現金化の利用がバレると、全額の支払いを求められる。

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_s

自己破産時に全額支払い
クレジットカードの利用規約 違反
自己破産の定義

手持ちがないから飲み会代金をクレジットカードで支払い、その分の現金を周りから集める。そのような経験をしている人は少なからずいるでしょう。実はそれはクレジットカードの現金化なのです。少額なら対した問題にもなりませんが額が大きくなってくると自己破産など一人では抱えきれない問題となっていきます。今回は現金化がばれたときにどのような被害が予想されるかを紹介していこうと思います。

現金化がばれたときの最初のリスク

   現金化がカード会社に知られたときの最初の警告はカード利用停止です。これはカード利用者が還元率の高い商品の購入を続けていると、現金の化の意図に関わらず、カードが一時的に使えなくなる恐れがあります。もちろん、カード会社にきちんと理由を説明すれば、すぐにカードは利用再開できるので万が一、このような状況になったらとにかくカード会社に連絡をとってみてください。

なぜカード利用停止になるのか

カードが使えなくなる理由は単純です。クレジットカードの利用規約にショッピング枠の現金化を目的とした行為は違反であると書かれているからです。それもそのはず、お金を借りたければキャッシング枠を利用すれば済む話です。もし仮にショッピング枠で現金化をしている人がいればそれはお金に余裕がない人であるとカード会社に判断されても仕方がないと言えるでしょう。しかし、キャッシング枠に余裕があるにも関わらず、カード利用停止となるひともいるのでカード会社側は違反者かどうかを正確には判断仕切れていないのが現状です。

自己破産が適用されない

 次に現金化目的のカード利用が破産宣告をした段階でばれた場合について説明していきます。通常、自己破産をした際に、債務者には借金を帳消しにできる権利を裁判所に求めることができます。しかし、それにはある条件をみたしていることが必要です。

その条件とは“破産法252条1項2号「換金目的でクレジットカードを利用した金券の売買行為」”の範囲外であることです。

この法律は本来、生活のために仕方なく借金をした又は事業に失敗してしまった人たちにもう一度チャンスを与えるものです。そのため、自身の私利私欲のために負債を抱えている人には使って欲しくはないのが裁判所の言い分です。そのため、クレジットカードを現金化するときにはこのような状況になるリスクも考えて置く必要があります。

それゆえにクレジットカードの現金化などを理由とした債務者には自己破産後も負債を返済する義務が生じることになります。

 

まとめ

・カード会社が利用停止をする判断はショッピング枠を利用して還元率の高い商品を購入しているかどうかであり、正当な方法で利用していてもカードを停止されることもある。
・クレジットカードの現金化は規約違反であり、違反した場合はカードの利用停止ないしは自己破産の適用外となる可能性がある。
・自己破産の対象外となった場合は負債は全て支払わなければならない。

以上の点を踏まえて、お金を借りるときは慎重に行いましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*