キャッシングと現金化の特徴と向いている人

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

 今年も12月になり、いよいよあと1ヶ月ほどで新年を迎えます。年末が近くなると、飲み会やクリスマスなどで出費が増えてしまい、お金が足りなくなるということがよくあるかと思います。お金が一時的に欲しい取った時に、ふと考えるのがキャッシングと現金化ですが、一体どちらの方がお得なのでしょうか?今回は、それらの検証と最新情報について紹介していこうと思います。

キャッシングと現金化の違い

 まずは、キャッシングと現金化にどのような特徴があるかについて見ていきましょう。
 キャッシングとは、クレジットカードの機能の一つで、お金を借りる際に利用されます。一般的なクレジットカードには付随していることがあるが、借りることが可能な額は、少額が多く、職業によっては全く利用することもできないということがあります。また、返済は、一括とリボ払いから選ぶことができ、金利は年利だと20%前後で、リボ払いだとさらに高くなります。
 一方で、現金化とは、ショッピング枠を利用した現金を一時的に増やす方法の一つである。カードを所持していれば、誰でも利用は可能なため、主婦やフリーターに人気が高いことが最近の傾向として挙げられます。また、返済は通常のクレジットカード利用とほぼ変わらず、一括・分割・リボの3つから、柔軟に選ぶことができます。それに加えて、年利は基本クレジットカード会社に左右されますが、一括・分割の場合だと、無料となることが多いです。

キャッシングのメリット・デメリット

 それぞれについて簡単な特徴について理解を深めていきましょう・
 まず、キャッシングのメリットとしては2つあります。
  
・会社の信頼性
    クレジットカード会社というのは誰でもできるものではなく、クレジット協会の厳しい審査を乗り越えて、許可をもらわないと、カード会社としてビジネスを行うことができません。そのため、カード会社の信頼性というのは非常に高くなっており、私たちも安心して現金を借りることができます。
  
・使いすぎの抑制
 キャッシングというのは、ショッピング枠よりも数十万程度低い枠で設定されていることがほどんどで、人によっては0円の場合もあります。そのため、利用者が支払い能力を超えた利用を防ぐ機能を兼ね備えています。つい使いすぎてしまう人にとっては、ありがたい機能であると思います。

次にデメリットとしては3つ挙げられますので、それぞれ見ていきましょう。

・少額の利用
  お金が必要になる時というのは、少額ではなく、ある程度の額を必要になることがほどんどです。カード会社側としては、“キャッシングは生活費に利用する人が多いから、使いすぎないように少額の利用しか認めない”と考えています。しかし、利用者側からすれば、一時的に多額の現金が必要であるという場面に出会った時に、そうしたカード会社の制限はとても厄介なものです。

・返済方法
  キャッシングは基本的に、一括が基本となっており、その理由は少額利用が前提となっているからです。また、最近ではリボ払いも、返済手段として可能にはなりましたが、リボ払いは手数料が非常に高いため、オススメすることはできません。
 
・周囲への誤解
 キャッシング利用というと、お金に困っているかわいそうな人というようなイメージがつきもののため、あまり周りには知られたくないのが本音であると思います。一時的な利用であっても、そうした事実は悪い噂として、しばらく残ってしまい、結果的に周りとの関係性の悪化に繋がってしまう可能性があります。

現金化のメリット・デメリット

 次に、現金化についてみていきましょう。
 
現金化のメリットとしては3つが挙げられます。

・支払い方法の柔軟さ
 現金化の返済方法は、クレジットカードのショッピング枠を利用した時とほぼ変わりません。そのため、自身の財政状況に合わせて、一括・分割・リボから選ぶことができ、かつ、途中で支払い方法も変更することができるので、無理なく返済をすることができます。

・手数料の低さ
 ショッピング枠の利用による返済時には、返済方法を選ぶことができると言いましたが、選択した方法によって、支払う手数料というのが異なってきます。
具体的には、一括や3回までの分割の場合なら、手数料は無料ですし、逆にリボ払いなどだけ、かなりの金額の手数料の支払いを求められます。

・周囲への配慮
 クレジットカードでの買い物というのは、現在では一般的であり、多くの方が利用しています。そのため、ショッピング枠を利用した現金化であるならば、周りには全く誤解されることもなく、現金を手にすることができるので、安心感があります。 

 一方で現金化のデメリットとしては使いすぎてしまうということがあります。現金化はショッピング枠を利用するため、キャッシングの時よりも10万以上は利用額が増えます。利用額に余裕があるからといって、返済能力を大きく超える金額を使い続けてしまうと、実施に返済をするとなった時に困ってしまう状況になってしまいます。

どちらの利用がいいのか?

 どちらを利用するのがいいのかについては、その人がどのような目的で利用するかに左右されてきます。

・キャッシング利用に向いている人
 キャッシングには、短期利用・少額を目的とした人にオススメだと思います。なぜなら、少額の理由であるならば、一括でも返済をしやすいからです。また、利用額が制限されているため、意図的に利用額を抑えることができます。

・現金化利用に向いている人
 現金化に向いている人は、短期利用・多額を目的とした人にオススメです。例えば、友人の結婚式のご祝儀や家族の入院費などで、急にお金が必要になったものの、一括での返済は避けていという人には良いかと思います。返済を長期にしても、負担が増えなく、自身の状況に合わせて、返済を変えることができるのはとても便利であると思います。

まとめ

・キャッシングと現金化の違いは利用前にしっかり確認しておきましょう
・それぞれメリットやデメリット、向いている人が異なります。
・柔軟性や機密性を重視する人は、現金化の方が向いています。

以上がキャッシングと現金化の特徴についてでした。 今回は現金化についてはあまり触れることができませんでしたが、別の記事で基礎知識や方法について詳しく解説してあるので、興味がある人は是非見ていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*