではありませんのでそれなりのリスクが付いて回るのは当然と言えます。

一時的に現金を手にしてもその後の返済が滞れば、やはりトラブルになることが考えられますので、安易にクレジットカードのショッピング枠現金化を利用するのではなく、自分自身で責任が取れる人だけが利用する方が良いでしょう。

もしカード会社にばれた場合にはカード利用停止とその後のクレジットカードの利用は一切できなくなることも頭に入れておく必要があるでしょう。

便利な陰にはそれ相応のリスクを背負う覚悟がいると言う事をしっかりと理解しましょう。