ビール券使い方講座

imgp1453

アルコール飲料として最も、飲まれているのでビールです。特に社会人になると飲み会での最初の一杯目はビールを頼むという人は多いではないでしょうか? ビールと一言で言っても、アサヒビールやサッポロビール、ハイネケンなど国内外で様々なブランドがあります。そのため、同じビール好きであっても、人ぞれぞれのこだわりというものがあります。そんなビールが好きな人にとって、ビール券というのは嬉しいプレゼントの一つであります。
 

ビール券とは

 ビール券とは全国酒販協同組合連合会が発行するビールの商品券で、一枚でビール瓶(633ml)又は缶(350ml)を2本購入できるものがあります。それぞれ値段は、瓶は784円で、缶は539円となっています、また、有効期限は決まっており、現在の販売のもので、2022年3月31日まで利用することができます。
 ちなみに、ビール以外にもウィスキー券や清酒券なども販売しています。

ビール券の使い方

 ビール券は贈り物として購入する場合は、時期とあげる人の好みを考える必要があります。まず、時期は夏季に送るお中元をおすすめします。ビールというのは、冬よりも夏の方が、圧倒的に消費量が多いです。バーベキューなどの
外でのイベントの機会が増えることから、冷えるほど美味しい飲み物であるビールが好まれる傾向にあります。一方で、冬季に送るお歳暮にはビールよりも清酒などがオススメです。冬でもよく冷えたビールが好きな人も一部いますが、冬は温かい飲み物を飲む方がほどんどです。そのため、日本酒などの清酒なら、温めて熱燗にすることもできますし、そのまま冷酒で飲むこともできるので、幅広く利用することができます。
 また、贈り物を選ぶ前に、あげる対象者がビールを含めたアルコール飲料をよく飲むかどうかの好みを知らなければなりません。ビールといえば、男性が好きなイメージがありますが、男性でもあまり飲まない人もいますし、女性であっても、ビールが大好きという方もいます。ビール券を贈り物に選んだけど、実はあげた人が全くビールが飲めなかったということがないように、事前に調べておきましょう。

ビールを飲まないでも利用価値はある

 ビールはあんまり飲めないのに、ビール券をもらってしまったというかたもいると思います。ビール券をどう処分するか迷っている人は、ぜひ金券ショップで換金するという方法があることを覚えておいてください。
 最近では若者のビール離れが進んできており、ビール券をもらっても使い道がないという人が増えてきています。一方で、中高年の方々は未だにビールを好む人が多いのが現状です。そのため、金券ショップはビール券の需要が高まっており、換金率も高い水準で取引することができます。
 実際の換金率ですが、大瓶(633ml)2本のビール券を換金すると94-96%の範囲で取引されているようです。また、田舎だと換金率が6%ほど落ちるそうなので、換金する時は都市の金券ショップまたは全国チェーン店を選ぶのが良いと思います。金券一枚でも30-40円ほど違ってくるので、取引量が多いと大きな差になってしまうので、換金率はしっかり確認しましょう。
 また、アルコール系の金券として清酒やウィスキー券もありますが、換金率はビール券と比べるとあまり高くはありません。一応覚えておくと良いでしょう。

まとめ

・ビール券は冬よりも夏の方が贈り物として喜ばれる。
・ビールの人気は若者よりも、中高年の方々の方が高い。
・ビール券の使い道として換金する方法もある。

以上がビール券の使い方と特徴についてでした。ビール券以外にも金券は色々あるので興味がある人は調べてみると面白いと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*