0年 0月 の投稿一覧

ヤフオクでできる現金化

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

クレジットカード現金化というと、カードで商品を購入して、わざわざ換金ショップに売りに行かなければならないため手順が面倒だと思っている人がほとんどであると思います。しかし、実はヤフオクを利用すれば、簡単に現金化できるということをご存知でしょうか?

ヤフオクとは

 ネットが普及していたおかげで今ではネットショッピングなどですぐに欲しいものが手に入るようになりました。オークションもその一つです。
 ヤフオクとはヤフーオークションの略で、Yahoo!JAPANが提供する日本最大のインターネットオークションサービスです。
 取り扱っているものは主に中古品で、他人が出品した品物に対して、欲しい金額を提示して、一番高い金額を出した人がその品物を購入できる権利を得ることができます。逆に自分の持ち物を売りたいときは、出品することもできます。また、対象年齢は満15歳以上なので、高校生以上であれば参加可能です。

ヤフオクの使い方

 次にヤフオクの使い方について紹介していきましょう。

 ヤフオク利用の簡単な流れから見ていくと
      入札・出品時必要な準備
   ・Yahoo!JAPAN ID
   ・Yahoo!プレミアムの登録(月額498円税込)
   ・Yahoo! ウォレットへの登録(出品のみ)

      入札の流れ
 1:ヤフオクのマイページにログイン
 2:購入したい商品ページで、「入札する」ボタンを押す
  *即決価格が表示されているときは、値下げ交渉が可能
 3:購入したい金額の上限(最高入札額)を入力する
 4:「確認する」ボタンを押し、入札内容を確認する
 5:「ガイドラインに同意して、入札する」ボタンを押す
 6:入札完了

入札受付期間中に、あなたの入札提示額が最大であれば、商品を購入することが可能ですが、他の人の入札額が大きい場合には、それ以上の入札額で入札することで、再度入札の権利を得ることができます。

      出品の流れ
 1:ヤフオクのマイページにログイン
 2:「ステップ1カテゴリ選択」で、出品する品物のタイプを選択する
 3:出品についての注意事項を読み、「続ける」ボタンを押す
 4:商品に関する情報(画像・商品説明・配送方法)を入力する
 5:「確認画面」で入力内容を確認する
 6「利用規約とガイドラインに同意して出品する」ボタンを押す
 7:出品した品物が入札されるのを待つ

出品するときに注意してほしいのが、出品するときには、Yahoo!プレミアムの登録が必要なため、月額料金がかかってしまうということです。

ヤフオクで現金化の仕方

 ヤフオクで現金化ができるということを知っていましたか?この方法での現金化はあまり知られていない裏技のようなものです。現金化の手順はいくつか踏まなければならないため、多少は面倒ですが、それでもやってみる価値はあるかと思います。
 
 ヤフオク現金化では出品用と入札用のアカウントが2つとYahoo! ウォレットへの登録(クレジットカード決済)が必要となります。
  現金化までの簡単な流れについて説明しておくと、入札用のIDで品物を出品し、もう一つのIDでそれを即時落札し、かんたん決済機能(クレジット)を利用するという方法です。
 
 この方法を使えば、通常の現金化で必要な換金しにいく手間を省くことができますので、よりスピーディな現金化を可能にしてくれます。

ヤフオク現金化のメリット・デメリット

 ヤフオク現金化のメリットとしては、やはり現金化するまでのスピードの速さでしょうか。ヤフオクで入札と出品をしているとしても、実際に品物を運ぶ必要はなく、配送料などは全くかかりません。
 しかし、デメリットとしては、アカウント作成時の審査難易度・頻繁に利用できない・ばれたときのリスクの大きさなどがあります。
 まず、新規でアカウントを作成するときには yahooからの審査を突破する必要があるのですが、最近ではその審査の難易度が上昇しているそうです。実際に、この方法で現金化をしようとした人の中でも、審査落ちしてしまったという方が少なからずいました。
 次に、審査が通ったからといって、頻繁な利用は避けた方が良いです。なぜなら、毎回同じアカウント同士で、入札・出品を繰り返していたら、周りからすると怪しすぎますよね。そのため、ばれないように普通のオークションにも参加しつつ、たまに現金化に利用するというのが良いのではないでしょうか?
 最後に、もしばれてしまったら、それ相応のペナルティを受けなければなりません。アカウントの削除・カード停止・訴訟など様々なリスクが考えられます。そのため、長期的には現金化利用には向かないといって良いでしょう。

