急な出費が・・・そんな時はショッピング枠を現金化!

a9ed4a05b0da6fcf020ab66bafacdc0f_s

当日に現金を作る方法

当日に現金を作る方法

急にお金が必要になると言うことは誰にでもあり得ることで、そんな時にはどうやってお金を作ろうか必ず悩むことになります。

通常であれば貯金を使用するとか知人にお金を借りる、もしくは消費者金融を利用してお金の借り入れをするということが一般的ですが、貯金を切り崩すのは何となく嫌だし、知人にお金を借りるのもトラブルの原因となる可能性もあるので避けたいと考える人がほとんどでしょう。

となると消費者金融などのカードローンが最も確実ですし、最近では即日融資のカードローンも増えていているので利便性のことを考えてもこの方法がベストな選択だといえます。

しかしカードローンの場合、審査という問題が残っており、もし審査を通過できない場合にはお金を当日に準備すると言うことが出来なくなってしまいます。

ではこれ以外に当日現金を作るほうほうがあるのかといえば、近年話題となっている方法が一つだけあり、それがクレジットカードのショッピング枠現金化という方法になります。

この方法はクレジットカードを所有している人であれば審査などの必要もなく使用できますのでカードローンのような心配もない現金を作る方法として注目を集めています。

ショッピング枠現金化とは何か?

ショッピング枠現金化とは

クレジットカードのショッピング枠現金化とは一体何かというと、通常クレジットカードを利用する場合には何か商品を購入し、その代金を現金ではなくクレジットカードを使用して支払うことになります。

この支払いに使用するのがショッピング枠と呼ばれる枠となり、その枠を買い物の支払いではなく現金に替えると言う方法が、クレジットカードショッピング枠の現金化という方法となります。

クレジットカードにはショッピング枠以外に現金を引き出すことが出来るキャッシング枠という枠が付帯しているものが多く、通常であればこのキャッシング枠を使用してお金を借りればいいのではないか?と考える人も多いと思います。

確かに無理にショッピング枠を現金化しなくてもキャッシング枠があるのであればそれを使用する方が圧倒的に便利で早く現金を用意できると思いますが、このキャッシング枠の利用に関しては利用することでの大きなデメリットがあります。

まずクレジットカードのキャッシング枠を利用した場合、借りたお金は翌月一括で返済する必要があり、5万円借りれば5万円と利息の支払いが翌月必ずやってくるわけです。

しかもショッピング枠と比べてキャッシング枠の利息は高く設定されているため、返済時の利息の支払いもショッピング枠と比べた場合多くなってしまいます。

その為キャッシング枠の利用に関してはすぐ利用出来るけれど翌月返済という問題があり、なかなか多額の利用が行い難いわけです。

ではショッピング枠の現金化の場合はどうなのかというと、基本的にショッピング枠の場合、支払方法がたくさんあるため現金化を行った場合には一括だけでなく分割やボーナス払いといった返済方法が選べることになります。

しかも途中で返済方法の変更なども出来ますのでライフスタイルに合わせた返済などが自由に選択できることになります。要するにショッピング枠の現金化は非常に利便性の高い現金を作る方法だと言えます。

現金化サービスの種類を知ろう

クレジットカード現金化の種類

ショッピング枠の現金化サービスにも種類があり、基本的には現金化業者を利用した方法が主流となっています。

業者を利用した場合の現金化には「商品買取り型」と言う方法と「キャッシュバック型」という方法があり、どちらのばあいでもクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を作ることが出来ます。

商品買取型ケース1

商品買取型ケース1

まず商品買取り型という方法は、現金化業者が指定している買取可能な商品をクレジットカードで購入してそれを業者に売却することで売却益を得る方法です。

この場合に利用される商品は新幹線の回数券や換金率の高いブランド品と言ったものが多く、それをクレジットカードで購入して業者に持ち込めばその時点で買取が行われ買い取り額に応じた現金が支払われることになります。

商品買取型ケース2

商品買取型ケース2
この商品買取り型にはもう一つ種類があり、業者自体が商品を販売しており、その商品を購入しすぐ業者にそれを買い取ってもらうことで現金を作る方法です。

この場合、商品を購入しに行く手間も省けますし、クレジットカードのショッピング枠を使用して商品を購入したと言う事実だけがその場で作られますので、実際には商品を購入しなくてもショッピング枠を現金化することが出来るわけです。

この場合業者と利用者の間で商品を購入してクレジットカードを利用したという事実さえあればOKなわけですから、非常に簡単に現金を作ることが出来ます。

キャッシュバック型

キャッシュバック型の現金化

次にキャッシュバック型の現金化ですが、この方法は買取り型とは違い実際に商品を購入してその商品に対して業者側がキャッシュバックを行ったと言う形で現金を還付してくれる方法となります。

