スピード現金化時に知っておきたいこと

120def697f48ab695e43eff403307195_s

 現金が今すぐ必要だけど、消費者金融やキャッシングだと時間かかるし、審査に通るか心配だという方がいると思います。特に、新米の会社員や主婦、学生などは、収入が低かったり、安定しないことが多いので、家計のやりくりが大変です。そんな時には、クレジットカードで現金を手に入れましょう。
 今回は、スピード感を持って現金化する時に、役に立つ知識について紹介していきます。

クレジットカード現金化とは?

 そもそも、現金化とは何かについて軽く復習しておきましょう。
現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を得る方法です。方法としては、個人と業者の2通りあります。違いですが、個人の場合は高リスク・高還元率、業者の場合は低リスク・中還元率となっています。また、現金化までのスピードは、業者の方が圧倒的に早いです。

あなたのやっている身近な現金化

 現金化と聞くと、あんまり身近に感じないかもしれませんが、実はあなたも現金化の経験があるかもしれません。身近な現金化の例としては、ランチ会や飲み会での会計がわかりやすいのではないでしょうか。方法としては 手持ちがあんまりなかったから、会計を全額カードで支払うということがあります。それは実は現金化の一つなのです。現金化はよくないイメージがありますが、利用し過ぎてしまう人がたまにいるからで、計画的に利用すれば、問題はありません。

現金化を利用しているのはどんな人

  身近な例として、飲み会やランチ会でもカード利用をあげましたが、実際にどのような目的で利用している人が多いのでしょうか?また、そういった人達の特徴について述べていきましょう。
 
 現金化を利用する人の特徴と目的
・会社員やOL
急な出張で会社の代わりに出張費が必要になったり、友人の結婚式が続いたため、お祝い金を用意しなければならなかった時などに利用しているようです。 
・主婦
  子供の養育費の支払いが集中しがちな年度初めや4月などに一時的に利用する人が多いようです。
・大学生
  合宿費の前金の支払いや就活時の資金として、利用する人が多いようです。

ここでは利用した人の一部の例を紹介しましたが、共通していることとしては、一時的な利用に留まっており、慢性的な利用はしていないということです。現金化といっても、いずれは返済しなければいけない借金ですので、利用者はそれについて理解した上で現金化をしているようです。

ネットで完結するから、便利な現金化

 以前、現金化には個人・業者の二種類がある、スピード重視の現金化なら、業者が一番だと言いました。業者を使うメリットとしてはネットで申し込みから契約、振込まで完了するということです。
 消費者金融などで融資を受ける場合は、店舗に行かなければいけなかったりするので、ネットで完結するのはとても便利ですよね。
 また、ネットで完結することの強みとしては、場所を問わず、いつでも、すぐに利用できるという点です。
 申し込みも自宅や近くのネットカフェからできますし、時間も昼夜問わず利用することができます。家族や知り合いなどに現金化のことを知られたくない人にとっては、ネット申し込みは便利なものですね。

実際の還元率と申し込みの方法

 それでは、実際に現金化した時の還元率と申し込み方法について学んでいきましょう。
 まず、現金化の還元率としては、市場の相場として、80-85%が平均のようです。これよりも、高過ぎても、低過ぎても、業者として問題があります。90%などの高すぎる場合は、業者としては赤字になってしまうので、申し込みと契約時で換金率が異なったりする場合が考えられます。一方で60%など低すぎる場合は、手数料を不当に取っている可能性が高いです。

 次に申し込みの手順について簡単に説明していきましょう。
1準備(口座番号・クレジットカード番号・本人確認証)
2申し込み
3電話確認
4審査
5契約
6振込

現金化の注意点

 現金化は即座に現金を手に入れられるので、非常に便利ではありますが、いくつか注意しなければならない点があります。

 注意点としては
  ・悪徳業者の存在があること
  ・カードはお金を利用している感覚が薄いこと
  ・現金化は借金であること 

 まず、現金化市場は優良業者もいますが、同時に悪徳業者も存在します。そのため、悪徳業者にあってしまった時のことを考えて、対処法を用意して置かなければなりません。
 次に、クレジットカード特有の現金を使っている感覚が感じにくいということです。現金での支払いだと、実際にお札や硬貨を手にするので、現在の財政状況を把握できますが、カードだと意識していないと、自分の利用額がわからなくなってしまいます。
 最後に現金化をする上で忘れてはいけないのが、現金化によって得た現金は借金であることです。借金は結局は最後に返さなければいけないので、そのことについては理解して置かなければなりません。

まとめ

・クレジットカードの現金化は個人と業者の2種類はあります。
・現金化はネットですぐに利用することができます。
・実際の還元率と申し込み方法については利用前に理解しておきましょう。
・現金化をするときは、返済する時のことを考えておきましょう。

以上がスピード現金化についてでした。ここで載せた情報は、現金化として基礎となる部分なので、もっと理解を深めたい方は他の記事も参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*