まとめ

・ヤフオクで現金化にはアカウント取得など、いくつかの手順を踏む必要があります。
・最近の傾向からすると、アカウントの審査難易度が上がってきています。
・現金化に使えたとしても、1、2回が限度です。
・ばれた時のリスクは非常に高いので、頻繁な利用は避けた方が無難でしょう。

以上がヤフオクでの現金化方法についてでした。ヤフオク以外にも、業者を使わない現金化方法はいくつかあるので、ぜひ別の記事も参考にしてみてください。

クレジットカード現金化を考えた時のデメリット

dfeb5966c01f1ee6823e2c6543a9b6fa_s

お金がないときに便利な現金化ですが、使い続けることで何か悪影響などはないのでしょうか? 今回は現金化の負の側面であるデメリットについてりか逸していきましょう。

カード現金化を理解しよう

 まずはクレジットカードを使ったショッピング枠の現金化について理解を深めていきましょう。
 現金を得るときには、銀行などで融資を申し込むことが一般的です。しかし、この方法だと少額の利用や手軽さに利用できないなどのデメリットがありました。そこで現れたのが、クレジットカード現金化です。これは、ショッピング枠を有効活用することによって、利用枠の範囲内で現金を即座に手に入れることができるテクニックとなります。
 手段としては、個人ではカードで購入して換金する方法と業者の商品にキャッシュバックを付与する方法があります。

現金化のデメリットとは

 現金化にはバレにくくなる・即金性が高いなどのメリットはありますが、ここではデメリットについて見ていきましょう。

 まず、少額利用だと還元率はそれほど高くはならないという点です。現金化にはどのような金額でも一定額の手数料というのがかかります。それに加えて、業者の利益分が上乗せさせる仕組みです。そのため、現金化の金額が少ないと、業者側も、還元率を低く抑えざるを得ません。結果、換金率が金額によって変わってくるという状況が発生してしまうのです。
 次に、現金化がバレたらカード停止のリスクがあります。現金化というのは法律による規制というのはありませんが、カード会社の利用規約では禁止行為とされています。そのため、カード会社が現金化目的での利用者を見つけると、カードの利用停止などの措置を取ることがあります。一度でも利用停止になると、クレジット信用度も傷つきますので気をつけなければなりません。

 最後に悪徳業者の存在です。どの業界にも悪徳業者というのがおり、現金化業界もその例外ではありません。それゆえに、現金化業者を利用するときには、個人情報の抜き取りや不当に低い還元率などの悪質な手口に引っかからないようにしなければなりません。

借金と多重債務者

 借金をすると多重債務者になる可能性が少し大きくなります。借入額をきちんと返済することができれば、その可能性はゼロになりますが、返済できずにズルズルと借り続けているとそのうち自身の返済能力を超えた借金が残ることになります。そうなってしまった後では、並大抵の努力では借金を返していくことはできません。多くの多重債務者は自己破産の道へと進むことができなくなってしまうのです。また、自己破産ではギャンブルなどの消費による借金額は帳消しにすることはできないため、破産後も借金は返済し続けなければなりません。

まとめ

・現金化にはメリットはあるが、しっかりとデメリットについても目を向けることが必要です。
・借金は自己返済能力を超えてしまう前に、計画的に返済をするようにしましょう。

以上がクレジットカード現金化のデメリットについてでした。自己破産になってしまうと、様々な制限が課せられる上に、借金が残ってしまうので、そうなってしまわないように気をつけましょう。

現金化って何が問題なの?

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

クレジットカードの現金化というのはお金がない時には非常に便利なものです。しかし、カード会社は利用者が現金化を使いすぎないように、注意を向けていたり、時にはカード停止の処置をとったりしています。現金化には何か問題があるのでしょうか?

