現金化で換金率をあげる時のポイント

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

クレジットカード現金化時に最も気になる点としては、やはり換金率がどれだけ高くなるかではないかと思います。今回はちょっとしたテクニックで換金率を上げる方法について紹介していこうと思います。

初めての業者は少額がオススメ

 これまで利用してこなかった現金化業者を利用する時というのは、非常に不安であると思いますので、少額の利用をお勧めします。その方が業者が悪徳だった場合は、損失はすぐに取り戻せますし、逆に優良店だった時は、実績を残すことができます。実績を残すと、業者側を利用者に信頼感を抱いているので、次回利用の際に若干ですが、優遇されることがありますので、少額現金化はおすすめではないかと思います。

還元率アップはリピート利用が鍵

 少額利用のススメの部分で、お話しましたが、同じ業者を何度も利用していると、お得意様ということで、少しずつ待遇がよくなってきます。その待遇の中には、もちろん換金率の上昇も含まれますが、それ以外にも実はメリットというのがあるのです。

 メリットの一つ目としては、一度申し込んでいるため、業者は利用者の現金化に必要な情報についてすでに知っています、それゆえに、再度申し込みをするという手間が省け、時間の節約になります。
 2つ目は、申し込みの時間が短縮されるため、初回よりも現金化を早く手に入れることができます。少額利用で実績を作る方法と組み合わせることで、より効果的な現金化を行うことができます。
 3つ目は高換金率での現金化です。初回の現金化では、その利用者が信頼できるか見極めるために、業者がわざと若干低い換金率を提示してくることがあります。その後、実績を作った利用者に対しては、通常またはやや高めの換金率での現金化をしてくれます。

現金化業者事情とは

 現金化業者で現金化する時というのは、その特殊な雰囲気から、業者が提示した換金率で取引を進めてしまうことがほとんどです。しかし、換金率というのは、業者側が勝手に決めたものなので、交渉次第で少しぐらいなら換金率を上げる余地はあります。
 まず、現金化業者の本音から見ていきましょう。現金化業者に関わらず、企業というのは、できるだけ利益を上げていきたいと考えています。しかし、一般的な企業の場合、あまり価格設定を高くしてしまうと大多数の消費者から嫌われてしまい、結果利益が減ってしまうので、消費者が購入しやすい価格まで抑えているのです。一方で、現金化業界では、利用者というのは別の業界と比較すると、あまり多くはありません。そのため、少し還元率を低く見積もって、利用者に提示しているのです。
 そのため、現金化業者側はある程度余裕をもった状態での換金率となり、常連の利用者には、サービスとして、高還元率の現金化をすることは十分に可能なのです。
 そうした現金化業界の裏事情を理解した上で、業者に換金率を上げる交渉をすれば、たまに成功することもあります。もちろん、中にはそうゆうことを絶対しないという業者もいるので、どうしても無理そうなら別の業者を利用するか、その業者で実績を作った方が良いかもしれません。 

まとめ

・初めての業者は少額利用で、リスク回避と実績作りをしよう。
・還元率はリピート利用で上昇する傾向にあります。
・初回利用時でも、交渉次第で還元率は上げることができます。

以上が現金化で還元率を上げるポイントについてでした。実際の現金化方法については別の記事にて紹介していますので、ぜひ現金化の参考にしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*