おもちゃ券の使い方講座

imgp1653

子供を育てるには結構お金がかかります。赤ん坊のときはベビー服や哺乳瓶などのベビー用品を準備する必要があります。また、子供はすぐに成長するので、半年前まで着ることができていたサイズが合わないということが度々あります。加えて、子供はおもちゃへの関心が強いので、誕生日やクリスマスにはプレゼントとしておもちゃをねだってくるでしょう。今回は、子供を持つ家庭に嬉しいおもちゃ券(こども商品券) について紹介していきましょう。

おもちゃ券(こども商品券)とは

 おもちゃ券とは株式会社トイカードが発行している子供に関連する商品や一部のテーマパークで利用できる商品券です。おもちゃ以外にも使用用途があることから、別名こども商品券とも呼ばれています。
 こども券は500円から購入することができ、毎年デザインが異なるので、同じ贈り物であっても、毎回楽しむことができます、
 また、有効期限は5年程で、2016年の10月に発行したものだと2020年12月31日まで利用可能です。

おもちゃ券の使い方

 おもちゃ券は子どもに関連するシーンなら大活躍間違いない金券であると思います。おもちゃ券は主に3つの利用法があります。
 第1に全国の加盟しているおもちゃ店で、利用することができます。おもちゃと一言で言っても、その種類は様々あり、子供ながらにこだわりというものがあります。そのため、知り合いの子供の希望通りのおもちゃをプレゼントしたけど、実際には別のものと勘違いしていたということは度々あります。そんな時に、おもちゃ券をプレゼントすれば、子供が好きなおもちゃを自分で選ぶことができます。
 第2に子供服やベビー服と交換することができます。子供の成長は想像する以上に早く、せっかく買った子供服もあっという間にサイズが合わなくなってしまいます。そのため、親戚の中では親の負担を和らげようと子供服をプレゼントしようとする人もいるかもしれません。しかし、子供服を選んでいるのはその子の親であり、服選びのセンスも親のセンスに左右されます。もし、プレゼントされた子供服が、親のセンスとは合わなかったら、残念ながらその服を使う機会は少ないでしょう。一方で、おもちゃ券なら、子供服も購入することができるので、子供服の代わりに、おもちゃ券を贈るのが無難であると思います。
 第3に旅行などのライフイベントでも活用することができます。子供を持つようになると、年一回は家族旅行に出かけるものです。水族館や遊園地など子供に色々な体験をさせることで、子供は保育園や学校では学べないことを学ぶことができます。そう言った、子供の成長を支える役目をおもちゃ券は担うことができます。
 このように、おもちゃ券は様々な場面において、利用できるので、贈り物としてこれほど優れている金券はないでしょう。

別の方法でおもちゃ券を利用する

 家庭によっては、親戚中からおもちゃ券をもらいすぎてしまって、有効期限までに使いきれないという人もいると思います。有効期限をすぎてしまって、せっかくもらったおもちゃ券を無駄にしてしまうのは心苦しいですよね。
 そんな時には、金券ショップで換金するという方法を利用しましょう。
 換金率は88%と他の金券に比べると、やや低めですが、換金をしなければ、無駄になってしまうのでそれと比べればまだ良いと思います。
 また、ネットオークションを利用することで、換金率はもっと高くして取引することも可能ですが、どのタイミングで出品すればいいかというタイミングの見極めが難しいです。

まとめ

・子供を育てるには思っている以上にお金がかかる。
・子供がいる家庭へのプレゼントは商品券が無難です。
・おもちゃ券には有効期限があるので、随時確認しておきましょう。

以上がおもちゃけん(こども商品券)の特徴と使いかたについてでした。 こども券以外にも、様々な商品券があるので、興味がある方は調べてみると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*