e2e757ad357810c5da81016592bd6580_s

キャッシンやカードローンの利用者というのはこれまで大多数が男性でした。そのため、女性がお金に困っても、周りに同性の利用者がいないので相談することもできずにいることがほとんどでした。しかし、時代は変わり、女性の利用者も少なからず増えてきてはいます。

キャッシングを利用している人の割合

 日本全体で消費者金融のキャッシングを利用し位てる人は1455万人おり、約7人に1人の割合となります。周りにも意外とキャッシングを利用している人はいるのは驚きですね。
 また、男女比率で言うと7:3で男性の方が多いようで、年齢層は20代の若い層ほど利用率が高く、年齢とともに、減少しています。まだまだ女性のキャッシング利用者は少ないですが、過去と比べるとかなり女性の割合が高くなってきました。
 その理由の一つとして、女性の社会進出です。キャッシングというのは、一定の収入を証明することができないと、審査すら受けることができませんでした。そのため、消費者金融を利用する資格を持っているのは男性しかおらず、女性は家計が苦しくなったら、男性に頼るしかありませんでした。
 しかし、最近では、女性が仕事をすることが当たり前となっており、女性の就職率の上昇に伴い、キャッシングの利用者も増加してきているといった流れとなっています。

女性がキャッシングを利用しやすい環境とは

 女性がキャッシングを利用する割合が増えてきている理由としては、他にも3つほどあります。
 第一に、女性の利用率の上昇を受けて、消費者金融を女性向けのプランや女性が利用しやすい環境というのを整えてきているからです。消費者金融というと、スタッフが男性しおらず、女性が相談しづらいというのが、これまでの消費者金融でした。しかし、現在ではどの機関であっても、女性スタッフが在中しています。加えて、女性専用のプランを申し込めば、対応するスタッフは確実に女性となります。
 第二にネットで申し込みをしやすくなったことです。これまで消費者金融で融資の申し込みをするには、店舗に行かなければなりませんでした。そのため、店舗に行くとなると、街中にある目立つ消費者金融の看板の下を通らなければならず、知り合いにバレてしまう可能性もありました。お金に困っている姿というのは誰しも見られたくないものです。このような心理的な負担から、利用を控える女性もいましたが、現在では家のネットで気軽に申し込むことができるので安心して利用することができます。
 第三に、場所を選ばずに借りることができるようになったということです。以前は、店舗でも無人契約機など人を通さずに借りることは可能でした。しかし、それらの無人契約機は駅前などの比較的に目立つ場所にあるため、利用している側としては、店舗に直接行くのと変わらないストレスを感じていました。現在では、コンビニのATMでひっそりと借りることができるようになってので、そうした借りる抵抗やストレスというのがなくなったのは非常に良いことですね。

キャッシングが女性から好かれない理由

 女性にとって、お金を借りやすい条件や環境というものが整ってきたにも関わらず、近年の女性の利用割合というのは伸び悩んできております。
 その原因としては、やはりキャッシングはお金に困っているから利用するというネガティブなイメージが根強く残っているからではないでしょうか? 女性のキャッシング利用が増えてといっても、ここ10年ほどで、それ以前はお金がないなりになんとかできていました。そのため、女性にとって、お金を借りるという行為は、現在においてもハードルが高いものには変わりはないのです。

キャッシングよりも手軽にできる方法

 キャッシングに抵抗はあってもショッピングが嫌いという女性は少ないでしょう。買い物は大好きという人は、クレジットカード現金化という方法が最適かもしれません。これは、カードのショッピング枠を利用して行う現金を得る方法の一つで、買い物をする感覚でとても手軽にすることができます。申し込みも、どこかの店舗に行くことなくできますし、審査などの面倒な手続きもいりません。それに加えて、カード現金化というのは即日でできることが多いので、お金が必要というニーズに即座に対応することができます。

まとめ

・キャッシングの利用者はこれまでは男性が多かったが、最近では女性の割合も増えてきている
・消費者金融も女性が利用しやすい環境というのも整えているので、とても便利になりました。
・キャッシングの利便性とは裏腹に、お金を借りるというイメージから利用を控える女性も少なくはありません。
・クレジットカード現金化は買い物感覚で利用することができます。

以上女性は意外とキャッシングを嫌がる理由と現金化についてでした。現金化は手軽に利用であるがゆえに、少し使いすぎてしまうこともあるので利用する際には気をつけましょう。