0年 0月 の投稿一覧

楽天ポイントで現金化とは?

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

楽天やamazonなど最近ではネットでショッピングをすることができるようになり、とても手軽に欲しいものを手に入れることができました。ネットでの利点は、その手軽さに加えて、ポイントをもらえることができるので、さらにお得です。

楽天ポイントとは

 楽天ポイントとは、楽天市場での買い物や、楽天と提携しているお店でクレジットカードを利用したときに、貯まるポイントのことです。ネットショッピングだと、ネット上での利用でしかポイントは貯めることはできませんが、楽天だと街中でもポイントを貯めるチャンスというのが沢山あるので、非常に利用価値が高いです。
 また、楽天は定期的にポイント増量キャンペーンを行なっており、通常1%前後のポイント還元率であっても、そうしたキャンペーンを活用することで、普段の10倍ものポイントをもらうことができます。そのため、ネットで買い物をするのであれば、amazonやyahooショッピングよりも、楽天の方がポイント還元率という点では、お得と言えるでしょう。
 また、楽天が発行しているクレジットカードを利用することでさらにポイント還元率を上げることができます。
 もし、街中やネットでの買い物をする機会が多いという人は、楽天カードを利用することをお勧めします。
 楽天ポイントが貯まりやすいのはとても嬉しいことですが、一方で欠点としては利用期限が短いということです。そのため、せっかくポイントが沢山もらえたとしても、気づかないうちに使えなくなっているということがあるのです。

楽天ポイントを現金化するには

 楽天ポイントというのは、楽天市場での買い物時に現金の代わりとして、利用することができますが、現金にする方法もあることは知っていますでしょうか? 現金化の方法について、簡単に説明していきましょう。

現金化の方法としては

 1:ギフトカードに交換する
 2:楽天Edyへポイント交換
 
の2つがあります。ではそれぞれの方法について見ていきましょう。

 1の場合は、楽天サイトでJCBギフトカードを購入して、金券ショップでその金券を売るという方法です。この方法での現金化ですと、ショップにもよりますが、95%の換金率で現金を手に入れることができます。
 効果的なやり方ととしては、楽天市場で換金性の高い商品を購入し、ポイントを貯めつつも、その購入した商品を換金ショップで売ることで、かなりの現金を手に入れることができます。
 
 2の場合は、楽天Edyへポイント交換した後に、高換金な商品を購入して、売るという方法です。ポイントを交換するときは、手数料がかかりませんし、交換後は電子マネーとして、利用できるので、利用幅が広くなります。

まとめ

・楽天カードを使えば、街中やネットなどいろいろな場所でポイントを貯めることができるので使い勝手が良いだけでなく、お得です。
・楽天市場の利用で、ポイント還元率はかなり高くなります。
・楽天ポイントでの現金化は、2つの方法できます。

以上が楽天ポイントでの現金化方法についてでした。 

エンポスレスカードって何? 所持しているカードの種類について知ろう!

皆さんは普段利用しているカードがどのような種類であるか理解している上で使ってはいるでしょうか? 実はクレジットカードと一言で言っても、その特色や目的というの点で大きく異なります。クレジットカードの現金化には直接影響は及ぼしませんが、そうした知識を知っておくと、よりカードに対する理解が深まるのではないでしょうか。

国際ブランドと発行会社

 まずは国際ブランドは別名“アクワイアラー”と呼ばれており、JCB・MasterCard・VISA・ダイナーズクラブ・アメリカンエクスプレスがあります。
 他にもクレジットカードを発行しているところはありますが、国際的に利用ができるブランドとしては、この5つが主流となります。
 その中でも、VISAというのは、他の国際ブランドと比較しても圧倒的に利用者が多いことで知られており、シェア率は45%ほどであるそうです。
 また、日本発の国際ブランドとしてはJCBがあり、少しずつですが、利用価値が高まりつつあります。
 国際ブランドとしての主な役割というのは、世界中での決済機能を提供し、利便性を高めたり、消費者の動向を調査して、より良いサービスを開発することです。そのため、自社でのカード発行を行っているところは少なく、提携しているカード発行会社にカード提供は委託しております。
 
 次に発行会社ですが、こちらは“イシュア”と呼ばれており、クレジットカードは発行して、利用者に提供している会社となります。発行会社の種類としては、流通系・銀行系・消費者金融系・信販系・独立系・メーカー系などにわかれており、発行会社の親会社がどのようなビジネスをしているかによって、系統が異なっているようです。
 有名なカード発行会社としては、三井住友クラシックカード・楽天カード・エポスカードなどがあります。
 また、それぞれのカードは必ず、国際ブランドのどれかに加盟しており、日本でしか発行しているないカードであるからと言って、海外で利用できないということはありません。そのため、カードを発行する時は、自分の利用がしやすいものを選ぶようにしましょう。

カードのグレードについて

 同じカード会社発行のクレジットカードであっても、それぞれグレードのよって、年会費やサービスの内容に差があることが度々ありますので、種類別に簡単に見ていきましょう。
 
スタンダード
 利用者が一番多く、学生カードや社会人一年目の人などの若い世代がよく使うカードです。

ゴールド
 年会費が高額ですが、それ相当のサービスなどが受けられ、社会人5年目以降が良く利用するカードです。サービスとしては空港ラウンジを無料利用などがあります。

