現金化は完全に違法なのか?

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

現金化はお金に困っている利用者からすれば、とても重宝されている資金調達法ではありますが、カード会社からは煙たがれています。しかし、現状で、カード現金化の利用者を取り締まる規制や法律というのはありません。現金化に違法性は本当にないのでしょうか?

ヤミ金とクレジットカード事情

 日本は現金化主義の人が多いということもあり、これまでクレジットカードの普及というのが進みませんでした。しかし、近年のネット発達により、現金よりもカード払いの方がメリットや利便性があることから、次第に利用者が増えてきました。カードを利用する前は、現金が必要になると消費者金融といった貸金業者に頼らざるを得ませんでしたが、 カードがあれば、キャッシングやショッピング枠を利用すれば問題なく日常生活を送ることができます。
 また、消費者金融での融資というのは申し込めば、必ずしも審査に合格するということはなく、融資をしてもらえないという可能性の方が高いです。それゆえに、カードを持っておらず、お金に困っている人はヤミ金に行かざるを得ませんでした。
 そのため、クレジットカードが普及していなかった時代において、ヤミ金が原因で多重債務者が増えるということが頻繁に起きていました。しかし、カードを多くの人が持つようになって、ヤミ金を利用するという人が少なくなりました。
 JCBの調査を見てみると、クレジットカードの保有率は2011年にかけて増えていき、その時のヤミ金利用率は46万人から42万人まで一時的に減少しました。
 

現金化を違法とする根拠はない

 ショッピング枠を利用して、現金を手に入れることを現金化と一般的に呼び、カード保有率が伸びた時期から現在に到るまで、現金化利用者が増えてきて下ります。その理由としては、銀行などでの融資とは違って手軽に利用できる点とヤミ金を利用するよりもはるかに金利が安いことから人気が高まりました。
 しかし、カード会社の間では、現金化というのはあまり好ましいことではなく、規約には現金化をイメージさせるような行為を禁止としています。そのため、利用者が換金目的でのカード利用が発覚した場合、カード停止や負債の一括返済などのペナルティを受ける可能性があり、最悪の場合は会員の強制退会となります。
 現金化というのはバレたリスクは高いものの、それによって法的に処罰されるということはありませんし、現金化で逮捕された利用者というのもいません。現金化業者の中には摘発された者もいるみたいですが、それはヤミ金まがいの違法行為を働いたことが原因であるので、純粋な現金化業者では未だに逮捕数はゼロです。
 これらのことから、現金化は違法性というのがなく、カード会社にバレない限りは使い勝手が良いものであることがわかります。

カード会社的には規約違反

 法律で違反としてはいないクレジットカード現金化ですが、カード会社では規約違反として厳しく監視をしています。その理由としては、現金化をする利用者の中には、多重債務者が少なからずおります。そうした利用者は返済能力を超えて、カードを使用しようとするので、高い確率で返済をすることができません。カード会社はそうした多重債務者が増えてしまうことを恐れて、現金化の利用を禁止にしているのです。
 しかし、現金化をしている人の中にも、計画的に返済をしている優良な利用者も含まれており、一概に現金化利用者が悪いということはできません。

カード利用率を高めるために黙認する会社も

 カード会社側としてはカード利用率が高まれば、利益が増えるので、カード保有者及び利用者は今後も増やしていきたいと考えています。そのため、カード会社は、審査基準があまり厳しくないカードの発行を行い、低所得者でもカードが所持できる環境づくりというのを進めていっています。所得が低いと、買い物に使う余分な現金がないのではと思うかもしれません。しかし、カード会社は光熱費などの生活費のカード払いを勧めることで、利用者の使用率を高めようと考えています。
 カードの普及率を高めていきたいカード会社からすれば、利用者が多少現金化目的にカードを利用したからといって、即座にカード停止してしまえば、利便性が低くなってしまいます。そのため、カード会社は、ある程度は現金化に目をつぶらざるを得ないのです。

まとめ

・日本は現金で支払う人が多いが、次第にカードを利用する人が増えてきている傾向にある。
・法律でカード現金化を罰するものはなく、カード会社が規約違反としているだけに留まっている。
・現金化のリスクというのは、カード会社にバレた時のみに発生します
・多少の現金化なら、カード会社は黙認するのが現在の傾向です。

以上が現金化は完全に違法なのかについてでした。現金化は違法ではありませんが、利用のしすぎはその後の返済を困難にするので慎重に行うようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*