こちらの場合も結果的にはクレジットカードを利用して商品購入を行ったという事実が存在しており、それに対してキャッシュバックを行っているだけですので今のところ法律的には違法とはなりません。

基本的には買取り型の場合もキャッシュバック型の場合も確実に現金を用意することが出来ますので、利便性に関してはどちらの場合もあまり変わら無いでしょう。
それともう一つショッピング枠を利用した現金化の方法があり、それが自分で行う現金化という方法です。

この方法は現金化サービスではなく自分自身の手で現金化を行う事になるので、多少手間がかかる方法となります。

やり方としては業者を利用した買取り型に似ており、自分で換金率の高い商品をクレジットカードで購入して、それを買取りをしてくれる買取店に売ることで売却益として現金を得る方法となります。

この方法の場合は自分で換金率の高い商品を調べる必要性や、それを買いに行く手間、そして売却するお店を探し売りに行く必要もあるので、時間と労力が必ず発生するので現金化の方法としてはあまりおススメ出来ないでしょう。

時間や労力を考えた場合にはやはり業者を利用した現金化サービスのほうが圧倒的に利便性が高く便利です。

現金化を行う事のメリット、デメリット

クレジットカード現金化には無審査・来店不要などメリットのほうがあるように思えますが、このような資金調達にはもちろんデメリットもございます。

それではクレジットカード現金化のメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

現金化のメリット

必要な時に必要なだけすぐにお金を準備することが出来ると言う事です。

基本的に現金化業者を利用すれば誰でもすぐに現金化が可能になりますし、ショッピング枠の限度額までであれば利用可能になる点もメリットです。

普段クレジットカードを利用していない人の場合でもカードを持っていれば現金化は可能ですし、カードローンのような審査もありません。

さらにショッピング枠を利用する場合には貸金業法の総量規制の対象とはならないため、カードローンなどで総量規制がかかっている人でも問題なくショッピング枠の現金化に関しては利用することが出来ます。

これがキャッシング枠の場合は総量規制の対象となるのですが、ショッピング枠に関しては貸金業法下での管理ではないので総量規制の対象とならないわけです。

デメリット

現金化のデメリット

ショッピング枠は買い物の支払いにのみ使用できる枠ですので、現金化を行うと言う使い方は本来の目的とは逸脱した使い方となります。

現在ショッピング枠の現金化に関する法律は無く、現金化を利用してもそれは違法とはなりませんし、仮に現金化がばれた場合でも法律による罰則はありません。

しかしカード会社の利用規約の違反には相当する利用方法となるため、法律的な罰則は無くてもカード会社からのペナルティの対象となるのは間違いありません。

ペナルティとして科せられる罰則は、カードの利用停止という非常に重い罰則となりますので、その点はばれた場合には覚悟しておく必要があります。

基本的にどのクレジットカードの場合でも、カードの契約をする際に利用規約の中に現金化に関する決まりが記載されてあり、現金化に対しては厳しく取り締まることが決められています。

これは現金化が本来の使用目的ではないことと、貸金業に限りなく近いのに法律の穴を突いた利用方法として問題となりつつあるためで、カード会社は日頃から現金化に関しての取り締まりを強化してきています。

その為現金化を安易な気持ちで行った場合、大きなデメリットが生じることもありますし、ばれた際には更なる問題が起きることもあります。

それと業者を利用した現金化には必ず手数料というものが発生し、その手数料は通常のカードローンなどとは比較にならないほど高い手数料を支払わなければいけない場合もあります。

そのため現金化を行っても全額現金になって帰ってくるわけではないことを理解しておかなければいけません。

手数料は20~30%程度が多いですので、大幅に手数料が差し引かれることになります。

現金化はあくまでも自己責任で

利用は自己責任で

クレジットカードのショッピング枠現金化にはメリットもありますがそれを上回るデメリットも存在しています。

その為利用する場合にはあくまでも自己責任で利用する必要がありますし、それによって生じたトラブルなどは自分自身で解決する必要もあります。

基本的には正規のクレジットカードの使い方ではありませんのでそれなりのリスクが付いて回るのは当然と言えます。

一時的に現金を手にしてもその後の返済が滞れば、やはりトラブルになることが考えられますので、安易にクレジットカードのショッピング枠現金化を利用するのではなく、自分自身で責任が取れる人だけが利用する方が良いでしょう。

もしカード会社にばれた場合にはカード利用停止とその後のクレジットカードの利用は一切できなくなることも頭に入れておく必要があるでしょう。

便利な陰にはそれ相応のリスクを背負う覚悟がいると言う事をしっかりと理解しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*