現金化を使う人ってどんな人が多い?

0418c21182a1f2db179d09a9dc992749_s

“お金に困っているから現金化を利用したいけど、利用者はどのような目的で現金化しているのだろう”とふと疑問に想う人が多いかと思います。今回は、現金化をする人の特徴について見ていきましょう。

カード現金化とは?

 まずは、クレジットカード現金化がどのようなものであるかについて簡単にイメージをつけましょう。
 現金化とはカードのショッピング枠を利用して現金を得る方法で、個人名義・家族カード・法人カードのどれでも利用することが可能です。また、方法としては個人で行う方法と・業者に申し込む方法の2つがあります。
 また、現金化はローンやキャッシングとは違い、所得証明書や審査が不要なのでカードさえ持っていれば、誰でも利用することができます。

現金化と別の資金調達との比較

 現金化について簡単に理解してもらったところで、別の資金調達法と見比べて見ましょう。
 例えば、学生の場合だと収入はバイト代という不安定な収入になるので、ローンには無縁のように感じますが、学生ローンや教育ローンを利用することができます。
 学生ローンの申し込み条件は満20歳以上でバイト収入があることですが、保証人は必要ありません。また、申し込みの際には、身分証明書の他に学生証を提出しなければなりません。
 しかし、学生ローンは他のローンと比べると金利が高く、年利で17%ほどになります。そのため、少し現金が必要という人には向きません。少額の利用なら現金化の方がはるかに楽です。
 加えて、ローンに申し込むとその履歴が信用情報機関に登録されてしまうので、将来のローン金利の際に不利となります。 

利用者の特徴とは

 現金化を利用するとなると、多重債務者や一般の消費者金融では借りることができなかった人が利用するというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、全く違うということを宣言しておきます。
 まず、現金化を利用する人の共通点としては、現金がすぐに必要で、消費者金融などの審査を待つ時間がないということです。審査には少し時間がかかるので、利用者側としてはわずかな時間であっても待ち時間は煩わしく感じてしまいます。そのため、そのような人が、現金化を利用しようとしているのです。
 それでは、どのような人が現金化を利用しているかについて簡単にサンプルを見ていきましょう。

・サラリーマン
 特に若い社会人は給料も低いために、家計が苦しくなりやすい状況に陥りやすくなります。出費が増える時期には、生活費を削らなければお金を捻出できないという人もいるそうなので、そのような時に現金化が利用されています。

・主婦
 子供がいる家庭の場合、教育費や習い事などで一時的にお金の出費が重なってしまうという時期が必ずあります。もちろん、貯金などから必要なお金は出しますが、時には足りなくなってしまう時があるので、そのような時に現金化を利用しているそうです。

・個人事業主
 ビジネスをする上で一番大変なのが、事業を継続するための資金調達です。自前のお金が沢山あったり、銀行との関係が良好であるのであれば、資金は簡単に集められます。しかし、個人事業主の場合だとなかなか難しいものです。そのような時の一時しのぎに現金化はよく使われています。

まとめ

・クレジットカード現金化は非常に多くの利用者から使われております。
・現金化のメリットとしては、欲しい時のすぐ現金化が手に入ることです。

以上が現金化を使う人の特徴についてでした。現金化というのは使い勝手は悪くないので、現金に困った時はぜひ利用して見てください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*