クレジットカード現金化の概要

 現金化の問題点について解説していく前に、カード現金化とは何かについて見ていきましょう。
 クレジットカードカード現金化とは、ショッピング枠を活用して現金を取得するテクニックの一つです。現金化の条件としては、ショッピング枠に余裕があることと、商品を換金するための時間と手間をかけることです。
 方法として個人と業者の2つに大きく分けられます。
 メリットとしてはキャッシングよりも多くの現金を手に入れることができ、かつカードローンや消費者金融機関での審査や手続きが要らないということです。

利用者側の問題

 現金化について復習がすんだところで、現金化の問題点について見ていきましょう。現金化を利用することによる利用者の問題点としては、違法性・多重債務・犯罪に巻き込まれるという3つがあります。

現金化の違法性

 現金化での問題の一つとして、違法性がよく取り上げられます。現状、利用者で逮捕されたり、警察に検挙されたというケースは見当たりません。現金化から考えられる違反や問題点について見ていきましょう。 

 問題点1:横領・詐欺行為
 クレジットカードで購入したものというのは、支払いが完了するまでは、所有権は自分ではなく、カード会社にあります。カード会社は全額の返済が終わるまで、利用者にその商品を貸しているということになります。そのため、換金目的での商品購入はその所有権を侵害することとなり、転売行為は「横領罪」になる可能性があります。

 問題点2:自己破産で免責不許可事由となる
 借金が返済できなくなってしまった時の救済措置として知られている自己破産ですが、これにはある条件があります。それは借金がギャンブルなど個人消費目的で行われたものではないという条件で、これに現金化も当てはまります。そのため、もしカード現金化がばれてしまうと自己破産の際にとても不利になってしまうことがあるのです。

 問題点3:カード規約違反
 クレジットカード会社のカード規約には換金目的での利用は禁止とする文言が書かれています。現金目的の利用には、キャッシングという機能がついていることから、ショッピング枠を利用すべきではないというのがカード会社の考えです。

多重債務者の可能性

 クレジットカード現金化を利用している人、全員ではありませんが、多重債務者というのが少なからず存在しています。そのような債務者は、借金をショッピング枠の現金化で得た現金から返済したり、ヤミ金などを利用したりしています。多重債務となってしまっては、借金を完済することはかなり困難になってしまいます。そのため、借金が膨らみすぎて返済不可能となる前に、計画的に資産運用をすることが重要となります。

犯罪に巻き込まれる可能性

 現金化を行う上で、多くの人が業者に申し込むと思いますが、利用には注意が必要です。なぜなら、現金化業界は資格要らずで、簡単に参入することができるからです。それゆえに、利用者を騙して一儲けしてやろうとする悪質な業者や現金化業者に扮したヤミ金というのが現れてきます。
 そうした業者で現金化の取引を行ってしまうと、不利な契約を結ばされて、現金だけでなく、個人情報なども抜き取られ、悪用されてしまう可能性が高くなります。

現金化業者側の問題

 利用者側の問題点や利用上のリスクというのがわかったところで、業者について見ていきましょう。
 現金化業者は一部ニュースで摘発されたというようなことからわかると思いますが、違法性が一番の問題となっています。
 現金化業者は通常の現金化の範囲で事業を行なっていれば、違法性を指摘されることはなく、警察にマークされるということはありません。しかし、業者の中には、現金化業界の情報が広く普及されていないことと利用者の立場が弱いことをいいことに、あり得ないほどの還元率を要求してくることがあります。これらの行為はまさにヤミ金といっても過言ではなく、そうした業者が逮捕されるという結果に至っているのです。

まとめ

・利用者が現金化を利用する上で、事前にリスクについて理解しておく必要があります。
・現金化業者の違法性が疑われている理由は、ヤミ金まがいの行為によるものです。

以上が、現金化って何が問題なの?についてでした。現金化というのはうまく使えば、とても便利ですが、一歩間違えるととんでもないことになるので気をつけて利用しましょう。

クレジットカード現金化と紹介屋の関係とは

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

仕事や就職などの人生の重要な局面を決める場面で、知り合いのアドバイスや助け舟のおかげでなんとかなったという人がいるかもしれません。優良企業を紹介してもらったり、仕事の発注をコネでもらったりなど様々であると思います。しかし、現金化業界における紹介とはそのようなプラスの側面は全くありません。

現金化での紹介屋って何?

