クレジットカード現金化の方法は?

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

クレジットカードさえあれば面倒な審査も申し込みも必要なく、確実に現金を手にできるのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で買い物したものを買い取ってもらうことで現金を手にします。

よって、基本的には商品購入から転売までを個人ですることができますが、現在は業者を利用する方が多くなってきました。

では、実際のところ、どちらの方法を選んだ方がお得なのでしょう?

その判断をするためにも、今回は個人と業者、それぞれのクレジットカード現金化方法のメリット・デメリットを説明していきましょう。

1.個人でやる現金化のメリット・デメリット

個人でやる現金化の最大のメリットは換金率を最大限高くすることができる点です。

業者を通した場合、業者の利益や手数料が発生するので、90%を超えるような換金率が高い商品でも80%くらいにしかなりません。

しかし、高く買い取ってくれる専門ショップに売却すれば、購入価格に近い現金を手にできる可能性もあります。

商品選択や売却先選択など、専門性の高い知識は必要になりますが、これをクリアできれば換金率を最大限高くするのも夢ではありません。

また現金化を利用する際は、クレジットカード現金化がカード会社の利用規約違反となります。

これは重要なことですから、シッカリと理解しておきましょう。

カード会社にバレれば利用停止となり、最悪の場合は強制退会、および利用額の一括返済が求められます。

この点においてカード会社にバレやすいのが、個人で現金化する最大のデメリットです。

カード会社はクレジットカード現金化を減らすため、常にカード利用者の購入状況をシステムを使って監視しています。

ですから、

・換金率の高い商品購入

・換金性の高い商品の継続購入

などの行為があればクレジットカード現金化をしていると判断して利用停止とし、その後も購入状況が変わらなければ強制退会となります。

個人で現金化する場合、上記のようなクレジットカード現金化していると考えられる購入傾向が強くなるためバレる可能性が高いのです。

2.業者でやる現金化のメリット・デメリット

カード会社にバレやすい個人の現金化に対して、カード会社にバレにくいのが業者でやる現金化の特徴でしょう。

業者はカード決済を毎月の決済額が大きい決済代行会社に依頼しているので、クレジットカード現金化とバレにくいのです。

カード会社も毎月何千万、数千件ものカード決済の中で、クレジットカード現金化だけを見分けることは困難というわけです。

よって、個人でやるよりも確実に秘匿性が高くなります。

カード会社にバレれば大変なリスクを負うことになるので、これは業者でやる現金化の最大のメリットと言えるでしょう。

しかしその反面、業者の現金化は換金率が低くなるというデメリットがあります。

クレジットカード現金化で一番期待するのが換金率ですから、これはデメリットとしか言いようがありませんよね。

業者のホームページでは90%以上の換金率を謳っているところが多くありますが、実際のところは手数料等がかかり、いいところで80パーセントくらい、悪ければ70%を切ることも少なくありません。

実際に90%を超える高い換金率の業者もいるようですが、それはほんのひと握りです。

そんな業者に当たることはまずないと考えておいた方がいいでしょう。

クレジットカード現金化の方法を選ぶ際は、危険を冒して高い換金率を狙うか、安全策を取って低い換金率で我慢するかが、どちらの方法選ぶかの判断基準となってくるでしょう。

双方のメリット・デメリットをジックリ検討した上で、現金化方法を選ぶようにしてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*