携帯電話のキャリア決済で現金化?

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

現代がIT技術の発展に伴い、私たちの決済方法というのは多種多様になりました。現金・電子マネー・bitcoin・クレジットカードだけでなく、今では携帯電話でも支払いが可能になったのです。また、それは現金化の方法が増えたとも捉えていいでしょう。

携帯キャリアで決済とは

 キャリア決済とは、ネットショッピングでの購入代金やオンラインゲームでの課金料金を、携帯代金と合わせて、決済をするシステムです。メリットとしては、利用した代金が一括で請求されるので、支払額がわかりやすいことがあります。利用上限額は毎月10,000~50,000円となっており、利用可能商品は物販とデジタルコンテンツとなっています。
 また、携帯キャリア決済の場合は、クレジットカードを所持しているない人も利用することができるので、子供がいる家庭でも安心して、利用することができます。
 加えて、決済は本人確認の4桁の暗証番号を入力するだけのでとても簡単です。

キャリア現金化の方法

 現金化というのは通常はクレジットカードが必須アイテムとなってくるため、主婦やフリーターには利用しづらさがありました。しかし、キャリア決済の場合だと、カード不要での現金化ができるので、普段カードを利用しない人であっても、手軽に現金を増やすことができます。
 キャリア決済現金化の仕組みとしては、キャリア決済の限度額のうち、利用したい額を、現金化業者に申し込むことで、現金化ができます。この時、現金化した金額から、手数料を引いた分が利用者の手元に残るといった流れになります。
 
キャリア決済のフローチャートとしては
1:申し込み
2:キャリア決済で換金をする
3:現金が振り込まれる

 といった非常に簡単なものとなっています。

メリット・デメリット

 キャリア決済の方法については理解してもらったと思います。次に、キャリア決済のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 メリットとしては、支払いの簡易さ・現金化のしやすさが挙げられます。キャリア決済というのは利用可能上限額が、カードよりも少ないため、借り過ぎてしまうということを未然に防ぐことができます。そのため、月々の支払いが無理のない範囲で収めることが可能です。また、現金化のしやすさという点では、携帯一本で現金化をすることができるということについては既に皆さんは理解していることでしょう。
 
 デメリットですが、利用可能額の少なさ・支払い方法が挙げられます。もし、30万円などの多額の金額を必要としているのであれば、キャリア決済では不可能です。その場合は、クレジットカードの現金化を利用する以外手段はありません。加えて、キャリア決済では支払い方法が一括でしか選べません。それもそのはずで、携帯代金のついでに買い物などを可能にしたものがキャリア決済というものなので、携帯会社としては分割で支払うことを想定はしていないのです。

リスク承知で行うべし

 キャリア決済での現金化での、支払い金額の延滞は携帯電話の利用停止を意味します。そのため、利用するときは絶対に返済ができる自信を持っていなければ、利用はオススメすることはできません。加えて、携帯代金の支払い遅延が続くと信用情報機関にブラック登録されてしまうことがあり、将来的にカード発行やローンを組むことができなくなってしまいます。

まとめ

・キャリア決済は、携帯代金と一緒に買い物代金を支払うことができるので、とても便利です。
・キャリア決済での現金化は少額で一括返済できる人にしか向きません。
・キャリア決済の延滞=信用度の低下なので、支払いには十分注意しましょう。

以上が携帯電話のキャリア決済で行う現金化についてでした。現金化というのは、種類が様々あるので、利用する予定の方は自分にあったものを選びましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*