 現金化業者の中には、利用者の申し込みに対して、他の業者を紹介して、その仲介手数料を請求する業者がおり、それらのことを紹介屋と言います。紹介屋は、現金化業者を装い、利用者を集めて、ヤミ金に流すという悪徳な行為をすることで利益を稼いでいます。紹介屋の手口としては、まず高還元率な現金化で利用者を釣り、申し込みをさせます。その後、「利用者のクレジットカードは対応していないから、別の業者を紹介します」という風に、利用者に持ちかけて、ヤミ金を紹介します。利用者はお金に困っている状況の中で、別の業者に変更するような時間もないため、渋々その紹介された業者を利用するしか道が残されてはいないのです。
 紹介屋からは仲介料とは思えないような報酬を請求され、闇金からは法外な金利でお金を巻き上げられてしまい、利用者の手元にはほとんどお金が残りません。
 また仮に返済がなんとかできたとしても、無理やり貸して利子を取ろうとしてきたり、脅してきたりなどの被害が予想されます。
 「別の業者を紹介する」や「このクレジットカードは使えない」という言葉が聞こえてきたら、ほぼヤミ金とグルであるので即座に断ることが重要となります。

紹介屋がよく行う手口とは

 クレジットカードが使えないという紹介屋の常套手段は今や利用者の間で広まりつつあるので、次第に騙されてしまう人というのが減少してきました。そこで、紹介屋は新たな手口で利用者を獲得しようと試みています。

保証金詐欺

 利用者に対して、「融資をしたいが、ブラックリストに載っているので難しい。もし、保証金を振り込んでくれれば、リストから外すことができる」と言い、利用者からお金を取ろうとしてきます。通常、貸金業者は審査基準の判断のため、個人の信用情報というのを参照することはできますが、改変をすることはできません。信用情報というからには他者によって簡単に変更できてしまっては、情報に信用性がなくなってしまいます。それに信用情報を上げることができるほどの金銭があるのであれば、ブラックリストに登録されることもありません。
 冷静に考えてみれば、紹介屋の文言はおかしいと判断することが容易ですが、お金に困って切羽詰まっている状況に置かれている人にとってはそのような判断も困難になっていることがほどんです。お金が欲しい一心で、業者の言いなりになり、騙されてしまうということを少なくはありません。
 また、信用情報の書き換えではなく、確実に審査に通る業者の仲介手数料を取ろうとする手口もあります。利用者の弱い立場を利用し、必要以上に不安を煽ることで、利用者の判断を鈍らせようとする悪徳な手段ですね。
 ここで覚えておきたいのが、クレジットカード現金化業者に、カードのシステムや信用情報を操作する権限はなく、可能なことと言えば、クレジットカードの決済だけです。それゆえに、決済以外の部分で、優位に進めようとしてくる業者は悪徳ですので気をつけなければなりません。

紹介屋の危険性

 紹介屋は保証金詐欺や紹介詐欺を通して、手数料だけでなく個人情報も盗み出そうとしています。実は、目に見える手数料ではなく、情報を取られる方のが、後々厄介なことになります。なぜなら、紹介屋というのはヤミ金や他の悪徳業者と繋がっており、個人情報など利用者の情報を共有していることがほとんどです。そのため、紹介屋に個人情報が知られてしまうと、後日知らない業者から電話がかかってきたり、カードを勝手に利用されてしまったりと様々な被害が考えられます。

まとめ

・現金化業界で注意するべき業者の1つとして、紹介屋がいます。
・紹介屋はヤミ金とつながっていることがほとんどで、あらゆる手口で利用者からお金と情報を巻き上げようとします。

以上がクレジットカード現金化と紹介屋の関係についてでした。紹介屋などの悪徳な業者というのは、現金化業界に一定数いるので、利用の際は慎重に現金化するようにしましょう。