プラチナ
 ゴールド会員で何年か実績を残すと、所持が可能になります。この種類のカードは、基本的にカード会社からの招待制のため、選ばれた人しかカードの発行をすることができません。

プレミアム
 プラチナと同等レベルのカードで、アメックスやダイナーズなど一部の国際ブランドで採用されているグレードです。サービス内容はプラチナとほぼ同じぐらいです。

ブラック
 クレジットカードとしては最高級のカードで、このタイプのカードには利用制限がないと言われていますが、その利用者は富裕層限定で、取得が困難なカードです。

 エンポレスカードについて聞いたことがない人がほとんどだと思いますが、実はカード所持者なら持っていることが多いカードとなります。
 エンボスとは、カードの番号・有効期限・名前の部分が、凸凹している部分のことをさします。エンボスが導入されている理由としては、カード決済を端末で行うことができない店、特に海外などで利用されることが多いです。決済方法としては、インプリンターという売上転写用の機械を使用することでカード決済を完了します。
 一方で、エンポレスカードというのが最近になって登場し始めました。このカードは凸凹がないカードで、suicaなど表面がツルツルしていることが多いのが特徴です。インプリンターでの決済方法の欠点としては、不正利用の問題がありました。そのため、エンボレスカードを導入することで、端末での決済の普及を進め、セキュリティの向上を目指しています。日本などの先進国では、エンボレスカード決済可能な店舗が多いので、安心してカードを利用することができます。

まとめ

・国際ブランドは主に5社あり、VISAが世界で一番利用されているブランドとなります。
・国際ブランド自体は決済機能を提供しているだけで、カードの発行は提携先の企業が請け負っているのが通常です。
・カードのグレードは4段階あり、それぞれ実績を作っていかなれば、次のカードを発行することはできません。
・エンボレスカードでの決済は、専用の端末を利用しなければならず、セキュリティは高いことが特徴としてあげられます。

以上が所持しているカードの種類についてでした。今回はクレジットカード現金化と直接関係している知識というのはありませんでしたが、たまにはこのような雑学というのも知っておくと面白いかもしれません。9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

現金化で換金率をあげる時のポイント

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

クレジットカード現金化時に最も気になる点としては、やはり換金率がどれだけ高くなるかではないかと思います。今回はちょっとしたテクニックで換金率を上げる方法について紹介していこうと思います。

初めての業者は少額がオススメ

 これまで利用してこなかった現金化業者を利用する時というのは、非常に不安であると思いますので、少額の利用をお勧めします。その方が業者が悪徳だった場合は、損失はすぐに取り戻せますし、逆に優良店だった時は、実績を残すことができます。実績を残すと、業者側を利用者に信頼感を抱いているので、次回利用の際に若干ですが、優遇されることがありますので、少額現金化はおすすめではないかと思います。

還元率アップはリピート利用が鍵

 少額利用のススメの部分で、お話しましたが、同じ業者を何度も利用していると、お得意様ということで、少しずつ待遇がよくなってきます。その待遇の中には、もちろん換金率の上昇も含まれますが、それ以外にも実はメリットというのがあるのです。

 メリットの一つ目としては、一度申し込んでいるため、業者は利用者の現金化に必要な情報についてすでに知っています、それゆえに、再度申し込みをするという手間が省け、時間の節約になります。
 2つ目は、申し込みの時間が短縮されるため、初回よりも現金化を早く手に入れることができます。少額利用で実績を作る方法と組み合わせることで、より効果的な現金化を行うことができます。
 3つ目は高換金率での現金化です。初回の現金化では、その利用者が信頼できるか見極めるために、業者がわざと若干低い換金率を提示してくることがあります。その後、実績を作った利用者に対しては、通常またはやや高めの換金率での現金化をしてくれます。

現金化業者事情とは

 現金化業者で現金化する時というのは、その特殊な雰囲気から、業者が提示した換金率で取引を進めてしまうことがほとんどです。しかし、換金率というのは、業者側が勝手に決めたものなので、交渉次第で少しぐらいなら換金率を上げる余地はあります。
 まず、現金化業者の本音から見ていきましょう。現金化業者に関わらず、企業というのは、できるだけ利益を上げていきたいと考えています。しかし、一般的な企業の場合、あまり価格設定を高くしてしまうと大多数の消費者から嫌われてしまい、結果利益が減ってしまうので、消費者が購入しやすい価格まで抑えているのです。一方で、現金化業界では、利用者というのは別の業界と比較すると、あまり多くはありません。そのため、少し還元率を低く見積もって、利用者に提示しているのです。
 そのため、現金化業者側はある程度余裕をもった状態での換金率となり、常連の利用者には、サービスとして、高還元率の現金化をすることは十分に可能なのです。
 そうした現金化業界の裏事情を理解した上で、業者に換金率を上げる交渉をすれば、たまに成功することもあります。もちろん、中にはそうゆうことを絶対しないという業者もいるので、どうしても無理そうなら別の業者を利用するか、その業者で実績を作った方が良いかもしれません。 

まとめ

・初めての業者は少額利用で、リスク回避と実績作りをしよう。
・還元率はリピート利用で上昇する傾向にあります。
・初回利用時でも、交渉次第で還元率は上げることができます。

以上が現金化で還元率を上げるポイントについてでした。実際の現金化方法については別の記事にて紹介していますので、ぜひ現金化の参考にしてください。