クレジットカード現金化を考えた時のデメリット

dfeb5966c01f1ee6823e2c6543a9b6fa_s

お金がないときに便利な現金化ですが、使い続けることで何か悪影響などはないのでしょうか? 今回は現金化の負の側面であるデメリットについてりか逸していきましょう。

カード現金化を理解しよう

 まずはクレジットカードを使ったショッピング枠の現金化について理解を深めていきましょう。
 現金を得るときには、銀行などで融資を申し込むことが一般的です。しかし、この方法だと少額の利用や手軽さに利用できないなどのデメリットがありました。そこで現れたのが、クレジットカード現金化です。これは、ショッピング枠を有効活用することによって、利用枠の範囲内で現金を即座に手に入れることができるテクニックとなります。
 手段としては、個人ではカードで購入して換金する方法と業者の商品にキャッシュバックを付与する方法があります。

現金化のデメリットとは

 現金化にはバレにくくなる・即金性が高いなどのメリットはありますが、ここではデメリットについて見ていきましょう。

 まず、少額利用だと還元率はそれほど高くはならないという点です。現金化にはどのような金額でも一定額の手数料というのがかかります。それに加えて、業者の利益分が上乗せさせる仕組みです。そのため、現金化の金額が少ないと、業者側も、還元率を低く抑えざるを得ません。結果、換金率が金額によって変わってくるという状況が発生してしまうのです。
 次に、現金化がバレたらカード停止のリスクがあります。現金化というのは法律による規制というのはありませんが、カード会社の利用規約では禁止行為とされています。そのため、カード会社が現金化目的での利用者を見つけると、カードの利用停止などの措置を取ることがあります。一度でも利用停止になると、クレジット信用度も傷つきますので気をつけなければなりません。

 最後に悪徳業者の存在です。どの業界にも悪徳業者というのがおり、現金化業界もその例外ではありません。それゆえに、現金化業者を利用するときには、個人情報の抜き取りや不当に低い還元率などの悪質な手口に引っかからないようにしなければなりません。

借金と多重債務者

 借金をすると多重債務者になる可能性が少し大きくなります。借入額をきちんと返済することができれば、その可能性はゼロになりますが、返済できずにズルズルと借り続けているとそのうち自身の返済能力を超えた借金が残ることになります。そうなってしまった後では、並大抵の努力では借金を返していくことはできません。多くの多重債務者は自己破産の道へと進むことができなくなってしまうのです。また、自己破産ではギャンブルなどの消費による借金額は帳消しにすることはできないため、破産後も借金は返済し続けなければなりません。

まとめ

・現金化にはメリットはあるが、しっかりとデメリットについても目を向けることが必要です。
・借金は自己返済能力を超えてしまう前に、計画的に返済をするようにしましょう。

以上がクレジットカード現金化のデメリットについてでした。自己破産になってしまうと、様々な制限が課せられる上に、借金が残ってしまうので、そうなってしまわないように気をつけましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*